※画像はイメージ画像です。

お母様より

※いただいた文章は読みやすくするため改行のみ行っております事をご了承ください。

 

初めて相談したのは、平成29年の春でした。

学校の身体測定で低身長の疑い有、専門病院を受診してください、という内容の紙を息子が持ち帰った時は、プチパニックでした。

主人にこの事を伝え、一緒に受診してもらいました。

結果は、低身長ではないので様子を見ましょうという事でしたが、安堵感と共にまた不安がこみあげてきました。

息子はもしかすると、このまま周りの子より小さいままかもしれないと思い治療をお願いしました。

先生は、考えこんで、自費診療であれば可能です、と伝えてくれました。

すぐお願いしようと思いましたが、夫が自費がいくらなのか確認したところ、私たちの生活では厳しすぎる金額なので、諦めて帰宅しました。

それからインターネットを検索し続けて、この研究所にたどり着きました。

電話を何度かけても繋がらず、最初は不安でした。恐らく10回以上かけていたと思います。

ようやく通じた時に、相談員の方が親身に相談にのってくれました。

電話は繋がりにくいという事を伝えると謝っていました。

留守番電話に名前と電話番号を入れると折り返しかけてくれるそうです。

息子の事を伝えたところ、今の年齢なら十分間に合うという返事を頂きました。もちろん個人差があるとは言っていましたが、病院で治療ができないので、おねがいすることにしました。

フコイダンのカプセル化のモニターを募集しているという事もあり、カプセルを1日4粒飲む事にしました。

最初は飲みづらいと言っていた息子は徐々に慣れたようで、朝と夕食時に欠かさず飲んでいました。

1ヶ月過ぎた頃から夜中にトイレで起きる事がなくなりました。

身長は、半年経って少しずつ伸びてきました。飲めばすぐ伸びると思っていたので、もどかしかったのですが、最初の3か月間は土台を作る期間だから体のバランスを整える時期だったようです。

あれから令和に代わり2年と半年過ぎましたが、息子は168cmです。

高い方ではありませんが、当時と比べると周りの子とさほど変わりません。

今は170cmを目標にしています。

毎月のメールのおかげで、飲み忘れる事なく、継続する事ができたと思います。

まだまだサポートをして頂きたいので、これからもよろしくお願いいたします。

 

 

2019年11月 香川県高松市 よっしーママ