desperate

テーマ:

今日は、お外は天気が悪いみたい。

雨は、傘差すのが面倒くさいから、フヂヲは少しキライだったりもするが、

昔は、雨が大好きだったフヂヲ。

中学時代のハナシですけど。

だってね、雨が降れば、

死ぬほどキライな野球の練習が、

室内になるから。

ま、練習がなくなるわけではなかったんだけど。

でも、外で、


バッチコーイ


などと呟いているよりは、まだマシ。

当時、「バッチコーイ」って、何のことか全く分からなかったよ。

「バ」と「ッ」と「チ」と「コ」と「ー」と「イ」で合ってるのかも知らなかった。

だたそう聞こえたから、周りの真似してとりあえず言ってただけ。

だって言わなきゃ、怒られるから。

ちゃんと言ってても、声が小さいと、怒られるんですけど。

数年後、

レイザーラモンHG氏がテレビで「バッチ来ーい」って言ってるのを聞いて、

テレビ画面のテロップを見て、

「バッチ」がたぶんバッティングとかバットのことで、

「バットで打たれたボールよ、来なさい」って意味だったのではないかと、

やっと何となく理解したフヂヲ。

ま、フヂヲ、ボールなんて、

自分のほうに飛んできてほしくなかったから、

そもそも、そんな心にもないこと、言いたくなかったんですけど。

レイザーラモンHG氏の場合は、

来て欲しいのは、

バットそのものだったのかもしれないんですけど。

というわけで、

中学生のときは、

雨が降ると、嬉しくて嬉しくて堪らなかったフヂヲ。

一般的に、雨という天気は人気がないと思うんですけど、

当時のフヂヲは、雨が嫌われる理由が全く分からなかった。

梅雨の季節とか、

キター!!と思って、本当、ワクワクしたものよ。


野球を心から憎んでいるフヂヲ。

いまだに、テレビのニュースなどで野球を見るのすら、イヤ。

でもいちばんイヤなのは、

その死ぬほどキライな野球を無理やりフヂヲにやらせて、いいことしてると信じてた、

うちの親たち、だったりする。

フヂヲの通っていた中学校は超田舎にあって、

部活の選択肢は少なく、運動部だけで、全員入部強制。

そんな中学校自体は、珍しくも何ともないかもしれないけどさ。

フヂヲはそもそも、その地域に住むことになったこと自体、

本当は我慢できなかったんですけど、

それを表明する勇気もなかったわけで。

結局いちばんキライなのは、

そのような状況から逃げ出すことすらできなかった自分のことだったりする。

当時のフヂヲと同じような状況に陥って、

絶望的な毎日を送ってる中学生などがもしいたら、

フヂヲは言いたい。

とりあえず、悪あがきでもいいから、逃げなさい、と。

ひたすら耐えて時が経つのを待つのは、

自分を殺すことにしかならないよ、と。

それは全く自分のためにはならないよ、と。

我慢が美徳なのは、

我慢の先に希望がある場合のみ。

ま、フヂヲ以外の普通のヒトたちは、

新しい環境にうまく適応したり、

ちゃんと何らかの方法で対応したりできるんでしょーけど。

…結局、何もできないのはフヂヲだけ。

フヂヲの助言など、誰もお呼びじゃないですね。

お粗末さまでございました。


って、

なぜか「バッチコーイ」のハナシになってしまったが、

本当は、「いい天気ですねー」という平和なコメントとともに、

以下の写真を載せたかっただけ。


フヂヲのdear_diary@y.city-いい天気
フヂヲのdear_diary@y.city-いい天気2


ゴールデン・ウィークって感じ。

AD

Molokheiya

テーマ:

最近、というかずっと前から健康野菜として人気のモロヘイヤ。

エジプト原産の王様の~ってことで有名なモロヘイヤ。

よくテレビなどでも取り上げられます。

今日も、つい先ほど、日テレの「おはよん」で取り上げられていましたが、

フヂヲ、

モロヘイヤ、

死ぬほど嫌いです。

なぜモロヘイヤがこれほどもてはやされるのか、

謎である。


フヂヲにとって、

モロヘイヤは、

拷問の記憶と直結しているのである。

小さい頃、嫌いなのに無理くり食べさせられて、

何度、死にそうになったことか。


まず、フヂヲ、基本的に、

ネバネバ系が好きではない。

納豆とかオクラとか山芋とか。

納豆は、一回もかき混ぜずに食べます。

オクラは、刻んだりしないで大きな塊の状態(一本食い)で口に入れます。

山芋は、すりつぶさないでほしいものである。

というようなフヂヲ、

モロヘイヤなど、好きになるはずがない。

しかも、モロヘイヤって青臭いのである。

今はそれほどでもないけど、当時のフヂヲは、青臭いものが苦手。

ツルムラサキ(←これはネバネバ系でもあるが)とか春菊とか。

少なくとも、フヂヲにとっての食べ物ではないと思っていたよ。

つまり、モロヘイヤは、フヂヲにとって、

好きになる要素の全くない野菜だったのである。

世界で一番嫌いな野菜、と言っても過言ではない。

そんなモロヘイヤを無理くり食べさせられた日には、

不幸な気持ちになりすぎて、

死にたくもなるよ。

たぶん、こういうのを、トラウマ(精神的外傷)と言うのであろう(謎)。


し、か、も、

このモロヘイヤ、

フヂヲの親が、自分の家の畑で栽培したものだったのである。

一生懸命育てた無農薬で栄養満点で美味しい野菜、

という名目でモロヘイヤを押し付けてくる親。

なんて素晴らしい行為なんでしょう。

でも子どもにしてみれば、

大きすぎるお世話。

嫌いだから食べたくない、って言いたいけど、

そんなこと恐れ多くて、言えない。

だって、親は、

モロヘイヤを本気で美味しいと思ってるし、

モロヘイヤを食べれば丈夫に育つと本気で思ってるし、

そんなモロヘイヤを食べれることが幸せだと本気で思ってる。

何も言えないから、


①黙って残す→怒られる。

②水で流し込む→ちゃんと噛んで食べてないから怒られる。

③無理してムシャムシャ食べる→イヤイヤな顔してるから怒られる。


で、たとえ、奇跡的に、嚥下する寸前まで到達できたとしても、


④あまりの気持ち悪さに吐き気を催し、つい「オエッ」とでも言おうものなら→最高に怒られる。


この八方ふさがりで絶望的な状況に対処する能力、

当時のフヂヲにはなかったよ。

今でもないけどさ。

いや、この際言えば、

フヂヲだって、何が何でも食べたくないってわけではなかった。

でも、食べられないものは食べられないのである。

で、フヂヲは、どうしようもないから、泣く。

端から見れば、

親が子どものことを考えて一生懸命作ってくれたものを、

ただの好き嫌いで、ただのわがままで拒絶する、人でなしな子ども。

なんて不条理な現実。

まるで自分だけが罪悪感を背負わせれてるみたい。

で、さらに泣く。


…そんな気持ちにさせられるモロヘイヤ。

フヂヲはいまだに嫌いです。

食べられないことはないだろうけど。

もう何年も食べてませんけど。

でも、嫌いなものを嫌いと言える今は、

それはそれで幸せなことである。

AD

over the rainbow

テーマ:

さて、先日安室さんのコンサートに一緒に行ったセタコちゃんなんですけど、

この方、以前に安室さんのアルバム「Queen Of Hip-Pop」を、

買ったけど引越しのときに捨てちゃった、

ってハナシは以前に書いたのだが、

なぜ捨てちゃったのかというと、

「もう日本人は聞かんやろ」

と、判断したかららしい。

でもその後、

「日本の音楽って、やっぱり、いい。」

と思うようになったらしく、

だからこそ安室さんの「BEST FICTION」も買ってたし、

コンサート後にアルバム2枚買ったりもしてたのだが、

そのセタコちゃんが最近ハマってるのが、

福原美穂の「RAINBOW」らしい。

「いいですよー。」

と言っていた。

で、

そんな福原美穂さんのインタビュー記事が、

日経エンタテインメント!3月号に載っていましてですね、

なんでも福原さん、

小さいころにお家でマライアを歌っていて、アルバムを晩ご飯までずっと聴いてたりしていたらしい。

「ちょっと変わった小学生だったかな(笑)」

なんて言っちゃってますけど(笑)。

これって、全然、変わった小学生じゃないと思うんですけど。

だって、まさしく、フヂヲみたい。

フヂヲの小学生・中学生時代は、

お家でglobeかマライアばっかり聞いてて、

お家でglobeかマライアばっかり歌ってて、

KEIKOさんかマライアになりたかったもん。

ま、絶対なれないんですけど。

そんな感じで、福原さんにシンパシー。

でも、福原家とフヂヲ家には大きな違いが。

それは、

福原さんがお家でマライアを歌うとお母さんが喜んでくれて、

それが嬉しくて福原さんはアルバムをいっぱい聞いて練習してた、

という点。

フヂヲ家では、

フヂヲがお家でglobeかマライアを歌うと家族の誰もが気持ち悪がって、

それが恥ずかしくてフヂヲは、

家族が留守のときとか近くにいないときにしか熱唱しないようにしてましたから。

ま、フヂヲがglobeやマライアを歌えばそれは確かに気持ち悪いとは思うんですけど、

でも、インタビュー記事を読んで、福原家を羨ましく思ったのは事実。

はぁ。

別に、才能あるわけでもないし歌手になりたかったわけでも何でもないんですけど、

そんなお家いいなー、と素直に思ったフヂヲなのでした。

AD