しあわせになる帝王学*大阪

東洋の智慧・算命学から
人生観が深まる学びをお伝えします。


テーマ:

変剋律(へんこくりつ)

生涯の中で大運天中殺に遭遇しない場合に
準大運天中殺といわれる『変剋律』を使います。



<定義>
大運で回ってくる干支が二連・三連と異常干支が続く
異常干支1つは該当しません。
大運天中殺と変剋律が重なっている場合は大運天中殺を優先します。

異常干支はこちら

*命式に異常干支がある→大運の異常干支のあいだは異常性がなくなり普通になる。
*命式に異常干支がない→大運の異常干支のあいだに異常性を発揮する。

※異常性は良さが出ると天才と言われ、悪さが出るとただの変人と言われる。
  天才も変人も異常性があるということ。凡人は普通だから凡人。



<現象>
変剋律に入ってからの5年間に精神的に苦しみがあれば
そこから才能を発揮して陽転していきます。
入口で精神面をきたえられたかどうかが肝心です。
(入口で精神をきたえ強い意志を身につけておかないと
ささいなことで気持ちが揺れて自ら波乱を増やしやすくなる。)
清算はへ剋律があけてからの5年間で。

大運天中殺の場合は入ってからの5年間で現実的にきたえられると陽転。
そして出口前の5年間で元の枠に戻して清算する必要があります。
変剋律と大運天中殺は陽転すると
才能発揮の枠が大きいという点では似ていますが構造はまったく違います。

大運日座天中殺(甲戌・乙亥)は大運天中殺現象としてみます。

陽転→自分の感性が脚光を浴びる・新しい才能が開花する・現実面でも良さが出る




----------------------

★解釈例
辛 己 庚
酉 卯 寅

(子丑天中殺)

7歳 戊寅
17歳 丁丑 大天
27歳 丙子 大天
37歳 乙亥 変剋律(日座大天)
47歳 甲戌 変剋律(日座大天)
57歳 癸酉
67歳 壬申

命式に異常干支はありません。
日座の大運天中殺は大天現象としてみます。
17歳からの大天は自立しきれているのどうか個人差がある頃として、
27歳から本格的に運勢が稼働し52歳頃まで才能が伸びます。
57歳頃から才能が途切れて通常。(普通人感覚に憧れるようになるなど)

----------------------


もし大運の干支と命式のあいだで大半会が成立するとより強く異常性が出ます。
変剋律は移動しません。

大運天中殺・変剋律をみることで、
人生の中で才能を思いっきり発揮出来る期間を探り出せますが
陽転条件に沿っているかどうかによって伸び方に個人差があります。
(変剋律もない場合は四季運を使って大運を見ます。)

また、変剋律も命式や条件によって細かく型が分かれています。
参考までに。



にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

朱音 恵美子(rain)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。