インデックスファンドを選ぶとき連動させる指数としてTOPIXと日経平均のどちらがいいのか

 

私も迷いました。今回は、チャートのリターンの比較も含めて比較したいと思います。

 

「日経平均は日本の代表的な企業が225社が入ってるから日経平均の方が良い。」

 

と日経平均をヨイショする意見もあれば、

 

「TOPIX は日経平均より広く市場に投資できるからTOPIXのほうが良い。」

 

とTOPIXを支持する声もあり、なかなか決着がつきません。そして専門家がどちらが良いと断言しているのも聞いたことがありません。

 

とりあえず、日経平均とTOPIXの特徴をまとめてみました。(知っている人は飛ばしてください。)

■日経平均株価指数
①東証1部の上場企業の中から、日本経済新聞社が選んだ225社の株式価格を平均した指数。トヨタ、NTT、ファーストリティリング、ソニーなど誰もが聞いたことのある企業が入っています。

②日経平均は、「株価」だけが算定の対象で、単位は「円・銭」

基本的には、「株価の合計÷銘柄数(225)=単純平均」に近い指数となっています。

③225社と銘柄数が少ないので、株価が大きく動く銘柄が入っていれば、日経平均の値動きも激しくなります。

 

■東証株価指数(TOPIX)
①東証市場第一部に上場する国内株式全銘柄(2018年3月時点では2,079社)を対象とする株価指数。

②日経平均と違い、TOPIXは株価と株数を掛け合わせた「時価総額」方式を採用していて、単位は「ポイント」です。

③電気機器や輸送用機器、情報・通信、銀行等の比較的時価総額の大きい業種の影響を受けやすいという特徴があります。

 

 

さて、これを読んだだけではどちらが良いのか全くわかりませんが、インデックス(指数)の算定方法が違うので、チャートの単純比較はできないと思いました。

 

私は TOPIX を選んでいるのですが、確固たる理由はありません。日経平均よりは広く投資できたほうがいいかなというくらいの気持ちです(;^_^A

代表的な4社のインデックスファンドのリターンで比べてみたビックリマーク

 なので今回、代表的な4つの会社のインデックスファンド(日経平均 VS TOPIX)のリターンを比べてみました。

 

①三菱UFJ国際投信の

 

 

③野村のFunds-iシリーズ


 

 

④10年以上の運用実績があるファンドのトータルリターン10年(年率)で比べてみました。

■ニッセイ 日経225インデックスファンド:6.56%

■ニッセイ TOPIXオープン:4.60%

10年でみても日経平均連動型の方がリターンは高いということがわかりました。
 

結果としては、8~10年の過去の値を見ると、日経平均連動型の方が高いリターンを得られているようです。

全部の投信を比べているわけではないので、断言できないのですが、代表的な4つ会社のインデックスファンドにおいて日経平均連動型の投信の方が成績がよかったという結果となりました。

 

私が持っている日本株投信はTOPIX型の方なのですが、自分で書いていて、日経平均連動型も欲しくなってしまいました(;^_^A。でも私は「分散されている方がよい」と考えるタイプなのでTOPIX型で続行したいと思います。

ベル関連記事ベル

1投信の買い付け日は月末も避ける。月末は2番目にリスク高!

2つみたてNISA開始2か月間の運用成績はマイナス!&下落への心構え

3モーニングスターETFカンファレンス2017に行ってきました☆