ゲイツさんの発言を追えは次の動きがわかる? | 心よ開けゴマ!(いち訪問歯科医のつぶやき♪)
新型コロナウイルスに関する情報について

心よ開けゴマ!(いち訪問歯科医のつぶやき♪)

将来誰にでも確実に起こるたった一つのことは、いつかはこの肉体を離れる時がくることです。この自然の摂理には誰も逆らえません。でも、それは真実でしょうか?その答えは私たちの内にあります♪ご一緒に生命の神秘について考えてみませんか?

こんにちは😃

今日は息子に弁当を作ったら

まさかの今日弁当要らない。。。😅

だって。。。とほほ💦

 

 

まあ!夜旦那にでも食べて貰おうかしらん(笑)

 

所で、ビルゲイツさんは最近こんな事を

ブログで書いていたらしいです💕

 

これから起こることは、彼の

発言を追いかけると分かる?

 

 

 

特に、私たちがすべきことは科学とイノベーションが道を切り開く。今年の排出量の減少幅が比較的小さかったことから、ひとつはっきりしたことがあります。

 

 

それは、飛行機や車の利用を減らすだけでは、あるいはほとんどの場合、ゼロエミッションを達成できないということです。もちろん、私のように余裕のある人にとっては、節約することは良いことだと思います。 また、パンデミックが終わった後も、多くの人が出張の代わりにテレビ会議を利用すると思います。

 

しかし、全体的に見れば、世界はより多くのエネルギーを使うべきであり、クリーンである限り、エネルギーを減らすべきではありません。 つまり、新型コロナウイルスに対する新しい検査、治療、ワクチンが必要なように、気候変動に対抗するための新しいツールが必要なのです。

 

すなわち、電気を生産し、物を作り、食料を育て、建物を冷やしたり温めたりして、人や物を世界中に移動させるためのゼロカーボンの方法です。また、世界の最貧層の人々(その多くは零細農家)が予測困難な気候に適応できるよう、新しい種子やその他のイノベーションが必要です。 

 

気候変動に包括的に対応するためには、さまざまな分野の知識を活用する必要があります。気候科学は、なぜこの問題に取り組まなければならないのかを教えてくれますが、どのように取り組めばよいのかは教えてくれません。そのためには、生物学、化学、物理学、政治学、経済学、工学、その他の科学が必要となります。

 

貧しい国でも解決策が使えるようにする。 COVID-19が世界の最貧層の人々にどのような影響を与えるのか、まだ正確には分かっていませんが、このプロジェクトが終わる頃には、彼らが最悪の事態に陥っているのではないかと心配しています。気候変動についても同様です。世界で最も貧しい人々が最も被害を受けることになります。

 

気候が死亡率に与える影響を考えてみましょう。 Climate Impact Labが最近発表した研究によると、気候変動によって世界全体の死亡率は上昇するものの、全体の平均値では富裕国と貧困国の間に大きな格差があることが明らかになっています。 特に、赤道付近や赤道直下の貧しい国では、気候変動によって死亡率が劇的に上昇します。

 

経済的なパターンも同様で、世界のGDPはわずかに減少しますが、より暑くて貧しい国では大幅に減少します。 言い換えれば、気候変動の影響はほぼ確実にCOVID-19よりも厳しいものになり、その原因を最も作っていない人々にとって最悪のものとなるでしょう。この問題に最も貢献している国は、この問題を解決するために努力する責任があります。

 

また、クリーンなエネルギー源は、低・中所得国が購入できるほど安価である必要があります。 これらの国々は、工場やコールセンターを建設することで経済成長を目指していますが、この成長の原動力が、現在最も経済的な選択肢である化石燃料であれば、ゼロエミッションを達成するのはさらに難しくなります。

 

 コロナウイルスのワクチンが開発されれば、GAVIのような組織が世界の最貧層の人々にワクチンが行き渡るように準備をします。しかし、クリーンエネルギーのGAVIはありません。 だからこそ、世界中の政府、発明家、起業家は、開発途上国が必要とするだけでなく、余裕を持って購入できるほど、グリーンテクノロジーを安価に提供することに注力する必要があります。 

 

今から始めましょう。来年にはワクチンが完成すると思われる新型コロナウイルスとは異なり、気候変動には2年で解決する方法はありません。必要なクリーンエネルギーの発明をすべて開発し、普及させるには何十年もかかるでしょう。 私たちは、気候災害を回避するための計画を立てる必要があります。

 

それは、現在あるゼロカーボンツールを使用し、まだ必要な多くのイノベーションを開発・展開し、すでに固定化されている気温上昇に適応するために、最も貧しい人々を支援することです。最近はCOVID-19の開発にほとんどの時間を割いていますが、有望な新しいクリーンエネルギー技術に投資したり、世界中で技術革新を促進するためのプログラムを構築したり、気候変動の最悪の影響を抑えるためのソリューションに投資する必要があることを訴えたりしています。 

 

一部の政府や民間投資家は、ゼロエミッションを実現するための資金や政策を提供していますが、さらに多くの政府や民間投資家に参加してもらう必要があります。そして、COVID-19と同じような緊急性を持って行動する必要があります。 医療関係者は何年も前から、パンデミックは事実上避けられないものだと言ってきました。

 

世界は十分な準備をせず、今は失われた時間を取り戻そうとしているのです。これは、気候変動に対する警告であり、より良いアプローチを示しています。今から始めて、科学とイノベーションの力を活用し、解決策が最も貧しい人々のために機能するようにすれば、気候変動で同じ過ちを犯すことは避けられるはずです。

 

(機械翻訳ちょっとだけ校正です)