ドラマ「相棒」西胆振でロケ | ニセコ・洞爺・大沼不動産のことなら「未来・不動産を創造する 株式会社FRC」ブログ

ドラマ「相棒」西胆振でロケ

ドラマ「相棒」西胆振でロケ

ドラマ「相棒」西胆振でロケ 地球岬や洞爺湖など登場 9日放送

9日午後9時から放送される人気テレビドラマ「相棒season18」(テレビ朝日―HTB)の初回スペシャルで、西胆振の名所が登場する。室蘭市内では、ロケ弁当を提供した店もあり、放送を待ち望む声が上がっている。

 ドラマの舞台は日本最北端に位置する架空の島「天礼島」。ロンドン旅行を終え帰国しているはずの水谷豊さん(67)演じる杉下右京が、行方不明となるところから物語は始まる。反町隆史さん(45)演じる冠城亘は右京を探すため、天礼島へと向かうが、その島で不気味な連続殺人が発生。同時に、国を揺るがす陰謀も進行するというストーリーだ。

 撮影は8月、室蘭の地球岬、イタンキ浜、トッカリショのほか、洞爺湖などで12日間かけて行われた。