アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
最近のレストラン取材で、よく聞く言葉がある。
「当たり前のことを当たり前にやってるお店です」。
うなづきながらも、分かるような分からないような…と思っていた。

でも、昨日シンガポール料理のレストランでご飯をいただいて、尊敬できる先輩たちのお話を聞かせていただいて、よく、分かった。

当たり前のことを、当たり前にやることのむずかしさよ。

たとえばレストランで、おいしい料理を作りたいと思ったとき。いろんなスパイスがいる、いろんな香草がいる、新鮮な食材がいい、上質な食材がほしい。そんな当たり前のことをすべて叶えたら、高額なコストとすごい手間がかかる。その結果、出される料理は、当たり前の金額にならない。

それに、当たり前を継続するのは、もっと難しい。
毎日7時に起きて、ワンコの散歩をする。そんな簡単で当たり前のことを365日、1年、10年と続けるのは、本気で難しい。

だから、当たり前のことを当たり前にすることは、大変でエネルギーのいることなんだ。

そして、当たり前は人によってそれぞれだ。
だから、その人の当たり前とわたしの当たり前が一致したときに「おいしい!」「この店にまた来たい!」という感動が生まれる。つまり、「おいしい」は、レストランをつくっている人の当たり前に共感したときなんだ。間違いなく、お気に入りのお店の人とは友だちになれる。そしてもひとつ、だからきっと、何歳になっても、ママの味は特別。

当たり前には正解がない。
だから、わたしの当たり前を貫くしかない。
わたしの当たり前を文章にするしかない。

でも何度も言うけど、これは言葉でいうほど簡単なことじゃなくて、
とっても大変だけど、でも、やらなければいけないことです。

さて昨日いただいた料理。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
サテ、春巻き、ナシゴレン、アチャールのプレート。
ピーナッツソースはちょっとだけ甘め。春巻きは豚ひき肉に牡蠣が入っていて、げきうま!これは台湾料理だそうで、マレーシアでは食べたことなかったです。箸休めのアチャールが、とってもいい具合に漬かっていました。


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
ペーパーチキン!
タレに付け込んだ鶏肉を紙に包んだままで揚げる。ふわっふわに蒸し焼きされたチキンはスプーンで簡単に切れるほどやわらかい。こんなに手間のかかる料理をひとり分サイズで仕上げるなんて、すばらしい。


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
ぴりぴりと辛いチキンカレー、アヤムメラ。
アヤムはチキンで、メラは赤のこと。赤いカレーは、タイのレッドカレーよりココナッツとスパイスで、こってりしている。食べ続けるとひたいに汗が。

マカンマカン 相鉄線、小田急線の大和駅より徒歩4分です。

付けたし:
日本語を話せるからって、日本語教師になれないように。英語を話せるからって、英語教師になれないように。現地の人だからって、本場の味をすぐに再現できるわけではないのだ。ホテルのレストランで腕をふるっていた人が、家庭の味を再現しようと思っても、以前のキャリアはまったく役に立たない。つまり、「本場のシェフが」という、うたい文句は、その先を知るべし、ということも、昨日勉強しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先日、ある筋から「おいしっくす」のトマトを頂いた。食にこだわる友人から勧められてはいたものの、ちょっと贅沢だなぁと思っていた「おいしっくす」。もちろん、おいしさの陰には、大変な手間や労力がかかることは必須で、だから価格が高くなりのは当たり前のことなんだけどね。

届いたのは、塩トマト(熊本県産)、みつトマト(千葉県産)、ミニトマト。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

どのトマトも、ふだん食べているものの2倍甘くて、汁がしたたるジューシーさで、おいしく、かつ贅沢な味だった。

とくに塩トマト(左)は、包丁をいれるときの感覚から違っていた。身がぎっしりなので、包丁が一定に進んでいく感じ。ほら、トマトって、ぷるぷるのところと、身のところでは、包丁の入り方が違うでしょう。それがない。つまり、ぷるぷるの部分が格段に少なくて、身が多いのだ。甘く、それなりに酸味もあり、本来のトマト好きも満足できる味わいだ。

みつトマト(右上)は、酸味はすくなく、甘さが際立っている。まるで水分たっぷりの果物みたい。皮もやわらかいし、子どものおやつに抜群。

ミニトマト(右下)は、えぐみが少なく、上品な味。どの料理にもぴったり寄り添ってくれるような、食卓のよき立役者。

正直、どのトマトも生がいちばん!と思ったのだけど、念のためにいつものトマト料理をつくってみた。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
モッツアレラチーズ、トマト、バジルのバルサミコ酢サラダ

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
アボガド、トマト、えのきのサラダ

いつものトマト料理が、ランクあーっぷ!!おしかった。でもやっぱり、この贅沢トマトくんたちは、生がいちばん。なにしろ、生で食べても、「野菜丸かじり」ではなくて、「立派な一品」になるんですから。

しかし、ふと思ったのだけど、

本来の野菜の味って、いや、本来の素材の味って、わたしはどこまで知っているのだろう。おいしっくすのパンフに書いてあるように、「梨のような大根、柿のような人参」が本来の野菜の味だとしたら、いったいわたしが大根、人参と思っている味は何なのだろう。たしかに、農家の方が、出荷する野菜と家族で食べる野菜の育て方を変えているとはよく聞くので、化学肥料などによって野菜の味が変わってしまうことは必ずあると思う。

また、そのいっぽうで、甘くなるために、品種改良されている果物たちもいっぱいあるわけで。昨年まで住んでいたマレーシアで食べていた果物は、日本のよりも甘さが少なくて、もっと素朴な味わいだった。おいしさは、日本がマル!なんだけど、毎日、いっぱい食べたいのなら、マレーシアのほうが実はマル。さっぱりした甘さは飽きがこないし、なにしろ値段が安い。

おいしい野菜を食べたい。でも、そのおいしい、ってわたしにとってなんだろう?わたしがおいしいと思う野菜の基準って、どこから来てるのだろう。と考えさせられたトマト体験だった。

おいしっくすのオフィシャルサイトはこちら。
http://www.oisix.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。