日本の医療では免疫を測定測定していないので、免疫に関する知識が全く、不足しています。 しかも癌対策が、外科的対策が95%ですから、癌の専門医でも、免疫に無知に堕ちっています。 しかし、免疫が低下して、癌ができるという事実は変わりません。

1)免疫に関しては、冷たい物を飲み、腸を冷やすことが一番でしょう。 これが、潜在感染をきたして、免疫を下げるのです。

2)腸内細菌を増やして、免疫を下げないようにする、特に、牛や、豚を飼う環境の有る田舎のところで、成長した方がいいようです。

 また普段の生活では、感染症に罹ったときに、炎症抑制剤や、抗生物質に依存しないで治すことが必要です。 発熱をするということは、   身体の免疫を上げる最大のチャンスです。 そこで、熱を抑える医薬品をむやみに使用するのは、免疫を下げる愚かな行為です。

自分の免疫が鍛えられていないかどうかは、白血球数が、5000以下かどうかで自分でも判断できます。 白血球数が3000くらいですと重症です。

3) 免疫測定には35000円かかりますが重要ですから、普段から免疫を測定すべきでしょう。 免疫を測定する金がない人には、自律神経測定法で、良導絡という自律神経測定検査(測定価格は3000円です)で、免疫を推定できますので、良導絡検査をしてみてください。

4)昔、良くしていた、BCG検査をしなくなったことも免疫を低下させて、癌に罹る率を上げているという考えもあります。

5)免疫が低下しているかどうか調べて、免疫を上げる治療をしていますので、関心のある方は連絡をしてください。

 

TMCA.jp