10月出店の「江別蔦屋書店」 | ニセコ・洞爺・大沼不動産のことなら「未来・不動産を創造する 株式会社FRC」ブログ
2018-03-12 16:36:47

10月出店の「江別蔦屋書店」

テーマ:北海道のこと

10月出店の「江別蔦屋書店」

10月出店の「江別蔦屋書店」 テナントは15店舗入居

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、東京)傘下の北海道TSUTAYA(ツタヤ、札幌)が10月、市内牧場町に出店する「江別蔦屋書店」に、テナント15店舗が入居する。市民が交流できるコミュニティースペースも確保する。店舗は全て市内初出店となる飲食店や食料雑貨店になる見込み。

 当初のオープンは8月の予定だったが、建設業界の人手不足などの影響により、2カ月遅らせた。

 店舗は「食」「知」「暮らし」の3棟に分かれており、延べ床面積は約4500平方メートル。「食」の棟は食に関わる雑貨本やレシピ本などが並び、テナントも飲食店が中心となる。2週間に1度、店舗が入れ替わるスペースも設置する。

 「知」の棟は文芸書やビジネス書のほかコミックなどがそろい、米系大手コーヒーチェーン、スターバックスコーヒージャパン(東京)が入る。「暮らし」の棟は「キッズ」「リビング」「ガーデン」「アウトドア」などに関連する書籍を集める。

ニセコ・洞爺・函館・大沼不動産のことなら 【株式会社FRC】さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス