数え方がわからないモノに

出会ったときに、なんとなく「個」で

数えてしまうのはもったいない!

毎日本読んでます。8月の30

「数え方図鑑」やまぐちかおりさん


動物、昆虫、人、架空の生きもの、

野菜、果物、乗り物、電化製品…

実は、日本は特に

「数え方」がゆたかな言語。

一緒に数え方の世界へ出掛けよう!


目からウロコの本であります。

箇条書きで行ってみよう!


・鳥は基本「羽」で数えるが、

飛べないペンギンなどは「匹」でも数える。

・人間より小さな動物は「匹」

大きな動物は「頭」。

例外として、イリオモテヤマネコや

盲導犬など、『数が少なくて貴重な動物』

『人間を助けてくれる動物』は

小さくても「頭」。

ヘラクレスオオカブトなんかも「頭」。


・「回」には、繰り返すという意味がある。

今後も行われることを予測して使う。

「度」は、同じことがもう起こらないと

思われる場合に使う。

『三度目の正直』など。


・普段あまり使わないが、

「基」で数えるものは意外とたくさんある。

ジャングルジム、ブランコ、街灯、

東京タワー、五重塔…

地面に据え付けられているものに使う。


などなど。

へえ~、ふーん!と声に出しながら

読んだわー。

注目したことのないものについて

考えるのは面白い!


小説を読むのって思考が引っ張られるから

合間にこういう「事実そのもの」が

書かれてる本を読むのはいいね、

頭がリセットされる気がする!

むらさき音符むらさき音符むらさき音符むらさき音符ブルー音符

昨日は割と重めのポスティング。

これを次の日もやるかも、と考えながら

配ってたら頭がパンクしそうに

なったわ…体も痛い。意識しすぎると

こうなるか…。真冬や、大雨のことは

とりあえず置いておいて、まずは

普通の天気の日に出来るかどうか

考えてみよう…。

今日も良い日になりますように!

昨日の歩数:16515歩