【DaiGo】メンタリストDaiGo氏とクレイジー愛誤 その4【AiGo】 | 動物愛護と言う名の人権侵害と闘う~ふくおか猫公害被害者協会のブログ

動物愛護と言う名の人権侵害と闘う~ふくおか猫公害被害者協会のブログ

官民学の密室動物愛護行政による、似非(えせ)アニマルウェルフェア(動物愛護)により、多くの人の人権そして生態系が危機に瀕しています。
それも、とんでもないハラスメントを伴って!!一緒に考えていきませんか?

一般社団法人 ふくおか猫公害被害者協会 HP

一般社団法人 ふくおか猫公害被害者協会 

 

前回の記事

 

さて、クレイジーAiGoとメンタリストDaiGo

同じことを考え、同じことを言っている連中だというコトを指摘しましたが、

その具体例、つまり実際の例を書きたいと思います。

 

当協会代表が、深夜にとっ捕まえたエサやりに対して、

小学校の砂場に野良猫がフンをして、不潔であり困っていると言った所、

そのエサやりから帰ってきた言葉は

 

「私は税金ばイッパイはろうとるけん、学校の砂場をフェンスで囲うたらよかろうもん。」

 

ハイ、出ました

 

エサやり(自称、金持ちw)>>>>>>>>>>>>>>野良ヌコ被害者(貧乏人のクレーマー扱いw)

 

ここまで書いて思い出しましたが、当協会代表がエサやり裁判した時に、被告から

「カネ目当てカー」と怒鳴り散らされたことを、

思い出しましたバイ ( `Д´)ノ

 

話が逸れましたが、福岡市では、動物愛護フェスティバルと言う、クレイジーAiGoの為だけの

イベントを毎年、血税により福岡城跡地である舞鶴公園で行っているのですが、

そこには不幸にも、ビニールシートで暮らすホームレスが多数いるワケです。

 

そこで、当協会代表が、福岡市やクレイジーAiGo団体の代表に、

「こんな犬猫イベントに金を使うんだったら、ホームレス支援すればいいじゃないですか」

と提案したところ、AiGoは

 

「あの人たちは、酒やパチンコにしかカネは使わん

けん、無駄にしかならんと」

 

ハイ、また出ました

 

野良ヌコ(有益)>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ホームレス(無駄)

 

いずれもDaiGo氏と、主張は全く同じです。よって、繰り返しになりますが

クレイジー愛誤の中では、DaiGo氏のような考え方は極めて一般的であり、

さらには、

 

このような連中が動物愛護を主張し、行政はそれらと癒着し、愛菅法を生類憐みの令へと改竄し、平然と人権侵害を行っている。

 

このような現実を知らずして、DaiGo氏個人の問題としてを矮小化することは、極めて危険です。

既に、DaiGo氏は反省しているなどの言説がありますが、とんでもない。

 

メンタリストDaiGo氏の問題は、

そのままクレイジーAiGoの問題である。

そしてその連中が反省し改めることなど、

法の徹底や、訴訟にならない限りありません。

 

よって、今後も批判を継続していかないと、猫公害被害者が

 

救済されることは、あり得ません。

 

そう断言して終わります。

 

つづく