農園から届いたばかりの

ヤングコーンがあるんだけど

焼いてあげようか!

 

って、言ってもらって

お店のサービスで頂いてみました♪

 

フレッシュなヤングコーンって、

実は美味しいんですよね~

そしてとうもろこしって、実は皮を剥かないまま加熱する方が

甘みが出て美味しいんです。

 

普通のとうもろこしも

電子レンジで加熱する場合も

皮付のまま、ラップに包んで加熱してみて☆

 

ヤングコーンも皮を剥くと

こんな感じで小さな実がぎっしり詰まって美味しいそう!ラブ

 

ここで、フランスのブルターニュから

持ち帰ったという「ローズマリーソルト」をつけていただきます。

日本だと、ハーブソルトというと、

ハーブも塩も細かく粉砕されていることが多いです。

「これを使うと何でも美味しくできる万能塩」

「何でも美味しくなる魔法の塩」

そんなうたい方をしています。

 

要するに、料理の下ごしらえ、調理の途中、味付けにも

仕上げに振り掛けるときも・・・・

色んなシーンでハーブソルトを使えるよっていうことなんですね。

 

しかし、フランスのこのハーブソルトは違いました。

「ハーブソルト」を味わってね、という打ち出し方。

 

塩は、使うときに

自分で細かくします。

(ほら・・・私の好きなすり鉢がここでも活躍!)

 

実際、塩そのものの美味しさもよく分かったし、

ハーブは「ローズマリー」の香りがしっかり。

複数のハーブをブレンドじゃなくて、

豪華1点主義なんです。

確かに用途は限られるかもしれませんが

料理人の方には、このタイプの方がおすすめですね。

 

こういうハーブソルトを使いこなしていけたらと

思ったのでした☆

 

 

 

月に3日しかオープンしないお店、

川上文代先生のガレット&クレープ屋さんへ♪

 

東京滞在の日が

極端に少ない上、

普通だとパンパンに予定が詰まっちゃうので

行ってみたいところも十分でないことが多いのですが

今回はプライベートも兼ねて

取材の旅に出ました☆

 

ガレットはそば粉を使ったクレープ・・・ですが

この件は、以前の記事で紹介したことがあります。

 

その時は川上先生のところで

色んなそば粉を使って生地を焼かせてもらったものです。

 

お店で出てきたガレットは

さすがのきれいな焼き上がりでラブ

↑サーモンとレモンクリームのガレット。

 

ガレットは、フランスのブルターニュ地方の郷土料理ですが

地域によって、そば粉100%で作るところや

小麦粉や卵を混ぜて作るところがあるんだそう。

それは、そば粉にもよりけりなので

配合を考えるには、まずそば粉を決めなくてはなりません。

 

 

基本のこれは頼んでおきたい!

「ガレットコンプレット」

ミロワール(つぶしてない卵)を包んだ定番中の定番。

自分でつぶす瞬間がたまらないのです照れ

 

このようなガレットには

シードル☆

辛口といいながらも甘い感じの

シードル・ホレ・ダルモリック・ブリュット、

飲みやすくって750mlを1人で空けました☆

 

デザートは、

クレープで!

このクレープ生地は、さらに好きでした照れ

桃のコンポートもほんのりスパイシーな香りで美味。

クリームのように見えるのはマスカルポーネチーズ。

アイスは、特別にカスタマイズしてもらいました。

 

一緒に行った娘は

「こんなお店、広島にないの?!」と大感激して

かなり気に入ったようでした≧(´▽`)≦

 

あの食感が独特だからね~

うちで作れるようになるには、相当な修行が必要かなと思いますショボーン

 

ごちそうさまでした~(´∀`)

 

うどん文化☆

倉敷サテライト(@岡山県よろず支援拠点)に

出勤するようになってホント、

うどんを食べる機会が増えました。

 

広島もそばかうどんか・・・と聞かれたら

「うどん文化」と言えるでしょう。

けれど、岡山県に行くと、

(他県からみると)びっくりするくらいうどん屋さん多し!

 

基本、セルフのお店で

湯きりも自分でやっちゃう本物のセルフ志向?!

 

つゆも自分でかけてねって感じです。

もちろん、トッピングも。

 

そうかと思えば、

出汁、麺・・・とそれぞれにこだわったお店もあります。

 

こちら、以前にも紹介した倉敷にある「うどん坊」さん。

 

店内でうどんを伸ばすところをみることができます☆

常連さんらしきお客様は、

誰も見に行かれないのですけれど・・・。

うどん坊さんは、

麺は讃岐風、

出汁つゆは、関西の京風で

そこがなんだか、なじむんです。

 

ざるはやっぱり食べたい、

 

メニューも豊富で迷ったけど

今回は「ミニたまご丼セット」に。

出汁を使った家庭的なメニューが並びます。

 

 

ここは、ただ今、

豊富すぎるほどになったメニュー整理のお手伝いをさせていただいており・・・

 

いつも笑顔のお母さんが

温かく迎えてくださる居心地の良いお店です。