アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:
「ベトめし案内」ウェブサイトの内容、伝え方、デザインに惚れて
http://v-f-n.com/

ベトナム料理研究家、伊藤さんのサイト「アンコム」にめぐりあった。
http://www.vietnamfoodnet.com/

さっそく昨日、伊藤さんが開催しているベトナム料理教室に参加してきた。

いや~すごいっす、ベトナム料理!ベトナム料理とは、酸味・辛味・甘み・しょっぱ味を同時に味わえるのが究極の食とされていて、味わえば味わうほど複雑で、奥深い。“おいしいが”層のようにおそってくる。まるで、おいしいのやまびこ。

まずは一品目。ひき肉のバクダン蒸し。
レバーのコクと黒胡椒のパンチがたまらん!
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
蒸し料理なので、透明な肉汁がたっぷりじゅーしー

次はグレープフルーツとスルメのサラダ。
ドレッシングはなんと、ニンニクとニョクマム。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
果物にニンニクとスルメなぞ、美女とおっさんぐらいのキャラの違いなのに、これがもう絶妙にマッチ。思わず帰りにスルメイカを購入したほど

カニ春雨。カニとチキンスープのいいお出しが染みてます。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
何杯でもお代わりできそうでした、まじで

最後に豆腐のチェー、生姜シロップ。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
ぽかぽか豆腐に生姜の甘いシロップ。あったまる~
 
そしてこちらが伊藤先生。ぷるっぷるのお肌が美しい!
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
間違いない!アジア料理は女性を美しくします

どれもほんっと心がぎゅっとなるくらいおいしくて、アジア料理の可能性を高く、高く、感じた時間だった。そして、そんな料理を食べながらの会話もとってもリラックスできて。

まだまだ道は遠いけど、一歩ずつ。

伊藤さんのブログで紹介していただいています。
http://annamtable.exblog.jp/
久々に誉められました(笑)。涙でるくらい嬉しかです。

伊藤さんも、一緒に参加していた生徒さんも、アシスタントのユカさんも、みんなとっても素敵な女性で、目標にしたい、と思ったしだい。これからも外に出て、自分の直感を信じて、あきらめないで、いこう。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先週の日曜日、新宿伊勢丹で開催されている東南アジアフェアに行ってきた。トルコ料理、タイ料理、マレーシア料理、インドネシア料理、シンガポール料理。懐かしきアジア料理をいっぺんに見ることができて、楽しかった~。

なかでも、カヤジャムをつかった特製スイーツの素晴らしいこと。カヤとは、ココナッツミルクと卵黄をねりねりして作るジャム。このカヤジャムとバターを薄切りトーストにはさみ、どろっとした激甘コーヒーと半熟の温泉卵を合わせれば、マレーシアの定番朝食のできあがり!カロリーの高さは、びんびんに感じるのですが、なかなかの美味なのだ。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
マレーシアではこんな感じ。手前の茶色いジャムがカヤ。

今回のフェアでは、そのカヤジャムを「木村屋」や「ミセスエリザベスマフィン」が華麗にアレンジ!本場のマレーシアでは絶対にありえない、繊細で素敵なスイーツができあがっておりました。

まずはこれ。木村屋のコッペパンにカヤジャムとバター。本場の味に一番近い、素朴でやさしい味ね。いうなれば、ジャムパンのマレーシア版。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
コッペパンのなかにカヤジャムとバター

次にマフィン。カヤジャムのうえに、2センチ四方のバター。たしかに、カヤジャムとバターは定番なのだけど、常温のバターは刺激的すぎるかも。。マレーシアでは、ほかほかのトーストにのせるので、バターはとろりんと溶けるて、いい感じになるのだ。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
あ、オーブンでちょこっと温めて食べればよかった!


そしてカヤジャムのシュークリーム。まだ食べてないけど、すでに食べた友人いわく、カヤの味はどこさ?とのこと。見た目では、やわらかな緑色のラインのものが、カヤ。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
カヤジャムがこんなに美しいものになろうとは

最後に、クリームアンジュ・カヤ。チーズケーキのような酸味のあるクリームのなかに、カヤジャムがどさっ。クリームとカヤか~。決しておいしくないわけではないけれど、あえてカヤでなくてもいいのかも…的な印象。ただ食べてみると、カヤのもったりした甘さはマロンクリームに似てる!と気づいた。
体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
中はみえませぬが、このなかにカヤが隠れております。

結論。さすがにっぽん、テクニシャン。

ただ、このフェア。マレーシアはかなり影が薄くて、カヤもシンガポール発祥として紹介されていた。う~・・・たしかにシンガポールでも食べるけど、マレーシアでも食べるぞー。どっちかっというと、こっちが本家だぞー。それに、マラッカの文化として有名なプラナカン文化も、シンガポール発祥の文化として紹介…。プラナカンとは、マレー半島に移住してきた中国系の男性と土地のマレー系女性が結婚してできた文化。私の感覚からいうと、プラナカン=マラッカで、シンガポールにもあることさえ知らなかったのに…。でも、シンガポール発の「リーポール」っていうプラナカンスイーツのお店は、マンゴーやパンダンなど、アジアの果物やハーブを美しく使っていて、見た目も超かわいい。これには惹かれてしまいまちた。

結論その2。さすがシンガポール、うまいね。
この際、手を組みますかね。

次はバーキンでマレーシアの胡椒を食べまっせ~。日本でのマレーシア体験、かなりおもしろい。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
スパイスの層を感じるカレー。ひとつのコクを追求するのではなく、コクが重なり合って新しいハーモニーを生み出しているような味。それがアジアのカレーの特徴だ。

これは、関内にある北海道初のスープカレー屋さんでいただいた「スープ・サピ・プダス」でござます。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
奥にみえるのは、黄色のスパイスで炊いたナシクニン。ナシはご飯で、クニンは黄色

料理名の「サピ」とは牛肉のことで、「プダス」は辛い。つまり、ホットな肉スープというわけだ。ひりりとするスパイスの辛さはほんの少しで、後味は驚くほどさっぱり。日本のカレーと違って酸味があり、タイカレーのようなまろやかなクセもない。さらっさらで、ご飯が激しく進む。が、意外とすぐにお腹いっぱいになるのは、スパイスの作用に違いない。

ごろごろの野菜は素揚げしてあって甘みを増し(この調理法は、お店オリジナルだと思う)、大ぶりの肉はとろっとろ。日本でインドネシアのカレーを食べるのは2回目だけど、どちらのお店も牛肉は脂身の多い部分を使って、とろっとろで煮込んである。これは、はつきり言って、現地よりも確実にやわらかな肉質で、かなりの美味。

ちなみに、たくさんの野菜を食べ、大きな肉を平らげ、最後にそーっと口に運んだのは、ゆで卵。私、ゆで卵好きだったのねー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ピータン好きな私にとって、この料理に出会った衝撃は忘れられない。

なにーー!!ピータンにガリ!!

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
たっぷりのガリとピータンを一緒にぱくっといく

これ、マレーシアで有名なチリクラブのお店「ファッティクラブ」の看板メニュー。ビールに合うんだよー。もったりとしたピータンの濃さに、さっぱりの酢漬けのガリ。ぬめーっとしたピータンにガリのしゃきしゃきの食感。後味さっぱりです。

もう一品、マレーシアで流行っていると教えてもらった塩卵料理に挑戦。ただマレーシアではゴーヤを使っているらしいけど、冬なのでブロッコリーで代用。ネットで見てみると、どうも台湾料理のようだ。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
久しぶりの塩卵。塩っ辛くてぼそぼそ。その食感がなつかしい!

ブロッコリーもおいしいけど、やっぱりゴーヤの方が合いそうね。塩卵はもっと細かくつぶして野菜にまぶすように炒めるといいかも。

久しぶりに食べた塩卵は、相変わらずしょっぱかった。これをお粥にちょこっと入れて食べると、いいんだよなー。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
15年付き合っている友人と話していて、はたしてマレーシアやタイ、シンガポールなどのアジア料理は日本のグルメたちに支持される料理になるのか?という話題になった。

スパイスがきつい。男性に苦手な人が多い。
常夏の国が多いので、魚や肉を新鮮にいただく料理が少ない。スパイスでくったりと煮込んであるか、はげしくフライになっているか。
そして総じて、スパイシーな料理はお酒にあまり合わない。
やっぱりアジア料理はチープ屋台のイメージが抜けないよね…それが醍醐味でもあるし…。

なんて、しりすぼみの会話で終わってしまいそうになったが、それじゃあ、つまらんではないか!アジア飯=チープ屋台というだけでは、今までと同じではないか!

それに実際あるのだよ、マレーシアには。
タイ料理と西洋料理のフュージョンレストランは、ワインとのマリアージュがとっても素敵だし、高級マレーシア料理もこれが意外に酒にあう。

新しいアジア料理の発展をめざすのだ!えいえいおー!

ということで、まずはアジア料理の高級店に調査をかけることに。銀座シンガポールと西洋のフュージョン料理「マイ・ハンブル・トウキョウ」に行ってみた。

体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
北京ダックとフォアグラのテリーヌ。やわらかいフォアグラに、軽くつぶしたダックのこくがぴったり。甘味噌風味のソース


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
手前より。なつかしきチリの酢漬け、にんにく風味のチリペースト、生姜風味の青ネギのペースト。これらは料理にお好みで加える調味料。できればチリの酢漬けはナンプラーと醤油漬けにアレンジしたいところ


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
アボガド、グレープフルーツ、蟹のサラダ。友人と驚愕したのは、奥に見えるドレッシング。まじうまです。グレープフルーツと蟹のどちらにもぴったりと合うもので、酸味が少なく、たぶん魚介のこくがたっぷり。予想は乾燥帆立


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
ぷりぷりの海老とカシューナッツの炒め物。テンメンジャンベースのソースで、チリの辛みがけっこう効いている。アジアではよく見かける炒め物の味


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
衣にレモングラスを混ぜて揚げているので、エスニック風味たっぷりのチキン。奥に見えるやわらかく細長いブロッコリーはアジアの野菜ね。ソースはバルサミコ風味


体と心をつなぐ食、ときどき、つぶやき
そして最後に土鍋で炊いたチキンライス。これがうまいのなんのって!!言っては何ですが、マレーシアで食べたチキンライスも含め、人生でいちばんおいしいチキンライスかも!ほかほかのタイ米が、見事にたっていて、チキンストックの味もほんのりいい感じ

ということで、結論。めちゃうまだった!!!予想以上の手ごたえだす!!


なにより、どんな料理にも新鮮な驚きがあるのだ。この素材をこう使うのね!という感動。ここ、おすすめです。

○銀座 マイハンブル東京

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。