大橋由佳のぼちぼち日記

担当番組
Fresh Morning OKAYAMA(月・火担当 午前7:30~10:00)
ステーションらんでぶ~(隔週火曜日担当 午後2:40~2:47)


テーマ:

 

中国電力のコーナー、

「エネルギア ちょこっとモーニング」

今朝は、「中国電力の使命」について

お話しいただきました。

 

ゲストは、中国電力岡山支社

広報グループの南條英樹さんでした。

 

中国電力の使命は、

「将来にわたり、質の良い電気を、

 安く、安定して

 お客様にお届けする」ことです。

 

今回、南條さんにお話ししていただいて

初めて知ったのですが、

電気って、貯めておくことができないんですってね。

 

電池や電気自動車は電気をためていますが、

大量の電気をためるには、

技術的にもコスト的にも、

実用化はまだほど遠いそうですよ。

 

ちなみに、電気は、発電所で作られ、

送電線から変電所を経由して、

配電線を通って、

近くの電柱から引込線を使って

家庭に届けられています。

 

発電所で作られた電気が家庭に届くまで、

何と1秒未満なんです!!!!

 

ここで大切なのが、

発電量と消費量の関係です。

 

今使う電気を今作るということは、

発電量と消費量を同じにする必要があるんですって。

 

だから、中国電力では、あらかじめ、

いつ、どれくらいの電気が必要なのか、

季節や曜日、気温、工場の操業予定などを考慮して、

膨大な過去のデータをもとに予測しながら、

最終的にはリアルタイムで使われる量に合わせて

電気を作っているそうですよ。

 

気が遠くなるような作業です。

そして、24時間365日の仕事です。

 

普段、当たり前のように使っている電気。

決して、当たり前のことじゃないんですね。

 

南條さんの話を聞いた日は、

家に帰って電気をつけると感謝するのですが、

一晩寝たら忘れてしまいます。

反省。

 

毎日、感謝の気持ちを忘れずに、

電気を使いますね。

 

 

「エネルギア ちょこっとモーニング」は、

きょうが最終回です。

南條さん、中国電力の皆さん、

ありがとうございました。

AD

テーマ:

 

中国電力のコーナー

「エネルギア ちょこっとモーニング」

今週も中国電力岡山支社広報グループの

南條英樹さんにお話しいただきました。

 

テーマは、「中国電力からのお得な情報」です。

 

昨年4月から始まった

電力の小売り全面自由化に合わせて、

新たな料金メニュー「ぐっとずっと。プラン」が

出来たことをご存知ですか?

 

電気料金を少しでも安くしたい方、

電気をたくさん使う方、

夜や休日に電気をたくさん使う方、

電化住宅に住んでいる方など、

4つのライフスタイルから、

あなたにあったものを選ぶことができます。

 

ぐっとずっと。プランに入会するためには、

会員制WEBサイト「ぐっとずっと。クラブ」に

入会する必要があるのですが、

エネルギアポイントサービスが利用できるので、

とってもお得です。

 

ポイントをためると、いろんな商品や

サービスと交換することができるんです。

 

中国地域の特産品と交換したり、

スーパーで利用できる商品券と交換したり、

カープの試合観戦や応援グッズに交換したり、

天満屋の商品券に交換もできますよ。

 

自分の生活スタイルに合わせたプランを選んで、

ポイントをためて、ほしい商品と交換しましょ。

 

詳しいことは、中国電力のHPをご覧ください。

AD

テーマ:

 

先週から始まった中国電力のコーナー

「エネルギア ちょこっとモーニング」

 

きょうは、

「地域に根差した企業を目指して」と題して、

中国電力の社会貢献への取り組み

ご紹介しました。

 

お話しは、

中国電力岡山支社広報グループの

南條英樹さんでした。

 

中国電力は、

教育支援活動、芸術・文化スポーツ振興、

社会福祉活動など、

様々な分野で社会貢献活動に取り組んでいます。

 

2015年度は、のべ約12,000人の社員の方々が、

社会貢献活動に参加されたそうですよ。

 

教育支援活動の一つに、

「わくわくEスクール」があります。

この活動は、次世代を担う子供たちを対象に、

エネルギーや環境についての

興味や関心を高めてもらうために

行っているものです。

 

地域スポーツ振興への取り組みjとしては、

中国電力陸上部による

「エネルギアランナーズスクール」をしています。

 

広島育ちの私にとって、

中国電力のランナーの皆さんは憧れであり、

身近な存在でした。

そのランナーの皆さんが、

昨年は岡山県総合グラウンドで、

小中学生約130人を対象に

ランニングスクールを開きました。

この中から、

未来のニューイヤー駅伝走者が出てほしい!!

 

スポーツではもう一つ、

中国電力女子卓球部による、

岡山県高体練との強化練習も行われました。

日本卓球リーグ実業団連盟女子1部の選手たちと、

一緒に練習ができるなんて、

高校生たちにとっては夢のようですね。

得るものがたくさんあったはずです。

 

そして、地域文化の向上を目的として、

広島交響楽団による

「エネルギアドリームコンサート」を開いています。

素晴らしい演奏はもちろん、

会場には募金箱を設置して、

地域の社会福祉や文化活動を支援するための

募金も行っています。

 

私も、エネルギアドリームコンサートに行った時には、

この募金をしています。

コンサートを聴いて、感謝の気持ちを募金することで、

誰かの役に立つというのは、

とても嬉しいことです。

 

きょうご紹介した中国電力の社会貢献は、

ほんの一部です。

新聞やHPをチェックすれば、

いろんな活動が分かりますよ。

 

AD

テーマ:

 

今週から4回にわたって、

中国電力のコーナー

「エネルギアちょこっとモーニング」

お届けします。

 

ゲストは、

中国電力岡山支社の

南條英樹さんでした。

 

きょうは「災害に備えて」をテーマに

お話しいただきました。

 

災害が起きたとき、少しでも早い電気の復旧は、

多くの人が望むことですよね。

 

中国電力では、災害対策基本法に基づいて、

防災業務計画を作成するとともに、

自然災害に備えて、

情報連絡や復旧に関する各種マニュアルを定め、

防災体制や資機材の整備を行っています。

もちろん、防災訓練も欠かしません。

 

台風では被害を予測するシステムを導入しているので、

復旧拠点になる待機場所を設置して、

復旧要員を事前に待機させているんです。

これで効率的な復旧作業が行われます。

 

地震は予測することができないので、

発生後の対応になります。

熊本地震では、48万戸が停電になったので、

九州電力からの要請を受けて、

約2000人が応援に駆け付けたそうです。

 

大きな自然災害の直後は、

道路状況が悪いことが多く、

復旧用車両が使えないケースもあるので、

そんな時は、電柱をたてる作業も、

人の力で行うそうです。

 

電気があるのは当たり前、

電気が復旧するのは当たり前と思っていましたが、

そこには、中国電力の皆さんの、

尽力があるんですね。

 

来週は、どんなお話しが聞けるのか楽しみです。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。