アジアご飯、とくにマレーシアご飯、時々つぶやき

2005年から2009年までの4年間、常夏のマレーシアで暮らしていました。2年過ぎた今でも、日本食は「ハレ」の料理でちょっぴりよそよそしく、アジア飯のほうが「ケ=日常」のご飯で、ホッとします。私にとっての食とは、味わいながら、みんなとつながることです。


テーマ:

マレーシアローカル飯のマイふぇいばりっと“醸豆腐(ヨントーフ)”。マレーシア版“おでん”と勝手に呼ばせてもらっている。なぜかというと、魚の練り物が具の具。豆腐、おくら、チリ(通常辛くないけど、ときどき激辛のものが混ざっている)、ゴーヤ、ナスという野菜たちの中に、魚のすり身がごろんと入っている。歯ごたえのある安っぽい味だけど、野菜たちとぴったり連れ添っていて、これがまたうまい。

ほとんどの具は、一度巣揚げにしていて、お店特製のタレにつけている。大抵は醤油ベースに、出汁の効いたあっさり味。これに黒色の甘い味噌と赤色のピリ辛ソースをちょいとつけて食べれば、ご飯にもときにはビールも注文したくなる一品なのだ。

ちなみに写真のような少量のタレに皿の底だけが浸かったようなヨントーフは、アンパン地方特有のアンパンヨントーフ。通常は、ぷかぷかと鶏がらスープに浮かんでいて、スープと一緒に食べる。

うまい、と言われる店はいつ行っても大混雑のマレーシア。このお店はいつ行っても入れる、駐車場も止めやすい、だから味はまぁまぁな、ヨントーフ屋さんでした。


yontofu

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

有名な上海蟹。本場上海でも、結構なお値段がするといわれる高級蟹。この時期、マレーシアでも、ぽつぽつと高級中華料理店で出会える。昨年初体験をしたときは、「1杯=約100リンギ」(日本円で約3000円)というお値段にぶっ飛び、心から味わうどころでは正直なかったのだけど、2度目の今年はたっぷり満喫。ほんとこれ、忘れられない美味ざんす!

おなかのエラ部分をベリッとめくり、甲羅とおなかをエイッと別々にする。すると中に、鮮やかなオレンジ色の蟹味噌がどーん!甘くて、ねっとりしてて、ウニみたいな濃厚な味。蒸しただけなのに、海の香りがたっぷり漂っていて、塩加減も絶妙に効いている。隣で「こりゃ、おいしいぞ!こんちくしょう!」と叫ぶ夫の言葉に心から同感。

マレーシアは、泥蟹(マッドクラブ)が捕れるので、皆よく蟹を食べる。もちろん安い。でも上海蟹は特別で、みな心して、真剣に、そしてあらゆる部分まで食べつくす。こちらの物価にすれば1万円相当の食べ物だから当然といえば当然。それに、1杯食べても、おなかにちーっともたまらん、というのも、珍味の謂れ。


今こうやって書いているだけで、鼻の奥からふんわり香りが呼び起こされ、喉の奥にまったり味噌がからみつくみたいな気がする。味がかたちになって、私の記憶に住み着いている。記憶に残る味って、こういうのを言うんだろうな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


駐車場がツイテなかった…。


入ろうとした場所は、一方通行で進入禁止。係りの兄ちゃんにマレー語でどなられ、虫を払うような手つきで追いやられる。ぐるりと回って再トライ。ところが、焦りすぎたらしく、ひとつ手前で曲がってしまい、違う駐車場に一直線。両側に2台ずつ路駐していて狭くなった道は、行き止まりで引き返せない。えいままよ、昼だから大丈夫か!と青空駐車場に突入した。

しかしこれが参った。めちゃくちゃ狭いのだ。それなのに、たくさんの車がところ狭しに並んでいて、どこに止めていいのか分からない。どうしようとアタフタしていたら、後ろから車が駐車場に入ってきてしまった。

ピンチ…。顔面蒼白になりかけたら、やさしいおじちゃんが、「今出るから、僕のとこに止めなさい」と近いスペースを指差してくれたので、ホッと胸をなでおろしたのも束の間、駐車場の係りのインド人の兄ちゃんが、突然指示をし始めた。「そこじゃない、リバースだ、リバースだ!」。えぇ~どこに入れなきゃいけないのぉ~!!

「どこに止めるの?」と何度も聞いてみたけど、お兄ちゃんは聞く耳もたずで、ひたすら、右に切れとか、もっとバックしろとか、それじゃだめだとか、前にだせとか、ガンガン指示を出す。

しかし、どこに止めるのか分かってもニッチもサッチもいかなかった。どこに止めるのか教えてよ!と怒っていたときのほうがまだマシだった。

一列隔てた、一番後ろの列に、めちゃ狭い1台分の空きがあって、そこにバック(!)で入れろと言っていると分かったときにゃぁ、すっかり戦意喪失。途中で、鉄の門の近くを通るし、バックで左に曲がって右に曲がって、そして駐車するなんて、絶対にムリムリ無理!!

ちょっとパニックに陥ってしまったのか、マレー語で難しいを意味する「スサー!」を連発していたら、兄ちゃんが運転を替われ、替われ、という。

この兄ちゃんが悪い人だったら一発だな、と思ったけど、ここはどうしようもない。とにかく自分のバックだけでも持って外に出た。

すると兄ちゃんはするするとバックして曲がって、切り替えして曲がって、ときに後ろとフロント部分を確認しながら、器用に、自分が指したスペースに入れてくれた。兄ちゃんすごっ!

それまでは怒鳴って、眉間にしわよせて、不機嫌そうだったけど、車庫入れの自分のスキルに満足したのか、単にオロオロしているわたしにイライラしていただけなのか、兄ちゃんはニッコリと微笑んで、車を降りてきた。

ありがとう、と言ったら嬉しそうだった。駐車場の3リンギを払って、レシートもちゃんとくれた。兄ちゃんが助けてくれて、よかった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

会社からの帰り道、仲良く横に並び、話しながら走っているカップルのバイカーを見た。片側2車線ずつの道。田舎道というほどでもなく、いたって普通の公道だ。あまりにもゆっくりのスピードなので、車は皆、隣の斜線から追い越していく。

この光景、なんとなく見たことあるなぁ…とぼんやり考えていたら、ふと思い浮かんだ。そうだ、自転車だったらよくあることやん!

思えば、逆走しているオートバイ、路肩を走っているオートバイ、対向車線との仕切り部分のスペースを気ままに進むオートバイ、警察官の交通指示に従わなくてもいいオートバイ、動かなくなったため、別のオートバイに足をひっかけて引っ張ってもらっているオートバイ…など、日本の自転車に置き換えてみたら、ぜーんぶよく見る光景。もちろんスピードは別にしてだけど。

歩道はガタガタ道で歩き難く、最初から人が歩く構造になっていないクアラルンプールシティの道路。そのためか、自転車を見ることはほとんどない。だからきっと、オートバイが自転車のような存在なんだ。うん。

ただ、知っている人がいたら教えてもらいたいと常々思っているのが、オートバイの交差点の曲がり方。交差点で、オートバイが右に曲がりたいときは道路のここの位置(車の右側もしくは左側、もしくは後ろ?)、左に曲がりたいときは道路のここの位置、なんていう基本ルールはあるのでしょうか?ここのバイクは、右から左から縦横無尽に顔を出すので、どっから出てきても不思議がないのだけど。マレーシアでドライバーデビューをしたわたしは、これがまったく分からん。帰国したら、日本で運転できるんかなぁ…。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。