㈱フロイデ 1級ピアノ調律技能士T(田中)の日記

㈱フロイデ 1級ピアノ調律技能士T(田中)の日記

このページでは、福島県郡山市久留米にある㈱フロイデの調律師Tこと田中が、日々の出来事(調律、ピアノ修理、その他の出来事)を紹介いたします。

昨日は娘の保育のために午後からお休み音譜
一緒に須賀川にある「かもめ舎」へ↓普通の住宅地内の一軒家みたいですが、お惣菜やお弁当も販売していますニコニコ
今回来た目的はこちら、イチゴ練乳のかき氷↓甘すぎずすっきりした味ラブラブ!天気も良かったため、2人でお外で食べましたキラキラ
それから公園に行ったりお買い物したり…私自身も一緒に楽しんでました得意げ
なるべく自分の休みで何もないときは娘との時間を大切にしたいですニコニコしかし、普段は妻が一緒で、妻が娘に厳しい分私はけっこう甘やかしてしまいまして…汗将来ちゃんと娘を叱ることが出来るか、今から心配してますガーンしっかりしつけてくれる妻に感謝です♪

気持ちもリフレッシュしたところで…

今日はシュバイツァスタインのアップライトピアノ「SS131ANC」の張弦!中音は玉作りと千鳥掛けの組み合わせで3本の弦にしているため、20本近く玉作りをし↓


千鳥掛けとは1本の弦をヒッチピンから折り返し2本にして張る方法(青↓)、玉作り(赤↓)と合わせて3本にして、一つの音を構成します↓このような張り方は非常に珍しいです。
そして中音全て張り終わりましたクラッカー
高音は昨日Iに張ってもらっていました↓高音は普通のピアノと同じく全ての弦が千鳥掛け↓
張力が弱い状態でプレッシャーバーを取り付け↓分解前の高さに合わせてネジを締めていきます黄色い花
明日はベース弦を張る前準備&ベース弦張りから仕上げまで…完成させます!

それにしても、大分日が伸びましたね~晴れ18:30でこの明るさ↓
日中は暑いですが、夕方から涼しく過ごしやすいです♪しばらくこのぐらいの気候が続いてくれると嬉しいです得意げ

お問い合わせは
㈱フロイデ ピアノプラザ
TEL 0120-027-101 まで!
福島県郡山市にある本店を中心に、東北・関東広範囲に回ってます!
ヤマハ・カワイからスタインウェイやベーゼンドルファーのような輸入ピアノのクリーニングからオーバーホールまで…何でもご相談下さい!
「100年ふくしま。」でご紹介されました!こちらをクリック♪ 

vol.053 フロイデピアノプラザ 調律師 田中直輝さん|100年ふくしま。フロイデピアノプラザ郡山店の店長、田中直輝さんは調律師でもあります。調律とは、音程を整えること。音を整えるために音の裏側を聴く。ただきれいにするのではなく、音の幅を広げていく。日々ピアノの音に向き合っています。リンク100年ふくしま。


今日の午前中は、まずT先生のお宅へニコニコ塗装の修復が完了した鍵盤蓋をお届けにあがりました。
調整後の状態をとてもお気に召して頂いた様子で…「夢のようなピアノ」とおっしゃって頂き、本当に嬉しかったです!これからも宜しくお願い致します♪

そしてその後郡山市内のH様のお宅へ(^-^)ピアノはヤマハの「C2X」!
鍵盤調整や整音等々、何とか時間ギリギリまで使って調整しましたキラキラ
そしてすぐに本宮のT様宅へ!ピアノはヤマハのアップライトピアノ「UX300」!90年後半に生産された、最後のX支柱の年式のピアノ得意げ2000年以降はヤマハはX支柱を生産してないので…
最近はなかなか年式の新しいX支柱は入荷しないですあせるこれからも大切に使って頂けると嬉しいです!

会社に戻り、先日響板塗装が終わった「シュバイツァスタイン」のマスキングを剥がし↓綺麗になりましたキラキラ
それからフレームを乗せ、取り付けネジを締めていきます↓
明日からIと張弦に入りますグー

そして昨日今日でこちらのヤマハの木目調X支柱アップライトピアノ「W311WnC」の調整が完了しましたクラッカー
久々にインスタグラムで動画をアップしましたので、是非こちらもご覧下さい♪ 

フロイデ ピアノプラザ on Instagram: “㈱フロイデ ピアノプラザ 調律師Tです!久々にインスタグラムに登場😁 今日ようやくヤマハのアップライトピアノ「W311WnC」の調整が終わりましたので、久々に自分で弾いた動画をアップします。…”3 Likes, 0 Comments - フロイデ ピアノプラザ (@freude_pianoplaza) on Instagram: “㈱フロイデ ピアノプラザ 調律師Tです!久々にインスタグラムに登場😁 今日ようやくヤマハのアップライトピアノ「W311WnC」の調整が終わりましたので、久々に自分で弾いた動画をアップします。…”リンクInstagram

 

ジムノペティは本当に久々に弾きました汗この曲は前半は夕暮れ時をイメージしたかのような、幻想的なメロディなのですが、後半からの不安を掻き立てるような、ちょっと不気味な感じのメロディが苦手で(私個人の感想です。。)…しばらく封印してましたしょぼん演奏における指示は(Lent et douloureux)訳すと「ゆっくりと苦しみをもって」ガーン…う~ん。。

インスタグラムにアップするのも、以前インスタグラムでアップした動画の音が歪んで聞こえることが続いたため、しばらく封印してたのですが、今回はなかなかいい感じで再生出来ましたチョキ

録画した動画を普通に再生すると全く問題ないのに、アップすると歪むのはどうしてなのでしょう…?ちょっと研究する必要がありますね♪



お問い合わせは
㈱フロイデ ピアノプラザ
TEL 0120-027-101 まで!
福島県郡山市にある本店を中心に、東北・関東広範囲に回ってます!
ヤマハ・カワイからスタインウェイやベーゼンドルファーのような輸入ピアノのクリーニングからオーバーホールまで…何でもご相談下さい!
「100年ふくしま。」でご紹介されました!こちらをクリック♪ 

vol.053 フロイデピアノプラザ 調律師 田中直輝さん|100年ふくしま。フロイデピアノプラザ郡山店の店長、田中直輝さんは調律師でもあります。調律とは、音程を整えること。音を整えるために音の裏側を聴く。ただきれいにするのではなく、音の幅を広げていく。日々ピアノの音に向き合っています。リンク100年ふくしま。


今日は午前中はいわきのK様のピアノ「UX」の調律↓
1975年~1980年に生産していた、最も初期のX支柱のピアノですが、ボディの鳴りが物凄くいいんですよね♪最近はコロナの影響でお家にいる時間が長くなり、弾く時間も多かったのも影響していると思いますニコニコ
調整後に演奏して頂いたのですが、とても美しい音色で嬉しかったでした(^-^)またお伺い出来る日を楽しみにしてます!

午後からは同じくいわき市内でヤマハのアップライトピアノ「U3M」の調律↓
こちらも80年前半の、材質のいいピアノです♪一生懸命弾いて下さっている様子でした!これからも頑張って下さいねチューリップ赤

そして夕方から久々に小野町へ…そして久々の「ボストン」のグランドピアノ↓なかなか触る機会のないピアノです♪
スタインウェイが設計したピアノです↓
ベース弦の銅線がニューヨークスタインウェイの弦と同じ「メイプス社」であること、低張力に設定されていること、フレンジの形状等々正にスタインウェイ同様の設計です得意げ
弦の振動がボディに伝わる感じが確かにスタインウェイのよう…一度オーバーホールしてみたいピアノの一つです♪

昨日は相馬、今日はいわきと行きましたが、天気も良く、気温もちょっと暑いくらいの気候でした晴れこの時期の外回りは本当に気持ちいいですね~黄色い花
明日はお休みの予定でしたが、どうしても終わらせなければならない事務処理と、少しだけ残っている「W311」の調整を終わらせなければ…

お問い合わせは
㈱フロイデ ピアノプラザ
TEL 0120-027-101 まで!
福島県郡山市にある本店を中心に、東北・関東広範囲に回ってます!
ヤマハ・カワイからスタインウェイやベーゼンドルファーのような輸入ピアノのクリーニングからオーバーホールまで…何でもご相談下さい!
「100年ふくしま。」でご紹介されました!こちらをクリック♪ 

vol.053 フロイデピアノプラザ 調律師 田中直輝さん|100年ふくしま。フロイデピアノプラザ郡山店の店長、田中直輝さんは調律師でもあります。調律とは、音程を整えること。音を整えるために音の裏側を聴く。ただきれいにするのではなく、音の幅を広げていく。日々ピアノの音に向き合っています。リンク100年ふくしま。


今日の午前中は郡山市のお客様宅へニコニコ数年振りの調律となるということで、私が行くことになったのですが…何と、ヤマハの「ドロップアクション」のピアノ↓高さは100cmに満たないピアノですが…
そのためアクションは鍵盤よりも下の位置に設置されていますえっ鍵盤の後ろにウィッペンとの接続のためのワイヤーがあり↓
下前板を外して覗くと、ここで先程のワイヤーと接続しており、鍵盤を押すとウィッペンを引っ張り上げる作りになっております!う~ん、静止画ではなかなか説明が難しいので動画を撮ればよかった汗
アクション機能の様々な箇所だけてはなく、弦やチューニングピンの錆びも酷く…修理する場合はオーバーホールとなるため金額的にもかなり高くなってしまうため、お客様とご相談し、買い換えることとなりましたニコニコ
技術者として、修復そのものはやってみたい気もしますが…今後のことを考えると、買い換えたほうがお客様にとってベストな選択だと思いました黄色い花全てお任せ頂き、本当に有り難うございました!

そして午後からは何ヵ月振りかの相馬市へ…現在霊山から相馬まで無料の高速道路が開通したため以前よりスムーズに行けます流れ星途中寄ることが出来た松川浦の景色ですが、海の近くで育った私は、海を見ると心踊ります音譜
そしてI様宅のピアノ、カワイの「KL11KF」の調律↓
こちらのピアノは昨年10月の台風にて下部のみ浸水したため、お預かりして分解や洗浄、乾燥を行ったピアノです。
張力の低下が大きかったため一度下律(全体の張力をざっとあげるための調律)をしてからの調律でしたが、ひとまず弦が切れなかったため一安心得意げ
他の箇所も今後様子を見ながら変化するかを見ていきますが、まず第一歩はクリアしたため、これから先もおそらく大丈夫ではないかな…?と思いますニコニコ
それにしても、川からけっこう離れているうえにお客様のお宅も高床なのに浸水してしまうなんて…自然の恐ろしさを実感しました。。

そして会社に戻ると、先日修理を終えたシュバイツァスタインの響板が塗装されている途中で↓
埃や虫がつかないようビニールをかけて一晩乾かします↓


お問い合わせは
㈱フロイデ ピアノプラザ
TEL 0120-027-101 まで!
福島県郡山市にある本店を中心に、東北・関東広範囲に回ってます!
ヤマハ・カワイからスタインウェイやベーゼンドルファーのような輸入ピアノのクリーニングからオーバーホールまで…何でもご相談下さい!
「100年ふくしま。」でご紹介されました!こちらをクリック♪ 

vol.053 フロイデピアノプラザ 調律師 田中直輝さん|100年ふくしま。フロイデピアノプラザ郡山店の店長、田中直輝さんは調律師でもあります。調律とは、音程を整えること。音を整えるために音の裏側を聴く。ただきれいにするのではなく、音の幅を広げていく。日々ピアノの音に向き合っています。リンク100年ふくしま。


今日も月末の事務処理に追われながらのお仕事ショック!
まずは明日お店から搬出されるカワイのグランドピアノ「CA40」の最終チェック↓
こちらは何と熊本に納品されます!自分では調整に行くことの出来ないところなので、念入りに点検しましたニコニコ
そしてヤマハの木目のX支柱のアップライトピアノ「W311WnC(1989年製)」の調整を行い…
6/6(土)からのセールにて、¥850,000(税別)にて販売しますキラキラ
猫脚↓
下前板の美しいデザイン↓
真ん中のペダルはグランドピアノと同じく「ソステヌート」になっているため、弱音器はレバーで操作します↓
そしてX支柱↓
現行品ではX支柱がないうえに、木目のX支柱はかなり珍しいのでお勧めのピアノ♪音も素晴らしく良くなりそう星今日中に調整を終わらせたかったのですが、あと僅か調整を残してしまい…残念汗明日明後日はほぼ外でお仕事のため、続きは(水)か(木)…何とかそこで仕上げます!
ちなみに明日は相馬へ行きます得意げすごい久しぶりです♪

お問い合わせは
㈱フロイデ ピアノプラザ
TEL 0120-027-101 まで!
福島県郡山市にある本店を中心に、東北・関東広範囲に回ってます!
ヤマハ・カワイからスタインウェイやベーゼンドルファーのような輸入ピアノのクリーニングからオーバーホールまで…何でもご相談下さい!
「100年ふくしま。」でご紹介されました!こちらをクリック♪ 

vol.053 フロイデピアノプラザ 調律師 田中直輝さん|100年ふくしま。フロイデピアノプラザ郡山店の店長、田中直輝さんは調律師でもあります。調律とは、音程を整えること。音を整えるために音の裏側を聴く。ただきれいにするのではなく、音の幅を広げていく。日々ピアノの音に向き合っています。リンク100年ふくしま。


今日は私自身は月末の事務処理に終われていまして…そちらをやりながら、合間の時間で、明日には外装が完成するヤマハのアップライトピアノ「W311」のハンマー走りを直してましたニコニコ
そしてこちらはIに任せている「シュバイツァスタイン」の響板修理ですが、昨日接着剤を流し込み圧着した響板と響棒はしっかりくっついてました
響板は青↑の板、響棒は黄色↓のバーです。響棒は、響板のクラウン(反り)を作ったり、響板の木目に対して垂直になっているため響板が伝達出来ない方向に振動を伝えたり…という役割があります得意げシュバイツァスタインのピアノには、年式によってこの響棒に切り込みを入れて、響棒そのものの空気との接触面積を増やす…といった役割を持たせたピアノもあります。
ボルトを取って穴を埋め木し↓
表面の割れを埋めたら裏面の割れも埋め↓
削って均します↓
あとはニスを剥離してからさらに削って均し、その後塗装となります。今度の(金)辺りから張弦はスタートの予定です♪

お問い合わせは
㈱フロイデ ピアノプラザ
TEL 0120-027-101 まで!
福島県郡山市にある本店を中心に、東北・関東広範囲に回ってます!
ヤマハ・カワイからスタインウェイやベーゼンドルファーのような輸入ピアノのクリーニングからオーバーホールまで…何でもご相談下さい!
「100年ふくしま。」でご紹介されました!こちらをクリック♪ 

vol.053 フロイデピアノプラザ 調律師 田中直輝さん|100年ふくしま。フロイデピアノプラザ郡山店の店長、田中直輝さんは調律師でもあります。調律とは、音程を整えること。音を整えるために音の裏側を聴く。ただきれいにするのではなく、音の幅を広げていく。日々ピアノの音に向き合っています。リンク100年ふくしま。


今日の午前中は鏡石でニコニコいつもお世話になっているH先生のお嬢様、B様のお宅のアップライトピアノの調律↓
先生にもお会い出来ました♪先生もB様もお嬢様達も久々にお会いしましたが、みんなお元気そうで本当によかったでしたキラキラ年に1、2回調律にお伺いし、お客様の元気なお顔を見ると、本当に嬉しいですね黄色い花
午後からは郡山にて、長年お世話になっているK様のピアノ「UX」の調律↓
娘の話題で盛り上がり、とても楽しかったです♪

そして会社に戻り、分解して1週間乾燥させた「シュバイツァスタイン」のアップライトピアノの響板・響棒剥がれの直し得意げ
埋め木と同じ太さのドリル刃にて響板を貫通させ↓
響板と響棒の隙間に接着剤を流し込み、両面からボルトで圧着↓
正確には響板から響棒が剥がれるのではなく、響棒から響板が剥がれ、割れを境に段差が出来ます。そのためその段差をなくすべく響棒と接着させてから響板割れを直します。
一晩おけば接着剤は乾きますので、明日は響板割れと貫通穴の埋め木を行いますニコニコ

そして今日は「福島民友」と「読売新聞」に折り込まれている小雑誌の記事「もっと知りたい ゆうな人」に、100年ふくしまの記事が掲載されました!
午前中お伺い致しましたB様、H先生にもご覧頂き、色々お褒めの言葉を頂き…得意げ照れてしまいましたが、とても嬉しかったです♪

お問い合わせは
㈱フロイデ ピアノプラザ
TEL 0120-027-101 まで!
福島県郡山市にある本店を中心に、東北・関東広範囲に回ってます!
ヤマハ・カワイからスタインウェイやベーゼンドルファーのような輸入ピアノのクリーニングからオーバーホールまで…何でもご相談下さい!
「100年ふくしま。」でご紹介されました!こちらをクリック♪ 

vol.053 フロイデピアノプラザ 調律師 田中直輝さん|100年ふくしま。フロイデピアノプラザ郡山店の店長、田中直輝さんは調律師でもあります。調律とは、音程を整えること。音を整えるために音の裏側を聴く。ただきれいにするのではなく、音の幅を広げていく。日々ピアノの音に向き合っています。リンク100年ふくしま。

 

一昨日(火)は会津若松にてお仕事でしたニコニコ
途中で通りかかった、いかにも会津らしい感じの「宮泉」の酒造所↓
午前中はカワイの小型木目調ピアノの調律↓
午後からヤマハの「U7H」↓
1970年代の優れたピアノで、譜面台が皮張り↓
しかも最高音まで使用されたアグラフ↓
現在の国産アップライトでは、この総アグラフはもうないですね得意げ70年、80年代は本当に素晴らしいピアノが多いです♪

お二人とも長年私がお世話になっているお客様で、このような時でもお任せ下さり、本当に感謝です!これからも末永く、お願い致します黄色い花

さて、明日の福島民友(新聞)の「ふくしまゆう」にて、先日取材して頂いた「100年福島」が掲載されます♪100年福島のホームページには以前から載せて頂いていたのですが、ちょっとした事情にて掲載のリンクを貼れず…すみませんでしたあせる

vol.053 フロイデピアノプラザ 調律師 田中直輝さん|100年ふくしま。フロイデピアノプラザ郡山店の店長、田中直輝さんは調律師でもあります。調律とは、音程を整えること。音を整えるために音の裏側を聴く。ただきれいにするのではなく、音の幅を広げていく。日々ピアノの音に向き合っています。リンク100年ふくしま。

 

是非ご覧下さい!


お問い合わせは
㈱フロイデ ピアノプラザ
TEL 0120-027-101 まで!
福島県郡山市にある本店を中心に、東北・関東広範囲に回ってます!
ヤマハ・カワイからスタインウェイやベーゼンドルファーのような輸入ピアノのクリーニングからオーバーホールまで…何でもご相談下さい!
昨日はお預かりのヤマハのアップライトピアノ「No2」の木口削りの微調整からニコニコ
このようなちょっとの曲がりも↓
ちゃんと真っ直ぐに↓
そしてポストワイヤーの錆びが酷いので↓
磨いて綺麗に↓
筬のネジは新しいものに交換しました↓元のネジがけっこう折れてしまいましたし、折れなくても元のネジはちょっと不安なので…
あとは鍵盤上面をバフ掛けしてもらったら、鍵盤関係の修理は完了となります。あとはウィッペンのスプーンを磨いたら、ようやく調整に入れますチューリップ赤

そして今日は1日栃木県でお仕事でした得意げ
午前中は那須塩原のM様のピアノ、ヤマハ「W106」↓
X支柱と肩を並べるヤマハアップライトピアノの上位機種ニコニコ本体の鳴りが素晴らしくいいです♪
お嬢様達に「来てくれてありがとう!」と言われ、とても嬉しかったですニコニコ帰りがけに聞こえてきた「鬼滅の刃」の曲「紅蓮華」の演奏も素敵でしたキラキラ
午後からは矢板市のN様のピアノ「YUS1」↓
お嬢様のお友達がいらっしゃると、「すごくいい音!」と誉めて下さると聞き、嬉しかったです♪
こちらのピアノはほぼ新品ではありましたが、調整から整音まで全てやり直し、ポテンシャルを最大限引き出して納品させて頂いています。元々現在の「YUSシリーズ」は、フルコンと同じハンマーを使用している等非常に材質もいいため、ちゃんとした調整さえ行えば素晴らしいピアノになります。元がいいからこそこれだけ素晴らしい音が出せるんですね\(^^)/
そして夕方は宇都宮市のK様のチェコ製「ペトロフ」のグランドピアノ↓半年前に新品で納品しております得意げ
こちらも新品ではありますが、調整と整音をしっかりやり直しているため、ペトロフらしい伸びと透明感のある素敵な音色キラキラ今回もお任せ頂き有り難うございます!

調整というのはあくまでも「素材の純度を上げる」ものであり、調整だけでそのピアノの個体が持っている実力以上のものを引き出すことは出来ません。しかし、元々のポテンシャルがあるピアノは純度の高い状態から美しい音を引き出すことが出来ます。その音色の美しさを知ることが、この仕事の最大の魅力だと私は思っていますニコニコ

今日は栃木県内で徐々に南下コース。直接宇都宮まではけっこう距離がありますが、少しずつだとそんなに苦に思わないですね♪
日中は暑く、夜は涼しくも若干むわっとする感じの湿度を感じます。家の周りは田んぼが多いですが、帰り道蛙が大合唱を始めています。「夏が来たなぁ…」と感じますねカエル
現在もマスクを着けてお客様と接していますが、暑くなってくると顔が蒸れてけっこう辛いです汗
緊急事態宣言が全国的に解除され、まずは一安心…といったところですが、まだまだ油断は出来ません。。第二波に備えつつ、日常を戻しつつ…コロナとうまく付き合っていける日が来るといいですね(^-^)

お問い合わせは
㈱フロイデ ピアノプラザ
TEL 0120-027-101 まで!
福島県郡山市にある本店を中心に、東北・関東広範囲に回ってます!
ヤマハ・カワイからスタインウェイやベーゼンドルファーのような輸入ピアノのクリーニングからオーバーホールまで…何でもご相談下さい!
昨日の午前中向山先生に演奏して頂き、動画を作成しました♪
先月から始めた「コロナに負けるな!ピアノで応援」企画で、毎月何か1曲ずつ様々なピアノを使ってアップしていきます音譜
今回はドビュッシーの「ベルガマスク組曲 Ⅱ メヌエット」
をお楽しみ下さい!ブログの読者ならもちろんお分かりでしょうけど、私も大好きな曲です…♪

そして午後から郡山市内でカワイのアップライトピアノの調律↓
終わってから、Iに任せている「シュバイツァスタイン」のアップライトピアノの弦交換の下準備のお手伝いニコニコ弦を外し、チューニングピンを抜いた状態のフレームのベアリングを↓
綺麗に磨きあげますキラキラ
そしてフレーム止めネジを外し、フレームを外します↓
そしてフレームを外した本体↓
響板がひび割れを起こしているため↓
しばらく乾燥させてから割れを補修します↓ピン板を痛めないようピン板だけ避けてブルーシートで覆い、中で乾燥機をかけ1週間ぐらい放置得意げ
広がりきった状態で割れを埋めていきますチューリップ赤特に今は湿度が高いため、現状に合わせてそのまま直すと乾燥期にまた割れが広がってしまうので…

そして今日は納品を控えたカワイのアップライトピアノのアクション修理!まずこのような汚れを落とすところから↓

そしてファイリング!左半分が終わった後です♪
そしてHと一緒にセンターピンを交換し…あとの調整はHにお願いし、私は久々にお預かりのヤマハのアップライトピアノの修理!以前貼り直した象牙のはみ出した膠を↓
ある程度除去↓
そして先日貼りつけ・ある程度の削りまで終わった木口の削り↓
現物に合わせて真っ直ぐか確認↓
明日もこの続きを行い、鍵盤修理を完了させます!


福島は緊急事態宣言もようやく解除され、少しずつですが活気が戻りつつあるように感じられます。最近はお店でマスクやアルコールジェル等販売されているお店も増えてきて、少し安心しています。
現在お休みしている郡山店・福島店のピアノ教室も来月から再スタート得意げ1日も早く「いつもの日常」に戻ってくれることを祈ってます。

お問い合わせは
㈱フロイデ ピアノプラザ
TEL 0120-027-101 まで!
福島県郡山市にある本店を中心に、東北・関東広範囲に回ってます!
ヤマハ・カワイからスタインウェイやベーゼンドルファーのような輸入ピアノのクリーニングからオーバーホールまで…何でもご相談下さい!