早くも夏の計画 | 海外と語学と私の歩む道

海外と語学と私の歩む道

約6年過ごしたフランスを離れ、東京に来ました。

仏人夫、2011年生まれの息子、2013年生まれの娘と4人家族です。

育児と家庭を大事にしながらも、一人の人間としての「私」の人生も充実させていく。それをモットーに歩んでいます。


テーマ:

多くの国際結婚家族が

おそらく似たような感じでは?

と思いますが、

 

我が家でも、冬の終わり頃からずっと、

 

「今年の夏の帰省はどうする~?」

 

という話し合いが、

湧いては消え、

消えては湧き、、、の調子で、

断続的に続いていました。

 

 

 

1、チケットを品定めする

2、会社とスケジュール調整、

3、時期を確定させる

4、購入してファイナルアンサー

 

そのステップのひとつひとつが、

まぁ正直面倒で(笑)。

 

 

やっぱり、

家族で長期で(3週間)海外、

となると出費もそれなりなので、

軽いノリで決めるわけにもいきません。

 

 

 

それだけに、どうしても、

面倒な気持ちが出て来るのですよね~。

 

 

 

でも!

 

 

いざ決まってしまえば、

また今度は楽しみになってきます。

 

 

 

我が家もやっと帰省の日程が決まり、

一件落着です。

 

 

 

懸念していた私の仕事も、

(まだ一年も経っていないのに、

長期で休んで大丈夫?と思って、、、)

社長に相談したら、あっさりOKで、

ここぞとばかりに、

持つべきものはフランス人ボス(笑)

と思ってしまいました(*^^*)。

 

 

 

同僚のメンバーも、それぞれ

2-3週間の夏の予定を計画しているので、

私だけ特別に無理を頼んでいる

わけではない、という意味で、

気持ちもラクです。

 

(昔々、長期休暇を取る人がいない

日系の会社に勤めていた頃は、

休暇に行く前も、行ってきてからも、

罪悪感いっぱいで苦しかったです><)

 

 

 

フランスではほとんど

「実家でのんびり~」なプランで

過ごすことになると思うので、

合間合間に仕事をするつもりでいますが、

(私自身、ほどよく仕事をしているほうが

楽しい、というのもあって^^)

 

とにもかくにも、

私的な部分&仕事の部分の

調整をしつつ、

安心して夏に向かっていける

態勢になったので、ホッとしています。

 

 

 

快くお休みにOK出してくれた事への

感謝もあって、益々仕事に精が出る

今日この頃です。

 

 

 

また週末には仏語のレッスンも

一コマ開催し、

「教える仕事、やっぱり好きだなぁ~」

という気持ちも再確認しつつ、

 

 

夫と二人、

 

「最終的に人生でやりたい事って、

なんだろう?」というテーマで

色々語り合ってみたり、、、

 

 

何かと未来に想いを馳せた時間を

過ごしました。

 

 

 

今はやっぱり、

二人の子供たちとの時間が

ひたすら愛おしくて

「子供たちとの時間がたっぷりとれる」

という事が、

何かをする上での必須の条件に

なっていますが、

 

その向こうの未来に関しても、

描くところから、

どんどん進めていくと楽しいな~♪

と実感します。

 

 

 

本当の意味で<大切な事>に

しっかりと、

全力のエネルギーを

向けていけるように、

 

やるべきことを取捨選択する。

 

 

それが、

<望む未来>へつないで行くための

大事なテーマだなぁ、、、と思います。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

ムツミさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります