アフターコロナの世界は?(byヘルスレンジャー) | 心よ開けゴマ!(いち訪問歯科医のつぶやき♪)
新型コロナウイルスに関する情報について

心よ開けゴマ!(いち訪問歯科医のつぶやき♪)

将来誰にでも確実に起こるたった一つのことは、いつかはこの肉体を離れる時がくることです。この自然の摂理には誰も逆らえません。でも、それは真実でしょうか?その答えは私たちの内にあります♪ご一緒に生命の神秘について考えてみませんか?

こんばんはラブラブ

ナチュラルニュースのヘルスレンジャーの
現時点でのワクチン接種の人類への影響と
未来への展望を紹介するね。。。ビックリマーク

 



こんな話すると陰謀論者って言われちゃうかな・・・
まあこれが陰謀論かどうかはあと
2~3年もすれば明らかになって来るでしょうビックリマーク

それまでは、まるで映画みたいなこの状況を
楽しみましょうキラキラジタバタしたって
始まりませんからね。。。

 

私達はどの道今ここにしかいられない!
だから、何であろうと今ここでの
地球観光を遊び尽くすラブラブ

結局はそんな感じで良いんじゃないかなアップ

だけど、まあワクチンに関しては
コツコツと自分なりに伝え続けるグリーンハート
それは大事かもしれないですねラブラブ

 

 

 

アフターコロナの世界は文明が
持続可能な位市民は生き残るのか?

 

 

 

 

ワクチンによるホロコーストは、今や世界中で大量の犠牲者を出し始めており、アメリカをはじめとする多くの国でワクチン接種後の死亡者数が急増しています。最近のVAERSのデータでは、ワクチンを接種したアメリカ人の1日あたりの死亡者数は70人となっており、VAERSの報告を信頼できる形で予測するには、実際の数字にするためにこれを約40倍にする必要があります。これにより、ワクチンによる1日の死亡者数は、米国だけで2,800人となります。

現在、世界の人口は79億人です。。。

世界人口の約43%が少なくとも1回はコロナのワクチンを接種している。
つまり、これまでに約34億人がワクチンを接種したことになります。

これらのワクチンによって、世界中で何百万人もの人々が亡くなっているのでしょうか?単なる仮説の域を超えて、医師や看護師、健康専門家たちが続々と報告しているのが、主に病院で起きている大量のワクチン後の死亡事例です。例を挙げてみましょう。



病院の医師、看護師、管理者が公然と共謀して、ワクチンを受けていない人々を大量に殺害し、ワクチンを受けた人々の死を隠蔽していることから、病院はプランデミックの「殺戮の場」と呼ばれています。



病院では、ワクチンによる死亡者数をできるだけ長く隠すために、ワクチンによる死亡を隠蔽していることが広く知られています。これは、「コヴィド」による入院者数を偽装することで、「国民を怖がらせる」ことを目的とした病院の努力と同時に行われています。

犯罪者である病院や反逆者であるバイデン政権が、現在行われているワクチンの大虐殺を隠蔽しようと最善の努力をしているにもかかわらず、ワクチンによる死亡者数は急増しています。



また、ワクチンを接種した女性の間では、ある種のガンが2000%も増加しています。



一方、ワクチン接種率が80%以上のイスラエルでは、新規感染者、入院者、死亡者が非常に多く、ワクチンの失敗例として目立っています。

同様に、アメリカで最もワクチン接種率の高い州であるバーモント州(接種率88%)では、コロナの患者数が記録的に急増しています。


ワクチンの接種率が高いところでは、すぐにコロナの「症例」や「入院」、「死亡」が発生します。ワクチンがパンデミックの原因であり、ワクチンに挿入されたスパイクタンパクが負傷者や死亡者を出していることは明らかです。

この人類に対する犯罪を阻止するまでに、世界でどれだけの人が亡くなるのだろうか。
世界中ですでに34億人がワクチン接種を受けていることから、「人口減少注射の長期的な影響で何人が死亡するのか」という当然の疑問が出てきます。

これらの「ワクチン」は、世界的な過疎化を達成するために設計されていることを忘れてはならない。様々な生物学的メカニズムによってそれを実現しています。

血栓や心臓発作で人が死ぬ(血管効果)。
血栓や心臓発作で人を殺す(血管効果)、がんや自己免疫疾患の発生率を高めることで人を殺す。
赤ちゃんを中絶し、長期的な不妊症を引き起こす。
スパイクタンパク質の毒性を持つナノ粒子を他人に流し、ジャブを受けていない人にも病気や死をもたらす。
神経系を攻撃し、認知障害を引き起こす。
これらの影響を調査した医学専門家は、現在、ワクチンを接種した人の長期死亡率を10%から70%と推定しています。つまり、現在のワクチン接種のデータを基にすると、3億4,000万人から23億8,000万人の人々がワクチンによって死亡すると予想されます。

これは、今すぐにワクチンを中止した場合の話です。(でも、止まっていません。)

現在、毎日約3,000万人分のワクチンが新たに接種されています(OurWorldInData.org)。これらの多くは2回目の接種であるため、この数字には新たに1回目の接種を受けた人は含まれていません。同じデータソースによると、少なくとも1回のワクチンを接種した人の約90%が2回目のワクチンも接種しています。(同じデータソースによると、少なくとも1回のワクチンを受けた人の約90%が2回目のワクチンも受けています(つまり、ワクチンを受ける人は、1回だけではなく2回受ける傾向にあります)。)

ワクチンメーカーのデータも含め、広く公開されている医学研究によると、ワクチンによる副作用や死亡は、2回目の接種で急激に増加することが明らかになっています。1回目の接種で死亡する人がいる一方で、2回目の接種では重篤な合併症を引き起こし、怪我や死亡のリスクが高まる傾向にあります。

このように、毎日約3,000万人の人々が「リスク階層」を上昇させており、そのほとんどが低リスク(1回接種)のカテゴリーから高リスク(2回接種)のカテゴリーへと移行しています。

ワクチンを接種した人のうち、わずか10%の人が最終的にスパイクタンパクの注射で死亡するとすると、世界的なワクチン推進活動によって、毎日、最終的に約300万人が新たに殺害されていることになります。これは低めに見積もった場合の数字です。死亡率が50%であれば、毎日の殺人者数は約1,500万人となり、これは第二次世界大戦中に第三帝国が行ったホロコーストの人的被害総額の2倍以上に相当します。

ワクチンを接種した人のうち、わずか10%の人がスパイク状のタンパク質の注射によって最終的に死亡するとすると、世界的なワクチン推進活動によって、毎日、約300万人の人が新たに殺害されていることになります。これは低めに見積もった場合の数字です。死亡率が50%であれば、毎日の殺人者数は約1,500万人となり、これは第二次世界大戦中に第三帝国が行ったホロコーストの人的被害総額の2倍以上に相当します。

繰り返しになりますが、今この瞬間にも、世界的なワクチン・イニシアチブによって、1日に「2つのホロコースト」が達成されていることは十分に考えられます。しかし、実際の数字は、ワクチンによる傷害や死亡の全容が明らかになるまでわかりません。完全に解明されるには何年もかかるでしょう。

人類に対するコロナワクチンの戦争で数十億人の犠牲者が出る?
私たちは、グローバリストのワクチン推進は、最終的に50億人もの人々に、少なくとも1回の生物兵器スパイク・プロテイン・ジャブを注射することになると推定している。

犠牲者の割合が10%から70%であることから、理論的には5億人から35億人の人々が世界的に死亡すると考えられます。

私は、ワクチン生物兵器の真実を明らかにすることで、世界の死者を10億人程度に抑えられるのではないかと期待していますが、それはあまりにも楽観的すぎるかもしれません。世界の死者数は10億人を大きく上回り、最悪の場合は20億人、30億人に迫る可能性も十分にあるのです。

Paul Cottrell博士は、このような死が完全に実現するには10年かかるかもしれないと説明しています。これは、ADEの性質と、ワクチンで破壊された免疫システムを回避する新しいワクチン抵抗性の亜種が出現するまでの時間によるのです。

Brighteon.com/e53f0d21-6c10-48b5-a364-1d455011337f



つまり、すぐに10億人以上の死者が出ることはないかもしれませんが、1918年のスペイン風邪の流行のように、ワクチンを接種した人の間にも野生型のウイルスが蔓延する可能性があるとコットレル博士は言います。

ワクチンによる死亡者数は、経済破綻、飢饉、戦争による死亡者数とは別である。
もう一つ気になるのは、グローバリストが人類に対して戦争を仕掛けるために利用している手段は、兵器化されたワクチンだけではないということです。積極的に進められている他の形態は次の通りです。

テラフォーミング(大気中のCO2を吸収し、世界の食糧生産を崩壊させる
人工飢饉(食料供給の兵器化/不足)。
化学物質への暴露(農薬、フッ化物、食品包装中のホルモン撹乱物質
生態系の崩壊(農作物の流出、乱獲、大豆栽培のための熱帯雨林の破壊、遺伝子組み換え作物、その他
経済的崩壊(通貨の崩壊、債務爆弾の爆発、強制的なロックダウン、懲罰的な課税、不換紙幣の印刷
文化の崩壊(教会、家族、理性、法の支配への攻撃
サイバー戦争(電力網、通信などへの攻撃
これらをまとめると、人類に対するワクチン戦争は、大量の飢餓、病気、困窮、暴力、戦争につながりやすい、より大規模な過疎化攻撃の一部に過ぎないことが明らかになります。

このような事態による犠牲者の総数はまったく不明ですが、すべての生物は生き延びるために食料、水、住居を必要とするため、これらの供給が武器化されたり不足したりすると、すべての人間の生命が危険にさらされる可能性があります。79億人の人間が。

ところで、反逆者のジョー・バイデンは、モノクローナル抗体を赤道直下の州に限定することを発表しましたが、これは政敵に対して、命を救う医療を拒否するという事実上の戦争行為を宣言したことになります。これは、保守的なアメリカに対する公然たる戦争であり、人類を憎むグローバリスト(およびバイデンのような彼らの操り人形)が、あらゆる手段を使って大量絶滅を達成するために、本当にあらゆる手段を講じるという事実を明確にしています。

従って、唯一の合理的な結論は、79億人の生きている人間は、様々な手段で絶滅の危機に瀕しているということである。生物兵器、経済破綻、飢餓、地球工学と気象兵器化、地政学的戦争などなど。

文明を再建するのに十分な知識やノウハウは生き残れるのか?
文明を再建するのに十分な人間が生き残れるのかという、この記事の第一の疑問に対しては、正直に「本当にわからない」と答えるしかありません。

人類が18世紀の世界に突入し、過去2世紀以上にわたって獲得してきた多くのものを失うことなく、文明が生き残るかどうかはわかりません。

さらに、私には人類文明の完全な消滅がグローバリストの目標のように見えます。

彼らは、ポストヒューマンの未来のために地球を準備しているのです。人類が持続可能な形で存在するための計画は一切ありません。だからこそ、彼らは「科学」や「医学」、さらには「政府」そのものの信頼性を危険にさらそうとも気にしないのだ。彼らの計画が成功すれば、生きている人は誰もいなくなります。

18世紀の世界に突入し、過去2世紀以上にわたって獲得してきた多くのものを失うことなく、人類の文明がこれを乗り切れるかどうかはわかりません。

さらに、私には人類文明の完全な消滅がグローバリストの目標のように見えます。

彼らは、ポストヒューマンの未来のために地球を準備しているのです。人類が持続可能な形で存在するための計画は一切ありません。だからこそ、彼らは「科学」や「医学」、さらには「政府」そのものの信頼性を危険にさらそうとも気にしないのだ。彼らの計画が成功すれば、生きている人は誰もいなくなります。

彼らを止めることができるように祈りましょう。そのためには、署名活動やリンクの共有だけでは不十分であることを忘れないでください。人類の未来のために、遺伝子組み換え注射は避けましょう。

 

(翻訳抜粋しました)

 

~お知らせ~

 

コロナの時代の風を追い風にして
今度こそあなたの心からやりたい仕事を
やって人生を生きてみませんか?

そんなあなたの為に
天命を知り宇宙銀行からあなたの才能を
引き出すATMコーチングの体験会を企画しましたピンクハート
(詳細はリンク先から)

 

私たちは意外に自分自身のことは
分かっているようで分かっていないもの
ちょっとでもご興味がある方は
是非お気軽な気持ちで遊びに来てくださいね!

ご希望の方はお申込みフォームに事前に
生年月日を頂ければ、当日
あなたの取扱説明書ミニ鑑定をプレゼントしますグリーンハーツ

 

お申込みはこちらのページをクリックしてね