昨日、Facebookの投稿で「アバターと表現」の話をざっと書いてしまったのですが、突き詰めていくと単なる表現の話に留まらない感覚が沸いてきまして、私自身としても考えをひとつひとつ掘り下げながら、改めて書いてみようと思います。えらい長くなったので、考察のきっかけとなった事象の説明から書いていきます。

 

 

【アバターとVチューバー】

きっかけは、朝の情報番組「スッキリ」で放映していたひとコマからでした。「Youtuber」…は、皆さんもうご存知ですかね。ヒカキンさんとかね、うちの息子も大ファンです。そのYoutuberが活躍しているプラットフォームYoutubeで、今新たに人気が急上昇しているのが、「Vチューバー」と呼ばれるキャラクター達なんだそうです。

 

このVチューバー、「バーチャルYouTuber」の略で、「ヒカキンさんみたいに配信活動を行うバーチャルのキャラクターのこと…」と、言ってしまいそうなんですが、実は厳密に言うと「その元になっている配信者」のことを指すのですね。
 
 

つまり、配信されている動画の見た目は2Dや3Dのキャラクターなんですけど、これってそのキャラクターがAI(人工知能)とかで踊ったり喋ったりしているわけではなく、目の前にいるキャラクターは実は「アバター」と呼ばれる被り物みたいなもので、それをリアルタイムで操作している「中の人」が現実に存在するわけなんです。つまりゆるキャラで例えるなら、「ねば~る君」が【アバター】で、着ぐるみを被った「中の人」を【Vチューバー】と呼んでいるんですね。


なので、見た目は若いバーチャルの女の子みたいなキャラクターなんだけど、極端に言えば中の人はその辺のおっさんだったりすることもあるわけです。アニメから飛び出して来たような奇抜な衣装を身にまとった美少女キャラでも、喋ってることは「腹減った」とか「俺、無職」とか、隣の同級生みたいな日常的なことを喋っている者もいたりして(※勿論話す内容は企画によりますよ)初めて観ると多分、架空と現実の交差する不思議な感覚が起こると思います。

 

 

【アバターと現実の容姿のギャップ】

で、説明が長くなりましたがこのVチューバーの話題でね、私が興味を持ったひとコマというのがあるんです。
Vチューバーを体験していたレポーターの方が、現Vチューバーの方に質問をしているシーンでした。
「仮想のキャラクター同士で仲良くなった場合、現実世界で「中の人」に対面した時に、がっかりなんてことは無いのかなー?」 というニュアンスの内容だったんです。
 

 

これどういう意味かと言うと、まずVチューバーの人ってアバターを纏った状態で、ファンや同じVチューバー同士とコミュニケーションをとっていくわけだから、中の人の容姿を知らないままに感情移入したり、仲が深まってしまう事が当たり前のようにあるわけなんです。ねば~る君の「中の人」がどんな容姿なのか私達は知らないけれど、ねば~る君のトークのセンスとか仕草の可愛さとかで、「ねば~る君、今日もまじでその発音サイコー!」とかって感情的にいれ込んでいるわけですよね。

え?私だけ?


中には「中の人」を一切晒さないアイドル的存在もいるわけだけど(ゆるキャラなんかは殆どそう)、今ではオンラインのRPGゲームがあるように、会社の同僚が夜オンライン上で集まって、それぞれのキャラクターに扮し一緒に旅するとかが普通にある時代なわけで、色んなイベントとか交流のケースに於いても、敢えて現実世界の容姿を晒す場合の話をしていたんだと思うんですよね。


その上でこの「現実の容姿を見てがっかりなんてことはないのかな?」っていう際どい質問だったわけです。こういう事ってさ、SNSの世界じゃよくあることじゃないですか。写真で好みだったのに実際に会ってみたら幻滅とかっていう話。それも一種の仮想と現実よね。よくある話。
これに対してその現Vチューバーの方がね、こう答えていたんです。


「んーこないだコミケで中の人に対面した人は
【アバターを変えて来た】って思ったらしいですよー」

(言葉は違うかもしれないけど、このようなニュアンスだった)
 

 

 

【現実の姿もまた「アバター」である】

これね、伝わりますでしょうか…
コミケってコミックマーケットっていう世界最大の同人誌即売会、またの名を「オタクの祭典」とも言われていますが、まぁいいや。そのイベントで普段は美少女キャラとかのアバターで配信活動しているようなVチューバーの方がいたんでしょうね。その生身の姿を見て「アバターを変えて来た」と思ったって言ってるんです。現実世界の容姿のことさえも「アバター」の1つだと捉えているんです。要は生身の肉体でさえも「アバター」だってことだよね。


これってすごい発想だなって思ったんですよ。すごいっていうか、私に今までなかった発想だった。生身の肉体さえアバターであるなら、私達のリアリズムって何?どこにあるんだろう。って考えると、もはやどこで本当の自分で繋がれているかって事の方が大事で、繋がる場所も容姿もそれぞれのギャップも何も関係なくなってきてるんじゃないかって。


つまり仮想空間での繋がりが、現実世界の繋がりと同じくらい、人によっては本質的な繋がりになっていて、それだけ仮想空間でのアイデンティティも互いに受け入れられる時代になってるってことだよね。

***

この発想から私、SNSでの認知活動と現実世界の自分とのギャップ、そして発信や表現についてすごく考えさせられたんです。次回はこの発想から考えた表現についての話をしますね。

 


ちょっとアバターの話、難しかったでしょうか…。哲学の絡みが出てくると普段書き慣れないのでなかなか言葉選びが難しいですが…。私が今回の発言に驚いた背景がニュアンス的に伝われば嬉しいです(^^)

 

※目立つプロモーション7期11月は残1名となりました。そろそろ本気で発信の可能性に取り組みたい方は是非!

 

 

 

////////////////////////////////////////

>講座

■目立つプロモーション【7期11月:東京】
※残1名

http://frelma-movie.com/produce/

広告、映像業界で15年キャリアを積んだ物井が、

外見・写真編集・ライティング指導を通じて、

「目を惹くとは何か」を伝える個別対応型プロデュース講座。
完全マンツーマン、セルフプロデュースコンサル。

■カリキュラム1:世界観の確立
■カリキュラム2:ファッション改革
■カリキュラム3:自撮り改革
■カリキュラム4:アートで世界観構築
■カリキュラム5:ライティング改革
■カリキュラム6:広告企画
■カリキュラム7:動画プロモーション(スマホ)
■カリキュラム8:クリエイティブソフト操作(PC)
■カリキュラム9:行動改革

⇒上記より4項目以上でカスタマイズ。カリキュラム、セッションペース、フォロー期間全てカスタマイズ可能な仕様、価格は完全見積もり制。

日程 : 11月スタート(相談により決定)
場所 : 都内(相談により決定)
条件 : Facebook個別相談を受けた方のみ対象

詳細・お申し込みはこちら

http://frelma-movie.com/produce/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その他の講座・レッスン最新情報はLINE@から。
下記URLより内容をお確かめの上ご登録ください。
http://frelma-movie.com/2017/12/26/lineinfo/