フランス人の家庭料理はダイナミック?!真顔

 

どこの家に呼ばれても、カスロール(お鍋)ごとでてくる

ダイナミックな食卓。

 

人参、じゃがいも、玉ねぎと鶏肉。

鳥が丸々一羽食べれるのはありがたい。おすましペガサス

 

 

こちらは羊肉のタジン。プルーン入りで甘口。

 

 

 

 

フロマージュに限っては、袋からそのままでてきたり。クラッカー

 

気楽に人を招待するフランス人。呼ばれるほうも気楽。虹

 

小さなお皿が何枚も出てくる必要がない料理ゆえ

マダムもはじめから最後までしっかり食卓を楽しみます。

 

結構ムッシュのほうが、こまめにサービス係を

(肉の焼き加減をみたり、ワインを注いだり、デザートのプレートを持ってきたり、)

ムッシュも、おもてなし上手。

 

国民性の違いもあると思いますが

やはり週35時間労働基盤は、生活に時間のゆとりを与えるはずです。

 

家庭での時間、フランス人のなかでかなり優先事項です。

 

フランス人の家庭からは学ぶことがいっぱいはてなマーク!?

 

A bientot !!

 

 

~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎

”現地発南フランス観光ホームステイ
&大人の南フランス”美しい村”オリジナルプライベートツアー♫”
サンシルラポピーや世界遺産&フレンチバスク地方・フレンチカタロニア地方
ディープなフランスの旅を生活するように観光しましょう~!
■ホームページ https://www.france-paradis.com
■フェイスブック https://www.facebook.com/franceparadiss/
■地球の歩き方フランス特派員ブログ
https://tokuhain.arukikata.co.jp/toulouse/