フォロー、ご訪問をどうもありがとうございます🙇‍♀️💕 

当記事は、「おまかせ広告」を導入しております。 

インターネットブラウザでは、広告内容により非表示(空白)になることがあるかもしれません。  

ご了承のほど宜しくお願い申し上げます🙏✨



先日、Kenが大きなさつまいも🍠を買って来てくれました。

スーパーのお買い得品で安かったそうです(笑)

さつまいもは糖質が多いので、Kenが食べるのを嫌がるようになり、最近では年に一度買うか買わないかでしたニコニコ

4年前は石焼き芋用のお鍋を買って、毎日のように焼いて食べていたのですけれどね。



今回は蒸し器で蒸すことも考えましたが、


ガスコンロの魚焼きグリルで焼くことにしました。


アルミホイルでお芋を包んで、弱火で焼きます。


我が家のグリルは5分ごとに音が鳴り、約15分経って庫内が熱くなると自動的に消化してしまいます。


一度火が消えたら、5分待って庫内の温度を下げてからでないと再点火しません笑い泣き


『こんなやり方で本当に火が通るのか?』


と心配でしたが、


15分弱火で焼く

火が消える

5分おく

再点火・加熱


を3回繰り返したら柔らかくなって、何とか食べられる状態になりました(笑)


スプーンですくった後に撮った写真です。


写真の下の方のスカスカな感じが、

「お買い得品」を物語っていますね(笑)


でも、なかなか美味くて嬉しかったですニコニコ


また買って来てほしいです飛び出すハート


ところで!


焼き芋のGI値って、80〜85、サイトによっては94と書かれているところもあり、高いのですよね。


GI値が高いものを食べると、急激に血糖値が上がってしまうので、


糖尿病になる危険性があったり、

血管癖にダメージを与えてしまうそうです。


焼き芋は、冷やすことによって、


55程度まで下がり、低GI値食品になるのですって。


冷蔵、冷凍どちらで保存可能ですから、冷やして食べると良さそうですねおねがい