大橋由佳のぼちぼち日記

担当番組
Fresh Morning OKAYAMA(月・火担当 午前7:30~10:00)
ステーションらんでぶ~(隔週火曜日担当 午後2:40~2:47)


テーマ:

音楽の扉、ゲストは、

竜馬四重奏のヴァイオリニスト・竜馬さんでした。

 

メジャーデビューアルバム「NEO ZIPANG」を聞いて

「会いたい!!!!」と、思っていたので、

夢がかないました。

 

小さいころから

ヴァイオリンと野球をしていた竜馬さん、

高校進学の際、考えて考えて、

1年浪人したそうです。

 

なかなか高校進学で、

そこまで真剣に悩むことってないですよね。

だからこそ、高校に入ってからは、

”誰にも負けたくない!”と、

わきめもふらず、ヴァイオリン1本でやってきました。

 

竜馬四重奏のメンバーは、竜馬さんのほかに、

津軽三味線の雅克さん、

篠笛の翠さん、鼓の仁さんと、

和楽器だらけ。

 

にもかかわらず、全員がバンド経験者だったので、

ここは出るところ、ここは引くところ、

というふうに、全員が分かっているそうです。

 

これだけの個性的な楽器が合わさっても、

ぶつかり合わずに音を重ねられるのは、

皆さんの技術と経験と人間性があるからなんですね。

 

竜馬四重奏のコンセプトは、

「日本の伝統文化・魂を

   世界に発信していく」です。

 

熱い熱い、竜馬四重奏の演奏、

是非、生で聴いてください!!

全国ツアー「THE LIVE SAMURIZE」

12/1(金)夕方6時半~

西川アイプラザです。

 

来月25日には、

メジャー2ndアルバム

「SAMURIZE」がリリースされます。

待ち遠しい!!!!

 

そして、竜馬さん、岡山マラソンを走ります!!

皆で応援しましょう♪♪♪

 

 

 

 

AD

テーマ:

 

きょうの8時台前半は、

「ハレウッド動画」について、

俳優の前野朋哉さんと、

岡山県広聴広報課の

山田威夫さんにお話しいただきました。

 

岡山県では、

「晴れの国おかやま」というフレーズでPRを行っていて、

最近は天候の良さから

映画のロケ地に選ばれることが多くなっています。

 

その映画のイメージを、

映画の都「ハリウッド」にかけ、

「晴れの国」と合せて

「ハレウッド」としてPRしています。

 

このたび、映画タッチのPR動画ができました。

 

その監督を務めたのが、

俳優の前野朋哉さん。

 

前野さん、もともとは、俳優ではなくて、

映画監督になりたかったんですって。

そして、映画を撮るならゾンビがよかったんですって。

ゾンビは映画を撮る人のあこがれだそうですよ。

 

なぜ????

 

時間がなかったのでその辺は聞けなかったのですが・・・

前の監督の2本の動画、どちらも面白いです!!

どんな展開なの!?と、驚かされます。

 

是非是非、「晴れの国新PR」で検索して、

前野監督ワールドにどっぷりはまってください!!

 

前の監督と山田さんとゾンビ風に撮影。

前野さん、さすがの表現力です。

 

県庁広聴広報課の皆さんも一緒にゾンビ。

やっぱり、前野さんの表現力に脱帽です。

 

こちらは、もう1本の動画、恋バージョンを意識して、

初恋のイメージでパチリ。

みんなの顔が面白い!!

どんな初恋を思い出したのでしょうか?

AD

テーマ:

 

岡山商科大学の皆さんと一緒にお送りする

「Shodai Style」、4回目のゲストは、

岡山商科大学 経営学部 経営学科

箕輪弘嗣 准教授でした。

 

箕輪先生は、

InfoStakeに埋め込まれたQRコード、

もしくはNFCタグを読み込むことで、

スタンプを獲得できる

スタンプラリーアプリを開発しました。

 

難しすぎるよーーーーーー。

 

簡単に言うと、デジタルなスタンプラリー。

新庄村の昔ながらの風景を楽しみながら、

観光地を回り、スマホをかざしてスタンプを集める

スタンプラリーのアプりを開発されたんですよ。

 

スマホをかざすのは、プラスチックの杭。

プラスチック境界杭で業界NO.1の

株式会社リプロが提供してくれたそうですよ。

 

スマホを使った新庄村のスタンプラリー、

はやく実現するといいですね。

 

 

AD

テーマ:

由佳の本棚、

今月は、ノンフィクションをご紹介しました。

 

 

大崎善生 著「聖の青春」は、

29歳の若さで亡くなった棋士の話。

 

病気というのは、

こんなにも理不尽なものかと涙があふれ、

聖の将棋への思いに涙があふれ、

周りの人たちの愛情に涙があふれて、

泣いてばかりの作品でした。

 

全ての苦しみを打開していく

聖の強さを、読んで体感してください。

 

 

 

アントニオ・G・イトゥルベ著

小原京子訳

「アウシュヴィッツの図書館」は、

命の重さについて考えさせられる1冊です。

 

どんなに苦しい状況でも、

人はわずかな光を見つけ出すことができるんだと

思いました。

今がつらい人に、是非、読んでもらいたいです。

二度と繰り返してほしくない歴史です。

 

 

 

葉田甲太 著

「僕たちは世界を変えることができない」では、

カンボジアの現状を知ることができました。

 

私たちは知らないことが多すぎます。

 


テーマ:

 

倉敷市老松中央に誕生する

「サーパス老松中央」について、

サーパス老松中央 プロジェクト準備室の

矢野高浩さんにお話しいただきました。

 

今日は、Aタイプの間取りを見せていただきましたよ。

 

玄関にもお風呂にも窓があって、

キッチンには勝手口があり、

洋間には、ウォークインクローゼットやクローゼット、

廊下にも収納があったりと、

かなり快適に使えそうです。

また、バルコニーにシンクがあるので、

お花の水やりに助かります。

 

また「じぶんメイドサーパス」で、

フローリングやドア、キッチンの扉など、

自分のおkのみに合わせて

色を選ぶこともできるんです。

 

壁紙の変更もOK,

間仕切りの変更もOK、

どんどん自分らしい部屋になりますね。

 

興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-384-335。

または「サーパス老松中央」で検索♪

 

 

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。