我が家のシニア犬、

シュシュ君が。。。ついに天国に旅立ってしまいました。。。

 

お盆に息子が、ゴールデンウィーク依頼

数ヶ月ぶりに帰省をしてきた、翌日の事でした。

 

最後に、どうしても息子に逢いたくて・・

ずっと、待っていたのかな。。。

 

少し前に、20歳の誕生日を迎えた息子。。

もう、自分が側に居なくても大丈夫だと思ったのかな。。

 

息子の4歳の誕生日プレゼントが、シュシュ君でした。

それから、約16年ずっとずっと。。二人は仲良しでした。

 

深夜に急変して、意識がほぼ無いような状態で、

病院へ。。

春には、私がどうしても諦めきれずに、

シュシュにお願いをして・・無理矢理、奇跡をおこさせてしまいましたが・・

 

奇跡は、2度はおきない事を、

主人も私もわかっていました。

 

着いてすぐに、酸素室に入れて頂き、

処置をしてもらったのですが、

数分後には先生に呼ばれ・・そのまま逝ってしまいました。

 

先生が、シュシュを前にして、

「シュシュちゃんは、木村さん家で、

本当に良かったと思っていると思いますよ・・」

と、おっしゃるので。。

親バカなのですが、なんだか。。しゃべれないシュシュが、

先生に言わせているように感じて。。

その言葉に凄く救われました。

 

 

 

 

シュシュは、看護師さん達にきれいにして頂き、

とても美しい箱に入れて頂きました。

 

もし、家で亡くなっていたら、

シュシュ君が入るような、大きくて綺麗な箱は、

我が家には無いので、

 

私がドタバタと、シュシュ君~どうしよう~箱が無いよぉ~と、

泣きながら騒ぎまくる事も、長い付き合いなのでよくわかっていて、

病院を最後の場所にしたのかもしれないです。

 

こんなにもお世話になったのに・・

先生は、今日はお支払いは無しで大丈夫ですよ。。と、

言って、お金を受け取らないのです。

 

自宅に戻ると。。先生からです。。。と、

花屋さんが、お悔やみのお花を届けてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

お盆休みでしたが、

その日の午後には、ぽちたま霊園の予約も取れて、

家族3人で、最後のお見送りをする事ができました。

 

3人とも、涙が止まらず、

悲しい1日となりましたが、

息子は私の手を、10年ぶりぐらいに握ってくれていました。

小学校以来かな。。

こんな時、男の子は頼りになりますね。

 

主人は、帰省してくれている時で、

本当に良かった。。と、泣きながら息子に言っていました。

 

お盆休み中でしたので、

私も主人も仕事には、なんの影響もなかったです。

レッスン再開までには、数日ありましたので、

少しづつ気持ちも整い、生徒様達にご迷惑をお掛けせずにすみました。

 

主人も昨日から会社へ、

息子も大学の寮にもどり、塾のアルバイトへ・・

今は夏期講習中ですので、息子も気合いを入れて

授業をしなくてはいけないのです。

 

明日からは、いつものブログに戻りますが、

ちょこちょこと。。。シュシュの思い出話しをさせてくださいね☆

 

 

最後の約3ヶ月間、

生徒様たちと、ずっと一緒にレッスンができて、

シュシュは、本当に幸せだったと思います。

 

ありがとうございました!!

 

シュシュ☆バイバイ!!