かずのこパン | ニセコ・洞爺・大沼不動産のことなら「未来・不動産を創造する 株式会社FRC」ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

かずのこパン

かずのこパン

食感プチプチかずのこパン 増毛の店が販売「新名物にできれば」

増毛町内のパン店「スカンピン」が販売する「かずのこパン」が人気を集めている。パンにはさむのは贈答品用にならない折れた味付けカズノコで、プチプチとした独特の食感は焼き加減を調整して生み出した。1個180円。高級食材を使い、手軽に味わえるパンとして定着しつつある。

 かずのこパンは町内の水産加工会社の社員のアイデアを参考に開発。カズノコとマヨネーズをあえた具をはさんで焼き上げたパンにかつお節をふりかけ、風味を付けた。店主の池田太郎さん(46)によると、同店では客からアイデアをもらって試作品を作ることが多いが、「商品になるのは極めてまれ。カズノコの消費拡大になればと作ってみたら意外とおいしかった」と自信をのぞかせる。