「ロケツーリズム賞」 | ニセコ・洞爺・大沼不動産のことなら「未来・不動産を創造する 株式会社FRC」ブログ

「ロケツーリズム賞」

「ロケツーリズム賞」

「ロケしたいマチ」上富良野1位 東京で開催「全国ふるさと甲子園」景観の美しさや協力態勢に評価

ロケ地とその地元グルメを発信するイベント「第5回全国ふるさと甲子園」(実行委主催)に上富良野町が初参加し、映像制作者がロケに訪れたいマチを選ぶ「ロケツーリズム賞」で1位を獲得した。景観の美しさやロケへの協力態勢が評価された。受賞について向山富夫町長は「全国で人気のマチだということを、町民にも知ってほしい」と話している。

 ふるさと甲子園は、NPOふるさと活性隊が企画し、総務省や農林水産省などが後援して、8月24日に東京・秋葉原で開催された。全国55地域と100人の映像制作者が参加。「行きたいまちナンバーワン」や「ふるさとPR賞」など5賞が選ばれた。

 上富良野町は、ブースでふらのメロンや町内のホップを使用したサッポロビールなどを販売。ドラマや映画など映像制作者とも個別に対話し、町の魅力をPRした。町企画商工観光課によると、山岳地域と丘陵地帯の美しさやエキストラ確保への協力態勢を説明すると、制作者の反応が良かったという。自ら会場に出向いた向山町長は「初参加で1位を獲得し、映像制作者らの上富良野への期待の大きさを肌で感じることができた」と振り返る。