夫婦関係調整カウンセラーのブログ

夫婦関係調整カウンセラーのブログ

離婚を決める前にしておきたいことや、夫婦関係を立て直すためのポイントをお伝えします。

Amebaでブログを始めよう!
こんばんは。

夫婦関係調整カウンセラーの松﨑康帆です。

今日は、風も涼しく過ごしやすい1日でしたね。

沖縄には台風が近づいていますので、今後の動きがきになります。
被害が出ませんように・・・。


さて、今日は夫(妻)にに自分の要求したいことを、
伝える時のコツについてお話しようと思います。


まずは、それぞれのご家庭で、夫婦間の暗黙のルールや役割、
そして約束ごとがあると思います。

それは、長い年月をかけて、知らないうちにそうなっていったこともあれば、
結婚当初に二人で話し合って決めた事もあると思います。


結婚生活を長く続けていくと、生活習慣も変化し、
子供や両親との同居などで、夫婦の関係や家族構成も変わってきます。

例えば、独身で共働きだったのが、
子供が出来て専業主婦になったり、
専業主婦で子育てに専念していたけれど、
子供の手が離れて働きながら家事や介護をするようになったりとか・・・。

共働きの夫婦の場合、一般的(統計)に女性の負担が重くなるようですが、
みなさんはいかがですか?

実は私も共働きで、夫とほぼ同じ時間仕事場に出て、
全ての家事を私が引き受けています。

最初は不満もたくさんあり、自宅で自由に出来る時間も無い中で、
イライラして不満を募らせていました。

たくさんケンカもしてきたんですね。

でも感情で訴えたところで何も解決しないので、
今は素直に伝えます。

身体が辛い時は、家事は休みます。
(シンプルですね。)

その時には
「私がしんどい時くらい、自分の食事くらい自分で考えてよ!(ー_ー)!!」

ではなく、

「体調が悪いから、今日はお弁当でいい?何のお弁当食べたい?」

と聞きます。

体調が悪いことは、自分自身の状態で、
その事と相手が思いやりを寄せるか寄せないかは別問題なのですね。

そこに思いやりを要求してしまうので、
思いやりが無かった時に、怒りに火がついてしまうんですね。
身体がしんどい上に、相手に怒りをぶつけるなんて、
ダメージ2倍で身体が悲鳴をあげてしまいます!(@_@;)
(自分の身体は自分で守らなければ!)

なので、「ただただ状態をシンプルに伝える」

これが秘訣なんですね。

また、今の家事負担や分担に不満があるのであれば、
それもただシンプルに負担を軽減してほしい事を伝えてみてはいかがでしょう。

それでもダメな方は、一度カウンセリングにいらして下さいね!

最後までお読み頂きありがとうございました。

今日も、全ての人が幸せでありますように。


こんばんは。

夫婦関係調整カウンセラーの松﨑康帆です。

7月に入り、日中はかなり日差しが強くなってきましたね

これからまた熱中症などに気を付けてお過ごし下さい。


さて、今日のテーマは夫婦関係修復のポイントで、

「相手が誰でも同じテンションで話す」という事です。


これは夫婦関係だけでなく、日常生活にもぜひ取り入れて頂きたいですね。


例えばお付き合いしている時は、一番良い自分を見てもらおうと、

一生懸命良い声(高いテンション)で話していた、

そんな時代はありませんでしたか?


その頃に戻ることは少し難しくても、

せめて友人や会社の上司などと話す時と、

同じテンションで夫(妻)に話すよう気にかけてみませんか。


今まで、自分が夫(妻)に対して、なんてテンションが低かったのか、

気づく方も多いようですよ。


話し方が変わると、関係が少しずつ変わってきますので、

ぜひ、試してみて下さいね。

では、今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました



こんにちは。

夫婦関係調整カウンセラーの松﨑康帆です。


さて、今日はおすすめ本をご紹介させて頂きます。

先日も若いイケメン達(身内ですが・・)にこの本をプレゼントしたのですが、

とにかく生き方がカッコいい!

だって吉田松陰ですもの!


覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)/サンクチュアリ出版
¥1,620
Amazon.co.jp


人生に悩んだ時、不安になった時、

迷った時、様々なシーンでエネルギーをくれる1冊です。


文字が大きく、活字が苦手な方でもとても読みやすく作ってあります。

けれどハートにはガツンと響いてきます!


この情報化時代に生きる私たちに、

いかにシンプルに男前に生きるかを伝えてくれる1冊でした。


最近は男前な女性も増えていますので、

男女そして年齢を問わず、ぜひご覧になってみて下さいね。

それでは、本日も最後までお使い下さり、ありがとうございました。
こんにちは。

夫婦関係調整カウンセラーの松﨑康帆です。

連日、お天気が不安定なようですね。

日本も熱帯化してきたのか、ゲリラ豪雨の頻度も増え、

雷嫌いのうちのチワワ(ルイ)は、しっぽを足の間にしまい込んで

ブルブルと震えています(いわゆる「怖いねん!」というボディランゲージですね)。

またその姿も愛らしく、ついつい微笑んでしまうのですが・・・


さて、前回に引き続き夫婦関係修復のポイントその2ですね。

前回は ここから変える の第1回目 「美しいことば」を使うこと。


そして、今回は「不満、批判を言わない」ことです。

当たり前のことなんですが、

日常的に不満や批判、そして中傷などを口にしていると、

自分が不満を言っていることにさえ気づかなくなるのですね。


まずは自分が一日にどれだけ不平不満を言っているかに気付くことが重要です。


気づく
(言った後に自分で判断できる)
 ↓

言わない選択が出来る
(言う前に一呼吸おいて考え言うか言わないかを決めることが出来る)
 ↓

言わない事を常に選択する
(言いたくなくなると同時に、まわりからも聞きたくなくなる)


言わない習慣が出来る
(自然に言わなくなる)

というプラスのスパイラルで、ネガティブな言葉とも縁が無くなるのです。


この本を参考にしてみて下さい!
もう、不満は言わない/ウィル・ボウエン
¥1,728
Amazon.co.jp

今の環境はあなたが選んだものではないかもしれません。

けれど今のあなたの心の中はあなた自身で何色にでも染めることが出来るのです。

ぜひ、幸せ色の人生を送って下さい。


今日もありがとうございました
夫婦関係調整カウンセラーの松﨑康帆です。

久しぶりのブログとなりました。

ご訪問頂いた皆様には、大変お待たせしてしまい申し訳ありません

またこれから少しずつ更新して参りますので、

良かったらご訪問下さいませ。


さて、今回のテーマは「ここから変える」です。


ご夫婦の間に溝が出来てしまうと大抵の方は、

険のある言い方で会話をするか、

まったく話さないかの2通りに分かれます。


ちなみにこの「険のある」とは、

”冷たくきつい印象や感じのこと”(実用日本語表現辞典より)

という意味だそうです。


こんな状態で夫婦間の関係修復が不可能だというのは、

明白ですね。


では何を突破口として関係を良いものへと変化させれば、

一番効果があるのでしょう?



それは、日常生活では必要不可欠な「ことば」です。

たった2つだけですので、夫(妻)にだけでなく、他の家族や職場でも試してみて下さい。


1、美しいことばを使う

2、不満、批判を口にしない


今日は1の「美しいことばを使う」についてお話致しますね。

美しいことばを使うことで得られることはたくさんあります。

 ・美しいことばを話す事で自分の心が安定してきます。
  →自分の声を最初に聞くのは自分の耳なのです。

 ・美しいことばを発する時、表情も穏やかになります。
  →とても魅力的になります。

 ・心がついていかなくても、ことばを先行させることで、あとから心がついてきます。
  →まずは言葉ありきです。意味も無く笑うと楽しくなり、泣くと悲しくなります。


そして重要なことは、相手を変えようとせず、自分自身が変わることです。

やろうと決めた時、そこがスタート地点なのです。



今日もあなたの1日が幸せな日でありましたように