フランスに住んでもうすぐ10年。   

 

私はフランス人旦那と

 

6歳3歳の息子がいる。

 

 

今日もいい天気だったが

外出禁止令が出ているため

アテスタシオンドゥデプラスモンデロガトワー

という紙と

身分証明書を携帯して夕方に

家族で町内一周だけをしに行った。

 

 

 

 

近所のスーパーの前を通ったら

駐車場がガラッガラで

閉まってんのか?と思た。

 

ジロジロと入口を見たら

新しそうな貼り紙が

ガラスにベタベタと貼られ開いていた。

 


息子たちは旦那と、

私は肉か魚でも買おうと思い

「営業時間変更のお知らせ」

と書かれた貼り紙と一緒に開いた

自動ドアをひとりで入った。

 


レジの人は2人しかいなかったが

1人が、

「除菌」と書かれたウェットティッシュで

買い物用カゴを一つ一つ拭いていた。

 


多分、

今まで一度も拭いた事がないであろう

このフランスのスーパーの備品が

除菌されていくのが気持ち良くて

無香料からかけ離れた

その臭いを肺まで吸い込んだ。

 

フランスの除菌が

日本の最低レベルに近づいていく・・

 

スーパーが洗われていく・・


気持ちええな・・

 

しかし

今まで

一度もした事がない仕事をしている

フランス人を見て複雑な気持ちになった。

 

フランス人が

今まで除菌なしで生きて来たのは

その菌に勝てる菌類を赤ちゃんの時から

培養し保有しているからである。

 

日本人が

これらの菌に侵された時

数年前の私のように

2ヶ月間も咳が止まらず

何の病気でもないと診断されるのである。

 

しかしフランス人が

これだけ除菌させられると

アルコール慣れをしていないために

手が荒れて湿疹が出たりする。


夜も眠れず

近所のパパ友の様に

薬局に特別なクリームを

買いに行くハメになるのである。

 

そう、

マサイ族にはマサイ族の菌があるのに

コロナ感染予防に現代人が

アルコールなどを持ち込み

生態系を壊してしまう様なものなのである。

 

 

そんな事を考えている間に

肉売り場に着いてしまった。

 

残った肉を食べてるに違いない

肉の塊の様なおっちゃんが

売場の肉全部に割引シールを

片っ端から貼っているところであった。

 

22日までのは半額で

23日までのは3割引。

 

これは安い!

 

 

 

 

 

 

私は喜んで両方買った。

 

今日食べたら

昨日か一昨日に買うて

冷蔵庫入れてたんと一緒やで!

 


ああ

なるほど・・・。

 

先週、

皆が買い溜めし、スーパーが空になった。

その後、

外出禁止令が施行されて

商品は補充されたものの

客足は一気に途絶え売れ残った。

と考えられるのである。

 

早速、ありがたくいただいた。

 

不幸中の幸いならぬ

この肉との出会いに浸る間、なし!


旦那の兄ちゃん夫婦から

ワッツアップに(LINEみたいなやつ)

ビデオ電話がかかって来た。


 

写真でしか見た事がなかった

新婚ホヤホヤの義姉は

兄ちゃんより一回りも若い。

 

40歳を目前に

全く浮いた話がなかった兄ちゃんが

惚れ込んだ女は

ロン毛のまあまあの美人であった。

 


兄ちゃんは今アフリカにいる。

 


私は初めての挨拶で呼ばれて挨拶した。

 


偽物の様な大きさの

ダイアの婚約指輪が

兄ちゃんの肩に軽く触れている左手に

ギラギラと光っていた。

 

旦那

「婚約指輪??」

 


彼女はクスッと笑って

芸能人の結婚会見の様に

私たちにチラ見せてくれた。

 

「婚約指輪も結婚指輪もステ・・(キ)

 

旦那

「ジルコニアか?!」


兄ちゃん

「そうそう。 笑」

 


義姉はずかしそうに

2人のやり取りを微笑んで見ていた。


 

旦那

「うちなんか

本物のジルコニアやで!なあ!

 

「何でもホンモノや。」

「しかし兄ちゃん!やるやんか!!

 どこで渡した??」

 

兄ちゃん

カフェ・・やったな。」


 

義姉

微笑んで兄ちゃんの目を見たまま頷く。



 

旦那

かふぇ?!

 僕らはケバブやったな!」笑

    飲みもんはコーラやで!」笑笑

 

「で、一緒に住んだ夏、

アパルトマン備付の冷蔵庫

日でれてな 笑」

 

旦那

「そうそう!!

やっすい冷凍の鶏肉を

電源が入ってない冷蔵庫で解凍して

すぐ腐るから毎日がやったな!!

その後、

しばらく鳥が食べれんくらい

きたな!!

飛べない鳥 に似てないか笑

あれはキツかったな〜!!」笑

 

てないわな。」

 

旦那

「新卒の給料なんか地獄!」

 



義姉は

兄ちゃんの肩に顔を埋めて笑っていた。

 

 

 

 

私は思た。

 

 

 

この義姉。

何も喋らんとさっきから

べたべたべったべたしよってぶりっ子か?!

 

 

 

スイスの叔父の嫁なんか

私らと息ピッタリの上

毒舌でエリートの旦那を叩きのめして

うちの旦那も叩きのめす!

ママも見てたよ!?

「はいはい証人目撃者!!??

かってる!!

じてるから!!

話しは全員・・!!」

無敵である。

(過去記事ありのままの自分。

でスイス嫁は出ている。)

 

 



何や知らんけどしかしシラける嫁やで・・。

 

さっきからこっちは話し降ってんのに

 

肩にべたべたして背後か??

 

か言うたらええんとちゃう??

 


 

猫被ってんのも今だけやで!



 

兄ちゃんされてないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

私は・・

 

 

 

ましかったのだ。。

 

 

指輪もまあまあやけど

私なら、指輪はほんまにいらん


黄色いのマークのがええ。

いやそれやなしに



新婚のラブラブやわ。。。



「好き。」

 

って目がハートになってつ

ホルモンが出まくっている様な

彼女の

羨ましかった・・。

 

 

 

20代前半

私の恋愛は絶頂だった。

 

年上の彼氏と毎日会って電話して

イチャイチャした。

 

何であんなに好きやったんか?

と思う程、男前でもないのに

なんぼ一緒におっても

もっともっと一緒におりたい!

あれもこれも一緒にしたい!

なんて思た時期があった。



高速道路のサービスエリアで買った

ペアのキーホルダーも

クリスマスプレゼントも

おんなじぐらい嬉しい時があった!



ガラケーの待ち受けを

どれにしよか迷うほど

写真撮りまくった。

 


その彼氏と今さら

よりを戻したいとかやない。


 その時の自分に戻りたいでもない。

 

戻ったら

ケンカもして

会いたいけど会えん時の辛い思いとか

またせなあかんやんか!

別れもな。

 


今やったら

旦那と結婚してるから

会いたくなくても喧嘩しても

毎日会えるで!!

 

でもちゃうねんな〜!!


それやないねん!!

 


デートの前にシャワーして

いい匂いのシャンプーにして化粧して!

服迷ってアアア〜!!迎えに来た!!

はよ!はよ!!

ぺありんぐ確認して

家の鍵持って

トキメキのかたまりみたいな

あの時自分やねん!

 


せや!

自分も

その羨ましい義姉になったったらええねん!



 

背後か?!

 

ちゃう!!

 


真似したらええねん!!


 

義姉は


咲いてたで!

 

 

 

 

イラン!!

 

 

 

 

 

とりあえず明日シャワーや!!

 

外出禁止やのに家でスカートか

 

ワンピースたらええねん!

 

化粧はいめのナチュラルメイクや!!

 

せや・・・

 

なりたい自分に

 

なったらええ!!

 

 

 

 

 

 

 

世界中から、24時間中

 

ブログを見てくれてありがとう!

 

フォロワーが

 

1000人を超えました!

 

ゼロから始めた私にとって

 

とても嬉しく

 

とても特別なことです。

 

フォローしてくれてありがとう!

 

たくさんのいいね!メッセージ

 

そしてリブログ

 

優しい率直なコメントを

 

本当にありがとうございます!

 

これからも

 

どうぞよろしくお願いします!