【よくあるご質問】私の目の下のクマをグロースファクターだけで治すのにどこを治療すればよいですか? | 二子玉川美容外科クリニック 加治佐卓也のブログ

二子玉川美容外科クリニック 加治佐卓也のブログ

目の下のたるみ・クマ、顔のシワ・たるみ治療専門のプライベートクリニックです。
顔のシワ・たるみ・クマがきれいになると、心まで明るくなります!
当院では「身内にもおすすめできるか」を判断基準に、安全かつ確実な方法を提供するように心がけております。


テーマ:
「手術しない目の下のクマ治療」は、グロースファクター注入療法のみで目の下のクマを改善させる方法です。
 
 
治療方針の立て方
目の下の脂肪の突出度とくぼみの範囲がどこまであるかを判別してから決定します。
 

①が目の下、②が頬の領域です。(範囲は多少個人差があります)
 
  
目の下の脂肪が中等以上ある方は目の下+頬のグロースファクターをお勧めしております。
目の下のグロースファクターのみでは改善が不十分なことがあります。
詳細はこちらをご覧ください。
https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12315008666.html
 
脂肪の進行度について
 
また、くぼみの範囲が頬まである場合だと、グロースファクターが目の下のみでは、くぼみが頬に残った印象になり、不十分です。
 
 
治療範囲について
脂肪の量と頬のくぼみの範囲で決まります。
 
                     
  脂肪:なし 脂肪:軽度 脂肪:中等度
くぼみ:目の下のみ 目の下 目の下 目の下+頬
くぼみ:目の下~頬 目の下+頬 目の下+頬 目の下+頬

例外として、頬の脂肪が多い方は、くぼみの範囲が目の下に限局している限りは、目の下の脂肪が中等度であっても、目の下のグロースファクターのみで改善する可能性があります。 
 
頬のグロースファクターは、脂肪が中等度以上ある場合に、それをカバーするだけでなく、頬をふわっとしたリフトアップさせる効果が期待できます。
 
 
グロースファクターのみによる目の下のクマの治療例です。(初回治療例)
 
 
茶クマ(目の下のシミ・くすみ)がある場合
シミ・くすみが目の下のくぼみに沿って見られる場合(いわゆる茶クマ)、こちらはグロースファクターでは治らないため、ご自宅でも比較的簡単に治療できるメラフェードをおすすめしております。
 
  
他院修正も同様の方針

他院にて脱脂を受けられた方の修正治療の方針も同様です。
 
他院修正例の症例写真です。
 
 
注意すべき方
以下が該当する方は注意すべきと考えます。
 
・脂肪が重度の方・・・グロースファクターのみでは、症状を緩和することはできても、完全に治療することは難しいことがあります。
(例)脂肪は左が重度(右は中等度)で、くぼみの範囲が目の下のみの方。
https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12234901431.html
目の下+頬を治療。
左は多少脂肪が残っている印象。
 
・弾力低下(たるみ傾向)や折れ癖がある方・・・シワ・くぼみが残る傾向があります。
 
 
判断に迷う方は無料のメールカウンセリングを
こちらからお写真(正面+斜め45度)をお送りいただければ、治療の適否とお見積もりについてお答えいたします。
 
 

当ブログのランキングはこちらです。

応援して下さる方、クリックをお願いできれば幸いです。

二子玉川美容外科クリニックさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります