こんな話題についてあまり多くは語りたくないんだけど… | フランクスオーナーのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

こんな話題についてあまり多くは語りたくないんだけど…

人それぞれの考え方や捉え方があるので、

近頃の「Y-DAN 」では殆ど政治や社会情勢の事で自分の思いは書かないんだけど、

麻生財務相の話してる内容をウェブニュースで読んで 本当に失望し、
いたたまれない気持ちになったので、今日の「Y−DAN」は心底情けなく思ったこの事を。


まずはその2つのニュースを貼り付けますのでお読みください。

麻生太郎財務相は24日の閣議後の記者会見で、政府が緊急経済対策の一環として検討する国民への現金給付に関し「一律の現金(給付)でやった場合、貯金に回らない保証はあるのか」と述べ、全国民に配るのではなく、対象を線引きする必要があるとの認識を示した。
商品券を配布する案については「商品券は貯金にお金が行かない」として、一定の消費刺激効果があると指摘。「リーマン・ショックの時はお金がなかったが、今回はお金が回らないのが問題で、回す方法をどうするかだ」と話し、効果的な景気下支え策が必要と強調した。(sankei.comより)

■麻生太郎財務相(発言録)

(新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策で、現金給付や商品券配布などの選択肢が検討されていることについて)一律(給付)でやった場合、現金でやった場合は、それが貯金に回らず投資に回る保証は? 例えば、まあ色々な形で何か買ったら(一定割合や金額を)引きますとか、商品券とかいうものは貯金には(お金が)あまりいかないんだよね。意味、分かります?リーマン(・ショック)の時と違うんだよ。リーマンの時、マーケットにキャッシュがなくなったんだから。今回はどこにそういう状態があるの? みんな銀行にお金が余っているじゃん。だから、お金があるんですよ。要はそのお金が動かない、回らないのが問題なんだから。(24日、記者会見で)

(朝日新聞デジタルより)

==============================================================


コロナ問題の収束が見えない今、
多くの国民が政府に求めているのは素早い対応、スピードなんです。
経済が立ち行かない事態に陥っている会社、そこで働く人達、また自営業者も多いんです。
給付金を貯金に回す人も中にはいるでしょうが、それはそれで仕方ない事だと思います。
(それにしても「みんな銀行にお金が余ってるじゃん」なんて…これが財務相の発言だなんて)

こんな切羽詰まった状況の下、誰も商品券や旅行券の支給なんて望んでいません。
「券を発行する時間があるのなら早く現金をくれ!」という叫びが聞こえないんですか?
本当に今の政権は国民の生活に目を向けていない政治家ばかりなんだなぁ。

…と、途中まで書いていたら、新たなニュースが飛び込んできました。
結局 現金一律給付は行わず、富裕層を除外して商品券など配布の方法など検討するとの事。

こうやって時間をかけて本当に困っている人にお金が必要なタイミングで届かない。
他国が「国民を病死と経済死から同時に守れ」と一律給付する中、
一体この国はどうなってるんだと思う。
こんな線引きをしているうちに取り返しのつかない事になる人達が出てくるかもしれません。

何故 即効性や効率を無視して面倒で時間がかかる方向に進むのか?
酷い話だ…。

==============================================================

いつもこの「Y-DAN」は下書きなどをしないで、書き終えたら即公開しているんですが、
今回は内容が内容だけに昨日の時点で下書きをして公開せずに保存していました。

そして、昨日の夜 届いた新たなニュースがこちら。

経済対策は事業規模30兆円超とされ昨年末に策定した経済対策(26兆円)と合わせると、リーマンショック時の経済対策(56・8兆円)を超える見込み。政府は2020年度補正予算案を編成する。新型コロナ拡大で休業などを強いられるケースが増えており、政府関係者は「本当に困っている人に厚めに現金が行き渡るようにすべきだ」として、一律給付は見送った上で、早ければ5月にも始めたい考えだ。(時事通信社 JIJI.COM より)

本当に困っている人をどのように選別するんだろう?
それにしても、早くても5月だなんて…
これがスピード感ある対応なんだろうか?

東京では小池都知事から今週末の外出自粛の要請があり、
外務省からは全世界の渡航を自粛するようにとの要請が出ました。
全世界でパンデミックが猛威をふるっています。

でも、敢えて言います。
コロナウイルスに負けるな❗️
皆さん!頑張りましょう。
(写真は全てwebから拝借しました)



最後まで読んで頂きありがとうございます。

広島ブログランキングに参加しています。

下のバナーを一日一回クリックして頂くと励みになります。

よろしくお願いいたします。


広島ブログ