近所で殺人事件! | 白血病のらりくらり ~余命ゼロからのピースフル❤ライフ~ 

白血病のらりくらり ~余命ゼロからのピースフル❤ライフ~ 

20代MDS → 骨髄移植、30代急性骨髄性白血病 → 臍帯血移植、40代になった現在、再々発 → 宣告された余命がとうとう切れました(笑)。無治療でふつうに暮らしていましたが、2019年4月よりいよいよ末期の日々。命が尽きるまで、在宅でのらくらいきます。

次回こそはさわやかなネタで~♪

 

 

とかいいながら、

 

 

こんなタイトルですみません!あせる

 

 

 

しかしこれ、冗談でも

どこまでがほんとうでしょう日記」でもなく、

事実なんです!

 

 

 

それは昨日(30日)の夜中の3時頃のこと。

 

 

 

痒くて眠れない私の耳に「こちらは防災●●市です」という

市内放送が入ってきました。

 

 

 

この「防災●●市」は、行方不明の人が出たり、

光化学スモッグが発生したりすると放送され、

東西南北・各方位に向かって、何度か繰り返されるのです。

 

 

 

 

しかし、しつこいようですが時刻は

夜中の3時。(←記憶)

 

 

 

眠れないで苛立っていた私は、思わず

 

 

 

 

「うるさいなあ!こんな時間にまで放送すんなよー!」

 

 

 

と思い、特に耳をすませることもなく、

聞き流しました。

 

 

 

 

風向きのためか、内容もききとりづらかったし、

まあなにしろ眠くて疲れていたのです。

 

 

 

そして翌朝。

 

 

 

明け方どうにか2時間眠り、ぼーっとしながら起きてきた私に

母が大声でいいました。

 

 

 

「たいへんたいへん!スーパーの近くで

殺人事件が起きたよ!」

 

 

 

 

 

え~っ、殺人事件~!!!

 

 

 

 

聞けば少し前に、千葉に住む弟から電話があり、

ネットのニュースで、うちの近所でベトナム人が2人刺され

一人が亡くなったと出ていたとのこと。

 

 

 

 

「犯人は逃げちゃって、まだ見つからないんだって!

なんか学校も休みになるらしいよ」

 

 

 

 

半ば不安げに、半ば興奮気味に母は続けました。

 

 

 

 

 

うひょー、なんて物騒な!!!

 

 

 

 

しかしその時、あることが私の脳裏をよぎりました。

 

 

 

スーパーの近くって、

インドネシアの彼女たちのすぐそばだ。

 

 

 

 

刺されたベトナムの人は、きっと同じ工場で働く

技能実習生のひとに違いない。

 

 

 

そう、事件の現場は、私が少し前まで日本語を教えていた

女性たちのアパートの、本当にすぐそばだったのです。

 

 

 

 

彼女たちは無事だろうか・・・。

きっと刺した人も、110番の存在とか知らないで

逃走しているんだ・・・。

 

 

 

 

もしも日本語教師の勉強をしていなかったら、

こんな話を聞いても「いやだなあ、やめてくれよー」で

終わっていたことでしょう。

 

 

 

しかし日本で働く外国人(技能実習生)の、ぬきさしならない背景を

少しでも知ってしまった今は、

単純に「いやだなあ」では済まされなくなっていました。

 

 

 

 

あー、気の毒に。

っていうか早く捕まって、これ以上罪を犯さないでほしい・・・。

 

 

 

 

その日いちにちは、周りじゅうこの話で持ちきりで

「屋外へなるべく出ないように」という通達もあり

なんとなくもやもやしながら過ごしました。

 

 

 

 

 

結局、その日の夜遅くに犯人は捕まりました。

殺害の理由は金銭的なことだったようです。(←近所の噂)

 

 

 

 

いや~、ほんと、

生きているといろんなことがあります!

 

生きているだけで、いろんなことがある!

 

 

(たとえ自分でアクションを起こさなくても!)

 

 

こんな田舎町で、まさかそんな事件が起こるとは

想像だにしませんでした。

 

 

私も母もそのスーパーを、自分の家の冷蔵庫のように使っているので

これからは行くたびに、複雑な気分になりそうです。

 

 

今朝の読売新聞・埼玉版。ね、法螺じゃないでしょ?(フキンシン?・笑)

 

 

 

いつも読んで下さり、ありがとうございます!

 

輸血はしたのですが、視力は戻らず、まだまだ小さい字を読むのが

困難な状態です。皆さまにお返事できる自信がないので、

コメント欄は閉じさせていただきますね。

ほんとすみませんあせるあせるあせる

 

 

(そしてほんと感謝です!ラブラブラブラブラブラブ