【よくあるご質問】脂肪注入vsグロースファクター注入・・・違いは何でしょうか? | 二子玉川美容外科クリニック 加治佐卓也のブログ

二子玉川美容外科クリニック 加治佐卓也のブログ

目の下のたるみ・クマ、顔のシワ・たるみ治療専門のプライベートクリニックです。
顔のシワ・たるみ・クマがきれいになると、心まで明るくなります!
当院では「身内にもおすすめできるか」を判断基準に、安全かつ確実な方法を提供するように心がけております。


テーマ:

当院では、以前は目の下の脱脂の後のくぼみに対して脂肪注入を行っていた時期もありました。

しかし、グロースファクターの方が良い結果が得られることから、現在は脂肪注入は行っていません。

脂肪注入は、しこりになったり、固くなったりすることや、一部が徐々に吸収されてボリュームがもの足りなくなることもあります。

そのために、それを見越して多めに入れることもありますが、逆に裏目に出て凹凸が出ることもあります。

また、脂肪は固体なので、太めの針で入れることになります。

そのため、内出血のリスクも高くなります。

また脂肪注入の方が固体を入れる分、腫れやすいです。

もし後日追加で入れる場合は、お腹や太ももから脂肪を取る手術が必要となります。

 

決定的な違いは、皮膚そのものが変わるか否かです。

脂肪注入は、薄くなった皮膚の下に詰め物をするようなイメージです。

肌質は変わりません。

一方、グロースファクターは、ご自身の皮膚を若返らせる治療法です。

皮膚のコラーゲンが増え、ハリが出ることで、くぼみやシワ・たるみが改善します。

その効果は少なくとも数年以上は持続します。

 

一般的にグロースファクターで問題とされているのは、しこりになることです。

様々なクリニックでグロースファクターあるいは類似の治療が行われています。

当院で用いられているグロースファクターは、薬学部でも学んだことがある前院長の田島医師が開発した独自のものです。

これまで、当院ではしこりになった例はありませんでした。

しばらくすると、ご本人が触っても分からないほどなじみます。


また、グロースファクターは液体なので極細の針で注射できます。

そのため、内出血・腫れなどのダウンタイムはほとんどありません。

ただ目の下など、皮膚が薄い場所では多少内出血のリスクはあります。

その場合でも、ただちに圧迫止血して最小限になるようにいたします。


その他のグロースファクターの問題点として、結果が出るのに1週間から数カ月かかることです。

追加するとしても、6カ月は様子を見ていただくことになります。

ただし、後日追加する場合でも容易に追加が可能です。

 

 

当ブログのランキングはこちらです:http://beauty.blogmura.com/plastic/

応援して下さる方、クリックをお願いできれば幸いです。


「二子玉川美容外科クリニックHP」 http://www.ft-bc.jp/  


「目の下のクマ・目の下のたるみ・目の下のふくらみの最新治療方法」 http://www.imarq.info/  

二子玉川美容外科クリニックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。