7月20日(水)。この日は待ちに待った夏の青春18きっぷの解禁日です。昔と比べ、だいぶ使い勝手は悪くなってきはているものの、それでも我々乗り鉄にとってはまだまだ利用価値は高く、やはりこの時期は青春18きっぷを軸にした旅を計画しがちになります。この圧倒的コストパフォーマンス。活用しない理由はありませんよね。

 

たまたま仕事の休みと重なったこの日、まずは手始めにと茨城県方面へと出掛けてきました。ここ最近は、静岡から東へ行くことが多くなっていますが、それは今年3月まで三重県にいて、なかなかそちらへと出向くことができなかった反動でしょう。目的はもはや恒例となりつつある、アプリのチェックポイント訪問と未訪問駅の制覇。今回も充実した旅にしたいと思います。

 

コロナ禍の影響が顕著だったこの数年は、県境をまたぐ移動の自粛や自身の体調不良の影響などもあり、満足に青春18きっぷを活用できないシーズンが何度かありました。ですが、この夏は思い切りテツ旅を満喫できそうな気がします。コロナ禍での3度目の夏を控え、政府も行動制限は特に要請しないと早々と発表。その後新たな変異株が猛威を振るい、全国的に感染者数こそ激増しつつあるものの、正式にお墨付きを得たということで、旅に出る条件はじゅうぶん揃いました。

 

当日は東静岡発5時05分の始発に間に合わせるべく3時45分に起床。身支度を整え、4時半過ぎに自宅を出ます。静岡に戻り早3ヶ月半。ストレス源がほぼ取り除かれたこともあり、おかげさまで体調は良好のまま推移しています。根治しない病ということで、再発の不安はどうしても拭い去ることはできませんが、ずっと今の状態が続いていけばいいなと、心から願っています。

 

恒例の東静岡駅駅舎。

 

 

夏の夜明けは早く、すでに青空が広がっています。予報は快晴。暑さこそ心配ですが、雨に降られるよりは余程マシでしょう。

 

 

人気のないコンコースを通り改札へ。

 

今までは素通りして気にも留めていませんでしたが、橋上駅ということもあり、しっかり富士山が臨めるのですね。まったく雪がない富士山も、ある意味新鮮に映ります。

 

 

 

窓口が開く5時を待って、グリーン券を購入すると同時にきっぷに日付印を捺してもらい、ホームへと向かいます。

 

 

いつものように新幹線がお休み中zzz

 

 

あと1時間ほどで、勤務開始になるハズです。

 

定刻になり、3両編成の沼津行きが入線してきました。乗り込んだのは私を含めわずか3名。青春18きっぷシーズンは、ここからの乗車もかなり多いのが常でしたが、初日の今日はそれほどではないようです。まだ学生も、夏休み前ということもあるでしょう。空いた車内で早速爆睡し、あっという間に終点の沼津駅に到着しました。

 

沼津駅からは上野東京ライン宇都宮行きに乗り換え。少しでも快適に移動するため、グリーン車を利用します。沼津駅発車時点では貸し切りなことも多いですが、今回は私の乗る5号車2階席の乗客は3名。私以外はビジネス客のようです。そんな彼らとともに定刻6時05分に沼津駅を発車。まずはこの列車で上野駅を目指します。