自由な薬剤師KAZUHIROのブログ

当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。
約8年間の大手ドラッグストア、薬局勤務を経て、現在はネットショップを運営と、知人の薬局にて薬剤師として働いております。
ここでの発言は、薬剤師としての良心のもと発信いたしますが、あくまで一個人の見解です。


テーマ:
早いもので9月もあと一週間を残すところとなりましたひらめき電球


更新が飛び飛びになってしまっている当ブログですが、
それでも毎日多くの方にご覧いただき嬉しい限りビックリマーク


まだ新しい職場での新生活が落ち着かないため飛び飛びの更新がもう少し続くかと思いますが、
今後ともよろしくお願いします。


さて、更新が滞っている当ブログですがそれでも毎日多くの方にご覧いただけている…
その理由は「検索」で当ブログにきていただいてる方が多いようひらめき電球


そんな当ブログの検索ワードでも毎日上位にいるひとつが
「ネオシーダー」
です!!


先日のブログでも書いた
「処方箋 有効期限」

当ブログをはじめたことに取り上げた
「風邪薬 栄養ドリンク」
といったものと同様に毎日検索ワード上位にきています。


今日は再度、このネオシーダーについて少し取り上げてみます。


photo:01




ネオシーダーはこちらですアップ


ネオシーダーをご存知ない方のために少し説明を。
(以下、Wikipediaより引用)

ネオシーダーとは、アンターク本舗が1959年から販売しているタバコ風味の咳止め薬で、OTC医薬品(ドラッグストアなどで買える市販薬)である。

タバコのような形状をしており、使用方法もタバコの喫煙方法と全く同じである。また、包装もソフト型のタバコと全く同じであり、使用可能年齢もタバコと同じく20歳以上である。咳を沈め、痰を切る効果があるが、タバコの代用品としては利用できず、これを吸うだけで禁煙できるというわけでもない。1回1-2本、1日10本を目安として利用すること。

微量のニコチンを含有しているため、喫煙習慣の無い人、20歳未満の人などは使用が禁じられている。また禁煙補助剤(ニコレットなど)との併用もなるべく避けること。

以上。


つまりタバコ型の咳止めですひらめき電球



逆を言えば、咳止めではあるのですが微量ではあってもニコチンを含んでおり、つまりはタバコでもあります。


価格は20本入りで約270円前後。

タバコが軒並み値上げされていて、20本入りで400円前後になっている今、このネオシーダーをお金節約のためやタバコの代用品としてや、
タバコ型のお薬という事で禁煙グッズとして利用されている方も多いようです。



しかし…


ネオシーダーは禁煙グッズではないし、
タバコの代わりにネオシーダーを吸っていても禁煙にはなりません!!


現在ではタバコの値段が上がっているため、ネオシーダーでの代用というのは禁煙効果がなく喫煙として吸っていても、
利点はあるように思えます。

しかし…私もかつて喫煙者だった頃にはネオシーダーを吸った事がありますが…

ネオシーダーは実にマズイハートブレイク


まぁタバコを吸われた事がない方は、「タバコなんて全てマズイ」と言われるかもしれませんが、
喫煙者にとってはタバコの銘柄によって美味しいマズイという区別があるのは事実なんです。


ネオシーダーもタバコの括りに入れた場合、本当にマズイタバコです。


たしかに一箱当たり150円前後お安くはなりますが、それでこんなマズイタバコを吸う価値があるのか!?
と、思います。


タバコを吸いたいなら、美味しいと思えるタバコを400円くらい出して買う、
お金を節約したいなら、思い切って禁煙をしてみる。

という思い切った決断をした方がいいのではないかと思います。

個人的には…



そしてこのネオシーダーは「咳止め」という名目で多くのドラッグストアで販売されていますビックリマーク
※法律上も一応は咳止めなんですが…


ドラッグストアの中には、お客さんサービスでタバコを販売しているところもありますが、
中には「禁煙グッズを販売していて、健康を売るドラッグストアがタバコを売るのはおかしい!」としてタバコを販売していないドラッグストアも多いです。


しかし…タバコを売ってなくてもネオシーダーを売ってたら一緒じゃないですか!?


むしろネオシーダーは、「お薬にみせかけたタバコ」というある意味ではタバコよりもタチが悪いタバコでもあります。


私が以前勤めていた大手ドラッグストアでも、「タバコは売らない!健康を売るのがウチの会社!」と堂々といいながらネオシーダーは販売していました。

その頃は私も経験が浅く疑問に思わなかったのですが、今思えばその考え方ってモラルがないですよね…


ルール上では
「タバコは売っていない。
ネオシーダーという咳止めを売っているだけだ。」
と言えるかもしれないけど、

確信犯でネオシーダーを販売する…
モラルはないのでは!?


もちろんタバコを販売するドラッグストアがある意味矛盾しているのも納得ですが…


ネオシーダーは今でもよく売れるお薬。
しかし咳止めとして買われている方は、ほとんどいないと思われます。

ほとんどが安価なタバコの代用品としてか、
禁煙グッズと勘違いされて買っているという現実。


個人的には、もはや咳止めとして意味をなしていないネオシーダーは販売しなくてもいいか、
薬としてではなくタバコとして販売されるべきではないかな、と思いますひらめき電球





薬剤師ブログランキングへ参加していますビックリマーク
クリックお願いします音譜



薬剤師 ブログランキングへ

コメントはお気軽にお願いしますニコニコ

Twitterやってますビックリマーク
フォローよろしくお願いします音譜

https://twitter.com/kazupharmacist

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

自由な薬剤師 KAZUHIROさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。