FOOTBALL IS MY LIFE

川崎フロンターレのサポーターです。


テーマ:
ルヴァンカップ決勝進出を果たした川崎フロンターレ。
その対戦相手はセレッソ大阪に決まりました。
セレッソも試合終了間際に劇的な決勝点をあげて勝ち上がることになりました。
なかなかカップ戦は簡単にいかないですね。
相手も必死ですからね。

どちらかが必ず勝ち上がり、どちらかが必ず敗退するというのがカップ戦の醍醐味です。
それゆえにドラマが生まれやすいし、アクシデントも発生しやすくなります。

さて、このルヴァンカップ決勝は、互いに初タイトルを賭けた戦いになると報道されていますが、この報道、あまりシックリしないんですよね。
なぜかというと、セレッソ大阪の前身はヤンマーであり、ヤンマーは日本サッカー界の名門中の名門だったからです。
Jリーグの前身である日本サッカーリーグ(JSL)の時代に、ヤンマーは4回もリーグ優勝しています。
そして、天皇杯制覇は3回です。
また、リーグカップ(現在で言えばルヴァンカップに相当)も2回(3回?)優勝しています。

ヤンマーサッカー部で最も有名なOBは釜本邦茂です。
そして、鬼武健二(元Jリーグチェアマン)や山野孝義(関西弁のきっつい解説者)もOBですよね。

セレッソ大阪の場合、前身のヤンマー時代の輝かしい歴史を一切無視し、セレッソ大阪として発足した1992年以降に限定した「無冠」だということなんですね。

一方、川崎フロンターレの場合はどうでしょう?
フロンターレの前身は富士通サッカー部です。
富士通と言えば、JSL2部(今でいうJ2)が指定席の弱小チームでした。
富士通はJSL1部も制したことがありませんし、天皇杯やリーグカップも然りです。
そして、有名なOBはいません。
強いて挙げれば城福浩です。
でも、現役時代のプレーが凄かったわけではないです。
FC東京の監督をしたりして、ただ有名なだけです。
クラブの歴史から言えば遥かに格上のセレッソ大阪に対し、新興の川崎フロンターレが初タイトルを賭けて臨むということですね。

埼玉スタジアムで開催される決勝戦は、対戦相手が関西のチームということもあり、全席完売にはならないと思います。
ちなみに、昨年のルヴァンカップ決勝は、浦和レッズとガンバ大阪が勝ち進んだにもかかわらず、観衆は52,000人程度でした。
なので、今年のチケットは必ず手に入ると思います。
間違っても転売屋さんから買わないようにしましょう。
とりあえず、フロンターレサポーターの動員目標は30,000人くらいですかね?
もちろん私も参戦します。
11月4日のスケジュールは半年以上前から空けてありましたからね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

まちゃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。