今日のブログは少し真面目に | フランクスオーナーのブログ
2019-05-15 13:00:00

今日のブログは少し真面目に

テーマ:ブログ

先々週オンエアされた「山下達郎のサンデー・ソングミュージック」での話。

1曲目に「応援の気持ちも込めて」という言葉の後、電気グルーヴの「N.O.」が流れました。


メンバーのピエール瀧氏が違法薬物を使用していた事が発覚して以降、

出演していた番組や映画はほとんど中止、もしくは差し替えられ、

CDは回収、販売中止という厳しい処置が取られたのは記憶に新しいところです。

ワイドショーもこぞってこのニュースを取り上げ、大騒ぎしていましたね。




もちろん法を犯す事は以ての外だという事を前提にしての話ですが、

ピエール瀧氏の今回の違法薬物使用事件に関して言えば、

事件そのもので被害に被った人(所謂被害者)が出ていない。

(事件発覚後に起こった中止騒動で大変な目にあった方々が被害者とも言えますが、

これは二次被害なので、それは除外して考えます)


いくら有名税だとしても、
その後の本人の人生を変えてしまうような無責任な騒ぎ方はどうなのか?と僕は感じました。


例えば、レイプ事件を起こした元TBSワシントン報道局支局長や、
今年池袋で起こった元官僚の高齢者運転ミスによる母娘殺人事故などは、
権力者の側近という事で罪を免れているのではないだろうか?
こちらの事件では明らかに被害者が出ているというのに…。

こんな忖度が平然と行われているような現状に憤りを感じてしまうのは僕だけではないはず。


このご時勢に敢えて電気グルーヴの曲を流し、
応援を宣言する達郎さんの行動にとても共感しました。

作品には罪がないと言いながら、
自分達にかかってくる火の粉を払う事が第一というのも分からないでもないけれど、
マスコミを含め、みんなちょっと騒ぐポイントがずれているんじゃないのか?
最近そんな事をよく思います。




最後まで読んで頂きありがとうございます。

広島ブログランキングに参加しています。

下のバナーを一日一回クリックして頂くと励みになります。

よろしくお願いいたします。


広島ブログ

フランクスオーナーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ