愛と感謝を込めて花束を | What's in a name?

What's in a name?

植物からの伝言


テーマ:
 
植物には声にならない声がある
 

その声を想像し


手をさしのべる


そしてそっと繋ぐ


それが私たちフローリストの仕事

 

Bear 熊坂英明です

 

 

 

素敵だよね

 

ピンクのバラのミックス

銀婚式のお祝いだって

 

 

淡いピンクの優しいバラは

ラプソディ

 

ラプソディの意味を調べると「狂詩曲」

 

ボヘミアンラプソディとか

なんちゃらラプソディと付くものは多いが

個人的には何のことかわからないけど

なんだか良さそうな雰囲気かな〜みたいな

 

 

ちょっと濃いめのバラが2種類

 

縁がちょっと濃いピンクが

イブピアジェ

カップ咲でとってもいい香り

 

花時間でもよく登場する

大人気品種

 

そしてもう一つの濃いピンクが

オール4ラブ+

(おーるふぉーらぶと読む)

 

大輪で最初はスタンダードっぽいけど

だんだんロゼット状に咲いてくる

 

 

バラたちに合わせたこの時期ならではの

スモークツリーや銀葉グミ

 

 

部屋の中がいい香りに包まれるだろうね

奥さん喜ぶだろうなぁ

 

 

花時間のホームページで連載がスタート

週2回(月木)の更新

是非お楽しみに!

 

https://hanajikan.jp/series/77

 

 

 

Catch the wave & voice

 

読者登録よろしくお願いします

 

2つのブログランキング登録しています

 

 

 

ブログを読んだ後に

 

それぞれの画像を一つずつクリック!

 

ちょっと面倒ですが

 

よろしくお願いします!

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 切花・花束へ

 

 

florist Hideaki Kumasakaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス