初めて後輩を失って、
気持ちの整理がつかない部分もあります。
感情的になる言葉を書いては消しを繰り返しています。



みんなも不安なことや、
悲しんでることや、
怒っていることや、
いろんな感情があると思う。



こういうことをお願いしてもいいものなのか、
うまく伝えられるかわからないけど、
最後まで読んでくれたら嬉しいです。





まず、
みんなを笑顔にしたいのに、
風男塾をもっともっとでっかくしたいのに、
こんな形でみんなを不安にさせてしまって、悲しませてしまって、ごめんなさい。







俺はアイドルだから。
素直すぎる気持ちは、時にファンのみんなを傷つけてしまう事を学んだから。
普段こういう感情を、ファンのみんなに伝えていいことだと思ってなかったけど、
できるだけストレートに書くね。











俺ね、本当はね、
悔しくて、悲しくて、込み上げる怒りと虚しさに心がついていけなくて....
こんな気持ちは初めてだから、
いつもみたいに、大っぴらに、
信じてほしいとか、ついて来て欲しいとか、
はっきり言えそうにはなくて。





同じ方向を向けていなかったことが、
ただただ残念で、虚しかった。









でもさ、

2人を好きな人たちが、
一番辛いよね。苦しいよね。
突然会えなくなるなんて思ってもなかったよね。
自分の好きな人が、この選択をしたなんて信じたくないよね。

全てをわかってあげることはできなくても、
いつか気が向いた時、風男塾に触れた時、
癒せる存在に俺たちはなっていたいと思う。

今、そんな人たちに向けて、
俺にできることが何かはまだ分からないけど、
みんなのおかげで、ここまで来れたから。








だから、
俺は、ここまで風男塾を応援して支えてくれたファンのみんなを裏切りたくない。

沢山の先輩が繋いでくれた風男塾。
虎次郎くんから託された大切な赤色。
未来の風男塾のことを考えて1年間くれた健水くん。
未来を風男塾にかけてくれた雅と橙摩。
未来を一緒に担っていく覚悟を決めた宙くん。
そして、
ファンのみんなとまだまだ見たい景色がある。








だからお願いです。










わがままって思われるかもしれないし、
頼りないって思われてるかもしれないけど、

残されたメンバーを信じてくれたら嬉しいです。

応援してくれたら嬉しいです。

みんなの応援が、みんなの存在が、俺たちの一番の支えなんです。




すぐに前を向けなんて言わないし、
受け入れるまで時間がかかっても仕方ないと思う。




でも、

俺たち5人はみんな同じ方向を向いて前に進んでいくことを約束します。

俺たちを、みんなを、沢山の人たちを元気にしてきた、風男塾の歌をこれからも届けていきます。

そして、変わらず、人を元気にするをモットーに活動します。













身勝手なお願いかもしれません。
ですが、
どうか、風男塾をよろしくお願いします。