他院でハムラ法をされた方の修正 | 二子玉川美容外科クリニック 加治佐卓也のブログ

二子玉川美容外科クリニック 加治佐卓也のブログ

目の下のたるみ・クマ、顔のシワ・たるみ治療専門のプライベートクリニックです。
顔のシワ・たるみ・クマがきれいになると、心まで明るくなります!
当院では「身内にもおすすめできるか」を判断基準に、安全かつ確実な方法を提供するように心がけております。


テーマ:

他院にてハムラ法による目の下のたるみ・クマ治療後、当院で結膜脱脂+グロースファクターによる修正をされた方です。

ハムラ法とは、脂肪を取らないクマの治療法です。

脂肪を包んでいる膜を剥がして、少し下方へ移動して骨の表面に糸で固定する方法です。



1

術前・・・目の下には脂肪によるふくらみ+溝・くぼみがあります。

左(向かって右)の方が溝が深いです。

脱脂+グロースファクターの他に法令線・口角・額・こめかみのグロースファクターもされています。



2

1カ月後・・・癒着が強かったため、腫れが多少長めに出ています。



3

3ヵ月後・・・だいぶ良くなってきました。

顔全体のシワも改善しており、引き締まった印象です。



4

術前・・・斜めから見た状態です。



5

3カ月後・・・きれいになっていますね。


6

術前・・・笑った状態の比較です。

元々左頬が右に比べて高い印象です。



7

3カ月後・・・笑っても違和感はありません。

ちなみにシミ治療はされていません。


ハムラ法は、前述の通り、脂肪の入った袋を一旦はがして、移動させた後に糸で骨の表面に固定するという比較的大掛かりなもので、侵襲(体への負担)は経結膜脱脂より大きいです。

ハムラ法の術後は癒着が強いことが比較的多く、再手術ではどうしても腫れ・内出血が出てしまう確率が高くなります。
一方、経結膜脱脂は、まぶたの裏側の直下にある脂肪を飛び出している分だけ取るというシンプルなものです。

再手術する上では、癒着が少ない術式の方がよいです。

いずれにしても、1回の手術でしっかりとした結果を出すに越したことはありません。



当ブログのランキングはこちらです。

http://beauty.blogmura.com/plastic/

http://blog.with2.net/link.php?1847713

応援して下さる方、クリックをお願いできれば幸いです。

 

二子玉川美容外科クリニックさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります