【ことわざ】

今日の後に今日なし

(きょうののちにきょうなし)

 

今日という日は今日しか味わえない。

今できることは今やり、

今日を大切に、有意義に過ごしなさいということ。

 

 

縁起物×筆文字のLINEスタンプ配信中

AD

 

 

【ことわざ】

河童に水練

(かっぱにすいれん)

 

「水練」は水泳の練習。

泳ぎの得意な河童にむかって水泳を指導するように、

その道に精通している相手にものを教えようとすることの滑稽さをたとえて使うことわざ。

「釈迦に説法」と類句。

 

 

縁起物×筆文字のLINEスタンプ配信中

AD

 

【ことわざ】

陽気発する処、金石も亦透る

(ようきはっするところ、きんせきもまたとおる)

 

その気になってやれば、むずかしそうに見えることもやれてしまうということ。

「陽気」は万物が生じ活動しようとする陽の気を指し、これが生じると金属や石などの硬いものも貫いてしまうという意から。

 

出典は『朱子語類』で、有名な「精神一到、何事か成さざらん」はこの言葉に続けて書かれている言葉。

 

 

縁起物×筆文字のLINEスタンプ配信中

AD

 

【ことわざ】

張りつめた弓はいつか弛む

(はりつめたゆみはいつかゆるむ)

 

気を張っているつもりでも、緊張というものはそう長く持続するものではなく、

いつか弛むということ。

 

 

縁起物×筆文字のLINEスタンプ配信中