感想はこちらから↓

 

============

あらたさんには これまで何度か、

セラピーをしていただいていますが、

セッションが終わった後は毎回、

とても穏やかな気持ちになります。

 

それは、波のない静かな海で、

すっかり安心して体を浮かべ、

リラックスしている感覚に似ています。

 

どうしてこんなに穏やかな気持ちになれるのか考えてみると、

 

常識や世間の目に囚われて、

こうしなければいけない!

これはしない方がいい!と

本当の自分の声を無視した行動を続けて、

不安や怖れをかき集めている状態から解放されるからではないかなと思います。

 

また、面倒くさいから、

失敗したら恥ずかしいから、

と自分がすべきことから逃げて

怠けている自分を見つめ、受け止めて、

また前に向かって進んでいこう、

という真っ直ぐな気持ちに

なれるからだと思います。

 

先日のセラピーでは、

ギクシャクしている兄との関係を

お話しました。

ここ数ヶ月、兄はわたしのことを

避けているし、わたしも兄に会いたくない、と思っていましたが、

セラピーで本当はどうしたいのかを

辿っていくと、実はわたしの本心は

『兄と一緒にご飯を食べたい』

というもので、

そんな自分の気持ちに驚きました。


兄に会いたくない、というのは、

兄と会って嫌な態度をされたら

自分自身が傷つくから嫌だとか、

兄に気を遣うのが面倒くさい、

というようなエゴの声だったことを

知りました。

 

その後、実際に兄と食事をすることができ、会話をして、距離が少し縮まったように思います。

 

セラピーで自分の本心を知ることがなかったら、わたしは兄を避け続けて、兄との距離はもっと広がっていたはずです。たったひとりの兄弟なのでとても嬉しいです。

 

 

また、わたしはつい、

自分は大丈夫と強がって

見栄をはってしまうところがありますが、

そんな見えっ張りな自分に、

なかなか気が付くことができません。

でもセラピーで、

そういう自分に気付かされます。

 

そして、不要な強がりも見栄も手放して

再び本来の自分に戻っていくことができるのです。あらたさんの本質を見る力とセラピストとしての実力があるからこそ成せる業なのだと思います。いつもありがとうございます。

 

 

==========

感想終わり

 

 

クライアント様を通し、

家族の方まで(今回はお兄様へ)

心理セラピーを拡げることを

させて頂きました。

 

 

家族とは、お互いに愛情や想いが

溢れているからこそ

時に傷付き、関係がこんがらがると 

なかなか本心に

氣がつくのは難しいものです。

 

 

複数回に渡り、セラピーを重ねて

頂きありがとうございました。

 

少しづつあなたとあなたが

近づきましたね。

どうかこれからは

あなた、で いてください。