尊重していません。


自分の命も、食べ物になってくれた命も
見つめてください。
感じてください。
味わってください。


他人を尊重出来ない人は
自分も尊重出来ません。
自分を大切に出来ない人は
他人を大切には出来ません。


スマホは単なる機械です。
視覚と、音楽を聞くなら聴覚を
デジタル化、つまりそれは
自然の花が香る複雑な、そして個性的な
真似できない他社多様な匂いを
人口的な香料にしてしまった視覚と聴覚刺激に曝しただけのこと。
刺激は強いですが、単一的で単調なもの。


この前、不思議な虫を自らの眼で観察する前に、スマホで写真を撮る人々を観ました。
あなたの眼は、記憶は、脳は、
スマホより劣るのでしょうか。
SNSにあげたいから、でしょうか。
後で振り返れる、残せる、
デジタルデータだから、でしょうか。


LINEやSNSの着信は、
あなたの目の前の人より、
あなたの目の前の風景より、
あなたが触れられる世界より
大切、ですか?


生きるってなんでしょうか。
あなたの體はなんでしょうか。
感じる、とは、なんでしょうか。
なぜ、それを放棄するの?
なぜ、自分の五感、記憶力、
既に持ってるものを使おうとしないの?


わたしは、スティーブジョブスを
生きかえらしたい。

そしてスマホ漬けになって、
自らを、家族を、友人を
繋がりを、交流を、生きることを
蔑ろにしている現代人を突き付けたい。

イギリスが昔、チャイナをアヘン中毒にして征服したように、
あなたがした、この世界を見ろ、と。
勿論スマートフォンを産み出した時にどうなるか、ジョブスは知っていたろうが、多分彼が想像した、それ以上の成果にどう思うのか、と突き付けたい。
※実際ジョブスは自分の子どもにはデジタル機器使用を制限させていたのは有名な話




今のわたしには、
微かに感じる新しい世界より、
街を歩きながらスマホをする人、
電車の中のスマホしか見ない人々が重い。
そして哀しい。

なぜ、自分を粗末に扱うの?
あなたが張り付くように見ている、
スマホの中には虚無の方がはるかに多い。

耳を塞ぎ、世界から自分をシャットアウトしているデジタル音より、
赤ちゃんのアウアウと言う、一見意味の生まれる前の言葉以前の発語にこそ、
世界が包括されているのに。




あなたはそれでいいのだろうか。

スマホに使われないで欲しい。
人間としての尊厳を忘れないで欲しい。
あなたの人生は実存する体験の中に。

スマホの中には、ないよ。



追記
※フォロワー1000人買うのに980円だそうです。今、海外の業者からごまんとあるよね。業者さんが言ってたけど海外セレブも買ってるよ、ってね。
そして他人にいいね、して仕返してもらう為に費やす自分の人生の時間…。いや、インフルエンサーやらユーチューバーになれば楽にお金になるから、やるさ?
確かにそれもある種の生き方かもしれないけどね。
アメリカではそんな買ったフォロワーや、お義理フォロワーを分析してインフルエンサーの実力の真偽をを査定して企業にリポートする会社もあったりで、いたちごっこですな。ま、どの世界でもそれはありますね…。
(何はともあれ、その世界でのトップになるには涙ぐましい努力と才能は必要でしょう)


ただ わたしは好みではありません。
わたしにはインフルエンサーの努力が好きではないから、です。売れている人の研究を重ね、もった情報や絵面、をスマホの画面と睨めっこして生きること、それより手足を動かし努力すること、パッケージや見栄えより、生身から出るパワーに惹かれるが好ましく感じるから、です。


どちらを選ぶか、これは今後の生きる道を決めると思います。


だから、
わたしはブログでも集客をしてますが、
ネット内での時間<勉強や感覚の練習、それを基盤にパフォーマンスを上げないとセッションに責任持てないのでやらない、と最初から決めています。
ブログからいいね、をなくてるのも、お返しのいいね、をしていないからいただく訳にはいかんなあ、と途中から思ったからです。

こんなにフォロワーが少なくても来てくれる人もいたり、たまたま声をかけた人がクライアントになってくれる場合もある。それに、もし依頼がなればやめれば良いだけの話です。
わたしはインフルエンサーにもブロガーにもなりたい訳ではなく、あくまでも心理セラピストとして、何か自分の人生に違和感を持って生きづらいあなたが、本来の自分自身を取り戻す為のセッションを行うこと、これが本来のわたしの仕事で、それ以上でもそれ以下でもありません。

それにわたし自身、わざわざネットに張り付いていなくても、必然的に自分に必要な情報は向こうからやってくる体験を何度もしているからです。
だから、たまたまわたしのページに偶然居合わせ何故か氣になった、それがご縁かと思っております。

また何か質問がございましたら、ホームページのプロフィールページから問い合わせも可能ですのでご活用頂けたら、と思います。
 
 

・ おすすめ記事 ・

━━━━━━━━━━━━━━━

しっぽフリフリ人氣記事一覧は   >> こちら!

しっぽフリフリ記事テーマ一覧は >>こちら!

 

「セラピストあらた」から あなた

しっぽフリフリメッセージ>>こちら!

 

セッションを迷っているあなた

しっぽフリフリHP>> こちら!

 

・ 各メニューご案内 ・

━━━━━━━━━━━━━━━

「生きる力を取り戻したい」あなたに

わんわん心理セラピーの詳細は>>こちら!

 

「本当の自分に還りたい」 あなたには

わんわん自己回帰セッションの詳細は>>こちら!

 

 

AIに仕事を奪われる、

その職種はなんだろう、って話ですが。
 
AIはコンピュータですから、数字、計算能力、暗記…それは大企業におけるホワイトカラーであり税理士や書類を作成する〇〇士と言われる難しい資格の士業ですよね。
そしていわゆる本部機能部分であり、最たるは文書方と言われる公務員業務はAI化には最適でしょう。消費税以上の節税になりますよね。
(まぁ利権関係で難しいでしょうが)
 
 
AIが出来ない仕事、向かない仕事、
それは介護やレストランのシェフやホールスタッフ、から、接客業、そして主婦の仕事、大工、とび職、いわゆる肉体を伴って複合的な動作と総合的な判断が必要な現場の仕事です。主婦業も、これに該当すると言えるでしょう。
 
また事務職としても、人間関係含む社内、社外の調整役やコンダクターの役割が担えるならば、テレワークなどの働く場所の多様化により、より求められていくでしょう。
 
そもそもそういった役割を重要視出来ない企業はブラックだと思います。
 
 
また建築界のノーベル賞を受賞と言われるプリツカー賞を受賞した伊東豊雄(東日本大震災の復興プロジェクトの「みんなのいえ」は最高です、また今の四国の島プロジェクトも大好きないつか行ってみたい場所)のコメントが印象的でした。
 
パソコンやソフトが発達したおかげで様々なパターンの建築が設計できるようになった。が、より複雑なもの、より曲線のもの、を実際に現実に創り出す為には、
職人の手に頼らざる得ない、と。
 
 
自分の先の仕事選び、
またお子さんに何を学ばせるのか、
のヒントになると思いますので、
わたしの拙い文章よりこちらのジャーナリストさんの文章はわかりやすいので読んでみてください。
 
 
 
 
ではカウンセラーや心理セラピストみたいな職種はどうでしょう?
 
見えない心を扱うからAIには無理?
いやいやいや。
 
イギリスにて🇬🇧2017年の映像。
うん、2年前ですな。
「 ワタシはロボットカウンセラー🤖ジェス デス。
あなたのオンラインデータ(SNS投稿からamazonの注文履歴やら)ヲモ情報アクセスして、あなたを分析シマス。」
「またワタシは、瞳孔ノ開キ具合カラ、仕草、声のトーンなど身体の動きも総合シ感情ヲ読み取る嘘発見モ得意デスシ、ネットから同時に膨大ナ知識モ瞬時ニ引き出し分析もオコナイマス。
マタ ワタシは機械デスカラ、アナタを好キやキライデ判断シマセンシ贔屓ハシマセン。」
しかも彼は大量生産し自宅に一台ということも可能です。日頃はあなたの個人秘書として、悩んだ時は相談相手として、スマホの中にアプリとして存在する、あり得る未来像です。
 
 
つまり、
ただ人から教わったマニュアル通りの対応や、分析をする指示型カウンセラーはディープラーニングで直ぐに実績何万人の経験を積んだAIカウンセラーにとって代わられます。
 
 
 
 
 
ではもう人間はAIに仕事を奪われ続けるしかないのでしょうか。
一度覚えた作業は絶対忘れず、  
覚える量は無限大、ディープラーニングで自らの鍛錬を不眠不休でしていく彼らに…。
 
 
 
 
しかしながらAIにはクライアントさんとセラピストの潜在意識が共鳴し合うセラピーは出来ません。だってAIは心+體(からだ)=潜在意識を持ってないから。 
有機体でなくば潜在意識は持てません。
それを加味したセッションを行うならば、生き残る人もいるでしょう。
 
 
また
あなたが愛する人を愛しむ眼差しは、
AIには出来ません。
あなたが心を込めた料理の味と温もりは出せません。
あなたが真心をのせた言葉は語れません。
あなたが相手を思いやる触れ方のようには触れられません。
あなたが真意から
その人を知りたい、
と思って聴くようには聞けません。
 
 
 
しかしあなたなら(人間なら)
一目見ただけで、
特定の人の鼓動を高鳴らせることが出来る。
 
お母さん、お父さん、おばあちゃん、おじいちゃんには、この味は敵わない、あの味がもう一度食べたい、と言わせられる。
 
ただ ありがとう、の一言で誰かの人生を変える力を持っている。
 
あなたが触れてくれたから、
安心する…誰かがいる。
 
あなたが聴いてくれたから、
わたしはまた生きることが出来る。
 
 
それを産む違いは何か。
 
それは行動に心が込められているか
あなたの真心があり、それを相手にも自分にも直向きに向けていて、
あなたが本物になれているか、いないか。

 
 
 
 
セルフレジやらネットやらありますが、
なんか居心地の良くて、美味しいお茶やコーヒーを出す店なら行きませんか?
下町に杵で毎日亭主がつく餅屋さんのお餅はやはり機械つきの餅とは味が全く違います。
あのカウンターのある居酒屋の店主に話を聞いてもらうと明日もやる氣になる、そして美味くて常連もなんだか氣心しれて誰かに逢える店。
  
 
履歴データを分析して同じようなものばかりを、おススメしてくるアマゾンより  
わたしなら自分では思いもしなかったコーディネートを提案してくれる お店を選びたい。
 
 
この音色を聴くと、心が落ち着き澄んでくるのは奏者が本物で、パンフルートの魅力を、自分自身を、あるがままに受け入れ一体化して音色を引き出している本物だから。
>>>本物の音色はこちら
(過去記事「傷ついているからこそ出せる音色がある」)
 
 

そうする為には、
どんな仕事をするにせよ、
いや仕事をするらば、

先ずは自分の本当の望みを知る。
そして自分が何を持ってこの世に体現したいこと、自分にも相手にも望んでいること、それは何かを知る。
大切なあなた自身の想いを理解する。

その上で、それが実現するよう、
覚悟を持って、日々自分を鍛錬する。
 
 
また、心や感性は大切ですが、
同時に勉強も同じくらい大切だと言うことです。暗記はAIから聞けばいいから覚えなくていい、ラリホッホー♬的な浅い意見を言う方がいますが、良く考えてください。
 
あなたが何かの知識を覚えておかなきゃ その存在が認知されてないからそれらを活用する発想、閃きが出来ませんよ。
ある程度は暗記のパートナーにしていくのはありでしょうが、=自分は覚えなくていい、ではないです。
 
 
そもそも自分が完成してる、完璧、
なんて くだらない見栄や空威張りで、
成長を止めたくないし、
わたしは自分の知らない世界をもっと見てみたいと思います。
わからないことはわからないと言える人、
そして素直に他者に教えを請える人が本当に強い人だと思います。
 
 
 
ですから、
あの人はホンマもんや
と言われる人は一様に
 
まだまだ分からんことばかり
何十年続けてきてようやくわかり始めたかと思ったらまた発見があった、
だからやめられない、面白い。
まだまだ挑戦です。
 
と言うようなことを一様におっしゃる。
そして腰が低く、謙虚な方が多い。
だって自分は”まだまだ知らない”と言う
無知の知を一番理解しているから。
 
わたしは無知の知を理解すること、
これがその道のプロフェッショナルとしての最低限の姿勢だと思います。
そうではないと対峙する対象者、対象物に、偏見の目を持たず、ただただ純粋な好奇心を持って向き合えないからです。
 
 
 
飽きずに粘り強く、
未知な部分に好奇心を持って感心と関心を寄せることが出来、
それを飽きずに続けていかれること、
これがあなたの使命かどうかの一つの判断材料になると言えるでしょう。
 
 
 
あなたはどうでしょうか。
何に関心がありますか? 
 
何ならば、
情熱を持って続けていけるでしょうか。 もし知りたい、と感じたのなら一緒にあなたの潜在意識の奥底にある本当の自分自身に聴きに行きましょう。
きっと、あなたを待っている力強いあなたがいる筈です。
 
 

 

・ おすすめ記事 ・

━━━━━━━━━━━━━━━

しっぽフリフリ人氣記事一覧は   >> こちら!

しっぽフリフリ記事テーマ一覧は >>こちら!

 

「セラピストあらた」から あなたに

しっぽフリフリメッセージ>>こちら!

 

セッションをご検討の あなたへ

しっぽフリフリHP>> こちら!

 

・ 各メニューご案内 ・

━━━━━━━━━━━━━━━

「生きる力を取り戻したい」 あなたには

わんわん心理セラピーの詳細は>>こちら!

 

「本当の自分に還りたい」 あなたには

わんわん自己回帰セッションの詳細は>>こちら!

 

 

をしたいなら、基本の訓練として
虫を捕まえると良いです。

素手で、虫網は良くない。
チョウとかトンボ。
トンボが一番よろしい。



わたしは幼稚園児の頃のシジミチョウに
始まり、虫取りのあらた、と呼ばれるぐらいに熱心で上手でした。
小学生になってからはトンボ専門だったな。1日で100匹以上捕まえたことがあります。テントをトンボだらけにしてびっくりさせたい悪戯の為に…。(友人のびっくり顔よりテントからトンボを全部追い出す作業の方が大変だった…自業自得の高原の思い出)


昔は東京にもトンボがたくさんまだいて、バブルが始まる、まだ大人も氣づいていない最初の最初の頃、一斉に空を埋め尽くして消えていきました。

小学生の高学年だったわたしは、
そのトンボの異変に、ああ、今年でお別れだ、トンボは東京から消える…
そう思ったのを覚えています。
今でもあの空は忘れられない。
スマホの写真では残しても忘れてしまったでしょう、心の中の映像だから、
今もはっきり覚えてる。
今年もほんの僅かしか飛んでないです。




トンボはね、目が360度あるから、
素手で捕まえるのは自分を消して
自然の風景になりつつ、トンボと息を揃えて共鳴しないと捕まえられません。
トンボと呼吸があう瞬間、
それが捕まえられる瞬間です。
沢山捕まえてると、あ!、と分かる瞬間がある。これはセッション中のクライエントさんとの共鳴にとても良く似ている。
クライエントさんの感情の波にあっという間に包まれて繋がる時、
意味も理由も分からないけれど、
ただただ、ああ、
この想いがあなたが今感じること、
感じなくては進めないこと、なんだな、と。


最初にこの感覚を自分でもはっきり知覚したのは、セラピストになる前でしたが。
お子さまを亡くされた方の話を聴いていた時。その天に召された子がお母さんを包み込んできた時でした。赤ちゃんが、でも男の子で、お母さんを守る想いは漢だったな。そんなのは、たまにね。亡くなられた方がこちらにアクセスするのはかなり大変なことで。全員が来る訳ではなくて。


でも、トンボを無心に捕るような、
これはクライエント(カウンセリングとも書いてるから敢えてこちらのクライエントと表現しましょうか)さんに対して、
評価も指示もしない、そのままのその人を受け入れ受容する態度となんら変わらない。潜在意識を使ったクライエント中心主義から始まる人間性心理学の心理療法の基本姿勢です。
だから、他人のカウンセリングや先生のカウンセリングを観て勉強出来ること、そるは声がけの仕方や言葉の選び方の方法論で、そちらばかりしても、ね。
また勉強、勉強、学びって言ってる人は
そちらばかりの感じは否めません。マニュアルだけじゃ、ね。オープンカウンセリングでもノート片手に必死で、とかね。
改めて心屋さん系のオープンカウンセリングの感想の記事を読んでびっくりしましたが。既に亜流のゲシュタルトどころじゃないね、パールズに怒られる。
申し訳ないですが、どんな達人も30分では核心なんかつけません。スピードはクライエントさんが決めること。出てくる心も順番はクライエントさんの心が決めること。何を表現するか、何が言いたいか、それはクライエントさんが出す。
それを引き出す役目がカウンセラーやセラピスト。心屋さんのはなんだ、御神体を一方的に言い渡す占い師ですな。
何十年もかけて無視や抑圧してきた核心にすぐつける訳ないじゃない。






そんなんで。

クライエントさんの本音を引き出すカウンセリングや心理療法をするなら、瞑想法やら忍者の修行術のような精神統一の方法(揺らぐ蝋燭の炎を見る、みたいな)ものの方が良いよね。

そう言えば、昔子どもの頃、わたしは親によく勉強しない、と外から鍵をかけて部屋に閉じ込められてたのですが、まあだからと言って勉強なんか大人しくしませんわな。

しかし退屈である、と、何もないから、
細く細く細く糸を上手く解して、飛ばすと軽い繊維になって手の微妙な揺らぎだけで
空中を漂い続けるものが出来上がるんですが、それを3時間ぐらい空中に上手く漂わせるという遊びに一時期ハマっておりました。集中してみてないと極細繊維になってるからチリと同じで見失うからまー、無駄な集中力はつきました。
こんなの本当良い訓練になります。

今振り返って脳の仕組みとかから見ればトンボ採りと同じくような脳波に至るものだからセッションをする上で役に立ってます。

結論はだから人生無駄はない…ではなく、
五感を使って手を使い、體全体で共鳴していくことが、潜在意識の世界と親しくなる一歩。潜在意識と顕在意識を共にバランス良くすることが、幸福を感じる体質になるので、現代人は潜在意識を忘れてるので必要なことです。


その真逆はスマホや電子機器でございます。スマホは脳が動かず、五感も働かない。姿勢悪くなる。體はきちんとした骨格に整って始めて全身が使え、コアが動き出します。

だからやたらSNSを多用してたり、家事が疎かな(家事はきちんとやれば五感の訓練に良いですから)施術者は多分カウンセリングもセラピーもヒーリングも出来てないですよ。スマホに使われず、こちらがスマホを使わないとね。
あとねぇ、スマホは視覚優位で、現代人や現代社会は視覚ばかりを優先しやすい。
視覚と言語は嘘をつきやすい。

體を使わないと。
そして触感、嗅覚、聴覚、こちらを働かせることがバランスのよい體と心を作りますよ。




 

・ おすすめ記事 ・


しっぽフリフリ人氣記事一覧は   >> こちら!

しっぽフリフリ記事テーマ一覧は >>こちら!

 

「セラピストあらた」から あなたに

しっぽフリフリメッセージ>>こちら!

 

セッションをご検討の あなたへ

しっぽフリフリHP>> こちら!


━━━━━━━━━━━━━━━

・ 各メニューご案内 ・

━━━━━━━━━━━━━━━

「生きる力を取り戻したい」 あなたには

わんわん心理セラピー 詳細は>>こちら!

 

「本当の自分に還りたい」 あなたには

わんわん自己回帰セッション 詳細は>>こちら!

 

 

世知辛い世の中ではありますが、

見知らぬ方に親切にされると
その人も誰かに親切にしたくなる傾向が
データからも出ています。


世知辛い世の中だからこそ、

わたしたちが今、出来ることを、
小さな一歩を、
それぞれが踏み出すことなのだ、
と思うのです。

例えば、誰かに席を譲る、
恥ずかしいかもしれませんが、
笑顔で譲る方に笑い掛けてみてください。
そうしたら
少しやりやすくなりますよ。

また、あなたも誰かに笑い掛ける、
という、あなたにとって
悦ばしいことが実行出来ます。

わたしは今日電車で見知らぬ赤ちゃんと
いないないバーで遊び、
目が不自由な方を洋菓子店に案内しました。目の不自由な方へは、
お手伝いしましょうか?
そう声がけして、はい、と言われたら
その方がやりやすい形を伺うのがコツ。
👇

と思うならば、あの人の素直さを
見習い、なるのだ、と、
決めて行動しなさい。


あの人、にはなれません。

しかし、あの人の素直さを見習い、学び、
先人を行くあの人へ敬意を持ち、
自分も、あの人を手本に、
同じように、人に対して素直になるのだ、と覚悟を決めて、実直に努力することは可能です。


あの人みたいになれたら、出来たら、

ではなく、その部分はなるのだ、と
決めて、行動する。

だって、誰か、になることは出来ないですが、あの人の様に振る舞う態度、は学習することが可能だから、です。
素晴らしい、と思うなら、見習えば良いじゃないですか。


ただ今までしたことがないだけ。
ならば教えてくれる方に素直に頭を下げて、教えを乞い、繰り返し、やるのみ。 

それは人間関係、コミニケーション、何かの勉強、洗濯、技術、歩き方から考え方、テニスやらのスポーツ、ピアノ、どんなことも変わりません。



だからコミニケーションの技術だって、
人に心を閉ざして生きてきたなら、心豊かに他人に開いた態度の人間関係の作り方を、今から学びながら実行し、失敗したら訂正し、自分なりのステップアップをしていくのみ。
これこそが自分だけのバンジージャンプです。


あの人、がいたなら、
また、それをした方がいいかもね、
と忠告やアドバイスがあったなら、

それを受けて、なるほど…
それは素敵だ、憧れちゃう、
ならば決めてください。
あの様な技術を自分もしてみよう、と。

ただ羨ましい、と指を加えて羨むのは子どものすることと変わらないですよ。
自己啓発や心理セミナーなどで、
決めたらいい、とか言いますが、
本来の決める、覚悟を持つ、とは、
あの人を手本に自分も素直に行動することを挑戦すると決める、これを指します。

ちょっとズレたセミナーや解釈では、
わたしは貢がれちゃう人、わたしお姫様、とか自分自身の在り方の前提を先ず決めちゃいなさい、なんでしょうかね。


しかしそれは冷静な外部から見たら、
単なる痛い人、です。


貢がれちゃうようになりたい、なら、
やはり上手に甘えていて、かつ、甘えられた人が、されたことで前向きな精神状態になる甘え方、をしている人の甘える技術を手本にし、その技術に磨きをかけていこう。
そしてまた、自分が、この人になら甘えたい、と尊敬出来る人を探す努力をする、と決める、ことが貢がれたい人になる為の決意でしょう。

あ、甘えと依存は似て非なるものですから、甘えは愛される人になりたいなら獲得する技術としては必須項目です。
ただし、素直、これもなかなか難解ですが、甘えも難題です。自分に真の自信がないと出来ないので…。


だから巡り巡って最初の話に戻りますが


いきなり社長やら、
有名人やら、何か業績を上げる人やら
なんでも良いけど、
それになるなら難しいなとは思います。
運も素質もあるでしょう。


でも、自分自身をあるがままに受け入れ、
成長する努力過程の中で自分自身に誇りや自信を持つこと、これは誰でも可能です。
心に傷を持ち、そういう風な勉強をしてこなかった、出来なかった人、はいます。
しかしいつからでも傷を癒し、勉強することは可能に決まっているじゃないですか。

世界中ランキングの甘え選手権ゴールドメダリストになって世界中の人に上手く甘えまくる、これはなかなか難しいですが、

自分に自信を持つ中で、自分にとって大切なあの人、の前でなら甘えることは、それは誰にでも努力次第でやれる筈だし、そう言う関係を持つことこそ生きていて良かった、と思える要素の一つなのだから。
誰しも生きていて嬉しい、温かい、そう思うことは生命としての権利です。
どうか自分にそんなチャンスを与えてあげてください。その為には怖いこともあるだろうけど勇氣をだし、努力しようよ。


(ま、それと、
なれるもの、となれないもの、
それを冷静に見極めたいものですね)


 

・ おすすめ記事 ・

しっぽフリフリ人氣記事一覧は   >> こちら!

しっぽフリフリ記事テーマ一覧は >>こちら!

 

「セラピストあらた」から あなたに

しっぽフリフリメッセージ>>こちら!

 

セッションをご検討の あなたへ

しっぽフリフリHP>> こちら!━━━━━━━━━━━━━━━

・ 各メニューご案内 ・

━━━━━━━━━━━━━━━

「生きる力を取り戻したい」 あなたには

わんわん心理セラピー 詳細は>>こちら!

 

「本当の自分に還りたい」 あなたには

わんわん自己回帰セッション 詳細は>>こちら!