2017年11月25日に大人気投信の

ひふみ投信(レオス・キャピタルワークスが運用)

の運用報告会に行ってきましたラブラブ

 

 

運用報告会に参加するのは初めてです!!

 

 

場所は古本で有名な神保町駅(東京)

近くの日本教育会館。

 

 

入口ではゆるキャラ(?)のひふみろ君が

お出迎えしてくれましたよ。

 

 

↓ロケットの男の子だそうです。

得意技は「壁ドン」(笑)。

 

会場は満員御礼状態合格

お客さんをウォッチングしていましたが、

配布された資料を会場で

さっそく熟読している人が多かったです。

 

投資に熱心な印象を受けました。

 

さて本題。

 

 

私は、投資信託の日本株を「ひふみプラス」

という投資信託で運用しています。

 

 

9月にこの投信の純資産額が大きすぎること

による投資効率の悪化を心配していました。

↓詳しくはこちら。

 

運用報告会に参加したのは、

これからどういう方針で

レオス側が投資信託を運用していくかを

見極めるためです。

 

私が心配している純資産額について

 

現在までの運用資産残高は10月末まで

5,512億円(^_^;)

 

すごく大きな数字です。

 

 

(投信エキスポで頂いた資料によると

「さわかみファンド」(日本株のファンド)

のパフォーマンスは純資産額が

4,000億円近くにきたところくらいで

がくんと落ちています。

(前の記事をみてくださいね。)

 

 

メモしていないので断言できないのですが、

モーニングスターの朝倉社長は、

投信エキスポで、

国内株式に投資する投資信託は

純資産額が2,000億円超えたろころくらいから

運用がきつくなるとおっしゃっていた

と記憶しています。

 

 

さわかみファンドの例は、

人気による過剰な資金流入が

投信をダメにする例ですね(;´Д`)ノ。)

 

 

運用成績

 

運用成績は2016年9月末から

(ひふみプラスとひふみ投信あわせて)

約+37.5%で、TOPIXの+29.2%より

成績が8%ほど上回っています。

 

手数料

 

ひふみ投信は、1.358%

ひふみプラスは、1.357%

 

私が保有している他の投信の手数料が

0.2~0.5%であることを考えると、

私にとってはかなり高い手数料の部類に入ります。

 

それでも成績がTOPIXを8%上回っているので

このコストは十分吸収できます。

 

ひふみ投信の苦手な相場

 

現在ひふみ投信の成績はTOPIXを上回りますが、

パフォーマンスがTOPIXと同じぐらい

下落した時期が2017年の3月にありました。

 

ひふみ投信の苦手な相場について

社長の藤野さんから説明がありました。

 

ひふみ投信の成績がいい相場とは

 

 

①市場がゆるやかに上昇しているとき

 

 

②○○ショックが終わったとき

(○○にはリーマンとかチャイナなどが入ります)

 

 

ひふみ投信が苦手な相場とは

 

 

①○○相場といわれるとき

なぜか?

 

 

○○相場といわれるときには大きくて有名な会社

に投資がされ、中小株は売られる傾向があるから

とのこと。

 

 

例えば、トランプ相場など。

↓○で囲った部分が苦手相場です。

 

②世間が株なんか持ちたくないという

雰囲気になっているとき。

こういう時は良い会社でも売られてしまい、

マーケットと同じように株価が下がります。

 

純資産額が大きい問題についての対処は?

 

(↑下の記述はこの質問についての

答えではありませんが、

間接的にこの問題に答えていると

感じました。)

 

 

社長の藤野さんから、

「今後はアメリカ・中国に年数回出張して

企業を見回りたい」といった旨の発言がありました。

 

 

また、今後は新興国も開拓していきたいとのこと。

 

 

9月の時点では、成長が低い日本株の

代替投資先として米国株(アマゾンなど)

に投資するとしていましたが(日経新聞)、

 

今回の報告会では、

 

海外投資を10%ではなく

30%ぐらいまでに引き上げていきたい。

 

と明言され、代替投資というよりは

海外株への積極的な姿勢が見られました。

 

 

また、中小企業に限らず

伸びる会社に投資するとのことでした。

 

この方向転換、私は歓迎です。

 

 

うまくいくかはわかりませんが、

国内だけに固執していると沈んでいくと思うので。

国内の中小株だけにそれだけの

資金を投資できないですよね。

 

 

ひふみ投信のポートフォリオ

は外国株が増えてずいぶん変わりますね。

 

私がひふみをこれからも保有するかどうか。

 

今回の説明会を受け、

今後もひふみプラスを保有は続けるつもりです。

どうなるのかな~?とは今でも思いますが。

 

その他

説明会は、全体的に非常に和やかな

雰囲気で進行していました。

 

藤野社長を初め、投資チームのメンバーさんも

お話上手でお客さんの笑いを何度も誘っていました。