こんにちはfrescoです。

今回は前回のオレンジ味の強いヘナ「ナチュラル」にある工程を施術して色味を変えてみます。ナチュラルが好みの方はそのままでも大丈夫です。

前回はこのような感じ。これに「インディゴ」と呼ばれる染料を塗布します。

比較のため右半分に塗布。「ナチュラル」より放置時間は半分の30分です。お客様に塗布する時は、「インディゴ」は刺激が少し強いので保護剤をつけます。

放置後の流した状態です。染色直後はオレンジ色が抑えられていますが、緑味が強いです。インディゴは2、3日にかけて酸化して褐色に変化していきます。

1日置いてお湯で流してドライ。写真だと分かりにくいかもしれませんが、少し色味が落ち着いてきています。

3日後。洗ってドライ。褐色に変化してきています。

インディゴは「ナンバンアイ」と呼ばれるヘナとは別物の植物から採れる染料です。空気に触れて酸化することで藍色に発色します。ヘナのオレンジ色にインディゴブルーを乗せることで褐色になります。髪の質感が変わるまで、色が染まるまでヘナが1時間、インディゴで30分時間がかかりますが、私はヘナ、インディゴのダブルカラーをおすすめします。髪のハリコシが気になる、年齢と共にアルカリカラーが合わなくなる、白髪が気になるけどアルカリカラーに抵抗がある…そのような方はヘナを試してみてはいかがでしょうか?市販でもヘナは購入でき、ご自身でも染めることは可能です。それでも良いと思いますが、仕上がりの髪のハリコシや艶感、色味はヘナを導入されているサロンで施術された方が本来の良さが体感できると思います。サロンに来店するまでの間は、気になる顔周りや分け目だけヘナをセルフでしていただければ良いかな、と思います。