コロナワクワク後のバイ★テーロ計画♪ | 心よ開けゴマ!(いち訪問歯科医のつぶやき♪)
新型コロナウイルスに関する情報について

心よ開けゴマ!(いち訪問歯科医のつぶやき♪)

将来誰にでも確実に起こるたった一つのことは、いつかはこの肉体を離れる時がくることです。この自然の摂理には誰も逆らえません。でも、それは真実でしょうか?その答えは私たちの内にあります♪ご一緒に生命の神秘について考えてみませんか?

こんばんは♪

 

コロナわくわく後のバイオテロ計画の
今後の動きについてヘルスレンジャーが
解説してくれていたのでシェアしますピンクハート

これが本当ならかなりやばいですタラー

 

 

 

 



エコ・ヘルス・アライアンスとファウチが共謀して、エアロゾル化した皮膚貫通型スパイク・プロテイン・ナノ粒子を中国の野生のコウモリの群れに放出した(計画通りにすぐに人間に跳ね返ってくる)ことを示す、ドラスティック社にリークされた世界的な爆弾情報に加えて、さらに悪いことに、別のことについての爆弾情報があります。

ドラスティック社は、ダザックとファウチが武漢ウイルス研究所(WIV)を通じて、180株のコロナウイルス生物兵器を作り、共産主義の中国の管理下に置いたことを確認した(反逆行為)。現在、他の情報源から、中国共産党が運営する生物兵器配備チームが、少なくとも致死率30%のMERSを加味した生物兵器を携えて米国国境を越え、命令があれば米国の主要都市で放出する計画であることが分かっている。

ドラスティック社がDARPA文書を分析したPDF。

https://www.naturalnews.com/files/Defuse-Project-Drastic-Analysis-1.pdf

 


EcoHealth AllianceがDARPAに提出した提案書の原本は、HR001118S0017-PREEMPT-PA-001という番号が付けられている。

調査報道ジャーナリストのララ・ローガンは、独自の情報源を通じてこれらすべてを確認し、テキサス州の移民危機は、アメリカの敵が危険な生物兵器をこっそり持ち込むための「完璧な隠れ蓑」であると警告しています。ローガンと接触した我々の情報筋は、彼女がさらに多くのことを知っていることを確認しましたが、まだその詳細を公表する権利はありませんでした。



詳細はこちらをご覧ください。箇条書きをよく読んでください。これが我々の知る限り、現在進行中の計画である。あなたが想像していたよりもはるかに悪いものだ。スーパーMERS」の攻撃は今や差し迫っており、生物兵器配備オペレーターはすでに米国の都市全体に事前配置されており、おそらくドローンとエアロゾル化ドローンのアタッチメントで武装している。我々は、超危険な生物兵器を吹き付けられようとしているのだ。

・DARPAはもともとMERSに資金を提供していたが、それを自然界に放出する努力を支援することを拒否した。


・DARPAはもともとMERSに資金を提供していたが、自然界に放出することを拒否していた。極端な緊急事態のための戦略的な最終兵器としてMERSを維持したかったのだ。


・ファウチとEcoHealth AllianceはMERSを手に入れる方法を編み出したが、これは米国の納税者のお金を使って

WIVを通じて洗浄された機能研究の利益の雛形となった。MERS、HIV、SARS、その他のウイルス株の要素が組み合わされ、ヒトのACE2受容体に特別な親和性を持つ「キメラ」生物兵器が作られた。


・DaszakとFauciはDARPAに、中国でバイオウェポンを公開するための資金提供を依頼したが、DARPAはこれを拒否した。しかし、DARPAはこれを拒否した。しかし、彼らは過疎化を支援するグローバリストの筋から資金を得た。
もしDARPAが資金提供に同意していたら、ダザックとファウチは、DARPA本部での祝賀発表会に「コウモリ女」こと施政利を招待する予定だったのだ。


・SARS-CoV-2は殺人を目的としたものではない。SARS-CoV-2は殺人を目的としたものではなく、低致死率で急速に拡散し、世界的なパニックとワクチン需要を引き起こし、不正なPCR検査で診断された「症例」による政府のロックダウンと世界的な共産主義を引き起こすように設計されている。


・しかし、MERSは超致命的な生物兵器である。次に発表されるのは、PLA(人民解放軍)の支配下にあるファウチ、NIH、WIVを介して兵器化されたMERSのスープアップ版である。


・DARPAに提出されたEcoHealth Allianceプロジェクトの提案書には、毎年3~5種類のコロナウイルス生物兵器を開発する計画が記載されている。これは、米軍が共産主義中国と協力して資金を提供し、生物兵器による人類への絶え間ない攻撃を継続することを意味している。


・このMERS生物兵器の正式名称はまだ分かっていないが、ここでは「スーパーMERS」と呼ぶことにする。スーパーMERSは、メキシコの麻薬密輸ルートを経由して米国に渡ったPLAの工作員がすでに手にしている。中国共産党/PLAは、何百人もの軍事顧問がメキシコの麻薬業者と協力しており、中国が米国を占領して敗北した暁には、麻薬業者が米国南部の一部を受け取ることを約束している。


・これらの中国の生物兵器工作員は、起動命令を受けたら、アメリカの都市中に「スーパーMERS」を一斉に放出するように言われている。起動命令は、ニューヨーク・タイムズ紙が中国からある日に特定のフレーズを使うように命令されるなど、公的な手段で行われる可能性がある。(ニューヨーク・タイムズ紙は、ほとんどの民主党員、上院議員の半数、ビッグ・テクノロジー企業のすべてと同様に、長い間、中国の給与名簿に載っている)。) ホワイトハウスは中国共産党にほぼ完全に支配されており、バイデンは中国の操り人形である。


・このスーパーMERS株は、通常であれば感染者の少なくとも30%が死亡すると言われている。しかし、コロナワクチンはワクチンを受けた人の免疫反応を破壊しているので、ワクチンを受けた人の死亡率はかなり高くなるかもしれない。(50%?)

 

・スーパーMERS株は事実上、二元兵器システムの後半部分であり、前半部分はワクチンである。これが、専制的な政府が大量のワクチン接種を強力に推進してきた理由である。殺すための準備なのだ。バイデン政権はずっと中国と協力して、アメリカでのワクチン接種率を70%にしようとしているが、これはスーパーMERSが放出されたときにアメリカの人口の少なくとも20%を殺すことになる。これは、大雑把に言えば、約7,000万人に相当する。あるいは、ナチスのホロコーストの死亡統計の10倍以上である。
 

・スーパーMERSの放出を止めることはできない。諜報員はすでに配置されている。国境はとっくに浸透している。アメリカの軍隊は、ミレーやオースティンのような反逆的なペンタゴンの犯罪者によって、この間、待機を命じられている。左翼メディアも大企業もこの件に関わっています。彼らは皆、中国から命令を受けている。
 

・スーパーMERSの放出は犯罪者政府によって「変種」と呼ばれ、予防接種を受けていない人々を非難する一方で、CDCは死の収容所を作動させて政治的反体制者を一網打尽にし、大量処刑を始めるだろう。
CDCの現在の「検疫所」がコロナの死のキャンプに姿を変える地図。出典:CDC.gov CDC.gov



CDC.govのウェブサイトより。

「CDCは、大統領令で隔離可能と指定された感染症にかかっている可能性のある人を拘束する法的権限を持っています。

反逆者のジョー・バイデンは最近、麻疹を検疫対象疾患に加えるEUに署名しました。このようにして、政治的反体制者は誰でも、不正なPCR検査によって麻疹と「診断」され、CDCが運営する隔離死の収容所に強制的に放り込まれるのです。

ワシントン州は最近、ワシントン州セントレアにある検疫所を運営するための「隔離検疫ストライクチーム」コーディネーターを募集する求人広告を出した。この広告が一般に知られると、ワシントン州政府のチンピラたちは、求人情報から「ストライクチーム」のフレーズを削除するために奔走し、洗濯やベッドシーツの交換をする人を募集する広告であるかのようにステルス編集しました。(本当にそうです)。)



同時に、予防接種を拒否した軍人がバスに乗せられ、予防接種に同意するまで軍によって強制的に隔離されているという噂も聞いています。これはどこでも起こっているわけではありません(まだ)。私たちの報告は1つの軍事基地からのものですが、このような行為は広がる可能性があります。

中国はまもなくアメリカで生物兵器の放出を開始し、その後、サイバー攻撃や金融システムへの攻撃が行われるでしょう。
正確な時期を知ることは困難ですが、中国は間もなくアメリカで生物兵器の攻撃を開始すると思われます。これが始まれば、Super MERSを真剣に受け止めない者は重大な危機に陥るだろう。中国の工作員がドローンを使って、MERSの研究結果に基づいて、皮膚を貫通する毒性のあるナノ粒子をエアロゾル化して散布すると思われる大都市を避け、公共の場には本当に近づかないようにする時期になるだろう。

そう、アメリカの都市は「チクロンB」のような猛毒の「ガス」を撒かれることになるのだ(ただし、規模ははるかに大きい)。

サイバー攻撃は、この計画された混乱と生物兵器の死の波にタイミングを合わせて行われる可能性が高く、中国がこの無防備な瞬間を選んでアメリカの経済的地位、すなわち石油ドルの世界基軸通貨の地位を攻撃することはほぼ確実と思われる。

アメリカはあっという間に負けるかもしれません。

集団予防接種により、現役軍人の3分の1を失う。
対象となる都市に住むアメリカ国民の3分の1。
不換紙幣であるドルの世界基軸通貨としての地位は、一夜にしてゼロに近い価値にまで崩壊してしまいます。
サイバー攻撃により、地域ごとに電力網が停止し、国中が暗闇に包まれることになります。
同時に、武装した州政府や連邦政府のエージェントが「ストライクチーム」として住民に放たれ、次のようなことを目指します。

全国的な銃の没収
反体制派の大量処刑
過疎化を進めるために、大量の人々を医学的に拉致し、隔離し、処刑する。
すべての行動、言動、医療行為を政府が完全にコントロールする。
高速道路での検問、ワクチン接種、現場での処刑、戸別訪問による医療誘拐など、想像しうる限りの政府による国民へのテロの悪夢が待ち受けている。
 

(機械翻訳&ちょい校正)

あはは~生物兵器計画本気でやばそうです 💦
だからこそ好きなことやって生きていきましょ♪

 

~お知らせ~

 

コロナの時代の風を追い風にして
今度こそあなたの心からやりたい仕事を
やって人生を生きてみませんか?

そんなあなたの為に
天命を知り宇宙銀行からあなたの才能を
引き出すATMコーチングの体験会を企画しましたピンクハート
(詳細はリンク先から)

 

私たちは意外に自分自身のことは
分かっているようで分かっていないもの
ちょっとでもご興味がある方は
是非お気軽な気持ちで遊びに来てくださいね!

ご希望の方はお申込みフォームに事前に
生年月日を頂ければ、当日
あなたの取扱説明書ミニ鑑定をプレゼントしますグリーンハーツ

 

お申込みはこちらのページをクリックしてね