日本でもブレイクをしている感ありの、ガレット・デ・ロワ

 

 

フランスでは原則的には1月6日(カトリック宗教の祝日、公現祭)に食べる習慣のあったこの焼き菓子、

いまでは12月から1月の終わりまで

パン屋さん Boulangerie、お菓子屋さんPatisserie で毎日でも購入できるようになりました。

 

特にフランス南部ではブリオッシュ・デ・ロワという、名前どうり、ブリオッシュがベースのお菓子が

 

ガレット・デ・ロワよりも人気があるようです。

 

 

左側 ブリオッシュ・デ・ロワ

右側 ガレット・デ・ロワ

 

 

 

こちらのパティスリーでも、1月中、「特別展示場」を設け、

ブリオッシュデロワが陳列しています。

これが「飛ぶように」売れるのです。

 

 

 

ところで、どちらのお菓子もフランスでの楽しみかたは、

その中に隠されている”フェーブ”と呼ばれる陶器で作られた小さなアイテムに出会う事! 

これを当てた人には幸福がもたらされる!

 

 

 

 

「フェーブ」の種類はヨガのポーズの数ほどある?!

 

フランスではお菓子の中に隠されるフェーブが、

日本では危険防止?のために別添えしていると耳にしました。

 

これはフランス人が理解に苦しむかと思います。真顔

なにしろ、大人になってもフェーブを当てたマダム、ムッシュは満面の笑顔で

それはそれは嬉しそうに、

 

「今日は私が王女さまよ(^_−)−☆」とかいって

 

冠をかぶって誇らしげにポーズまでとったりするからです。

 

 

Bon dimanche!まじかるクラウン

 

~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎

”現地発南フランス観光ホームステイ
&大人の南フランス”美しい村”オリジナルプライベートツアー♫”
サンシルラポピーや世界遺産&フレンチバスク地方・フレンチカタロニア地方
ディープなフランスの旅を生活するように観光しましょう~!
■ホームページ https://www.france-paradis.com
■フェイスブック https://www.facebook.com/franceparadiss/
■地球の歩き方フランス特派員ブログ
https://tokuhain.arukikata.co.jp/toulouse/