【よくあるご質問】青クマや紫クマは治療により改善することができますか? | 二子玉川美容外科クリニック 加治佐卓也のブログ

二子玉川美容外科クリニック 加治佐卓也のブログ

目の下のたるみ・クマ、顔のシワ・たるみ治療専門のプライベートクリニックです。
顔のシワ・たるみ・クマがきれいになると、心まで明るくなります!
当院では「身内にもおすすめできるか」を判断基準に、安全かつ確実な方法を提供するように心がけております。


テーマ:

「目のくま」の原因は一般的に4種類に分類されます。

 
「黒(影)クマ」「青クマ」「茶クマ」「赤クマ」です。

 
「黒(影)クマ」は目の下の脂肪が飛び出してふくらみができることでおきます。

 

「茶クマ」はシミによるものです。

 

「青クマ」は皮膚が薄いため、うっ血した眼輪筋が透けて見えることが原因です。

疲労度よって色が増強するのが特徴です。
その他、目の周囲にむくみが出た場合に青色に見えることがあります。
 

「赤クマ」は、筋肉の色が透けて見えることで起こります。

脂肪が飛び出していると眼輪筋を圧迫します。

それにより赤みが出ます。

ふくらみに矢印

疲労などにより血流が滞っていると、青クマと混ざり、紫色に見えることがあります。

  

経結膜脱脂により、脂肪の圧迫を解除すると、目の下の赤みは改善されることが多いです。

また、皮膚が薄いのもグロースファクターで改善します。

それにより青クマも透けて見えづらくなります。

したがって経結膜脱脂とグロースファクター注入療法後は、紫クマがかなり改善される例が多いです。

目の上の皮膚と同じくらいの色調は残ることもありますが、メイクで隠れる程度のことが多いです。
 

CASE1

術前/手術直後・・・元々目の下が紫がかっています。

脱脂+グロースファクターを行っていますが、脂肪の眼輪筋への圧迫を解除することで手術直後に色は改善してます。

 

 

CASE2

施術前/6ヵ月後(ともにメイクあり)…他院で脱脂のみを受けられた方です。

当院で目の下・頬・法令線のグロースファクター注入療法を受けられています。

また、シミ治療も同時に受けられました。

目の下~頬の厚みが出て、若々しくなると同時に、青クマも改善しています。
 

  

関連するよくあるご質問です。

【よくあるご質問】目の下の赤みを取るには、どのような治療法がありますか?

【よくあるご質問】目の下の脂肪が出ていますが、目の下の皮膚の血流はうっ滞しているのでしょうか?

【よくあるご質問】私の目の下のクマは「何クマ」ですか?  

 

 

このブログのランキングはこちらです。

応援して下さる方、クリックをお願いいたします。    ↓

http://beauty.blogmura.com/plastic/


二子玉川美容外科クリニックHP http://www.ft-bc.jp/  


目の下のクマ・目の下のたるみ・目の下のふくらみの最新治療方法 http://www.imarq.info/

二子玉川美容外科クリニックさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります