88歳フランス人ムッシュの

メゾンカンパーニュ(田舎の別荘)

おじいちゃん

 

"Repas du dimanche" 

 

   くまクッキーうさぎクッキーねこクッキー

 

3日前から ”今週の日曜日はチーズフォンデュ。” 宣言。

 

”フォンデュ??

 

”それって冬に食べるものよね〜雪だるま???!?

 

酔っ払い

 

元大学病院の理事長、きっと何か理屈的難しい根拠があってのことでしょう。

 

まだまだ気温の高い南フランス9月初旬の日曜日の昼間 アセアセアセアセ

 

来年の1月には89歳になるおじいちゃん。

 

料理へのこだわりはまだまだ続きます。

 

 

数学的に?用意されたほどよい分量のチーズの内訳は

30ヶ月熟成のコンテが3分の2、(30ヶ月熟成って、フランスでもお店でみることはほとんどないはずです。)

若いカンタルチーズが3分の2。

フォンデュ専用の可愛いココットに用意されたフォンデュの基本材料。

 

なんでも、かき混ぜたら、チーズがダマになるので

鍋のなかをヘラでゆっくり”たて”、”よこ”に動かします。グッ

 

 

テーブル中央は、フォンヂュココットを置く、台。

 

いままで、寒い冬、暖炉のある部屋で背中をまるめて食べるのが

フォンヂュだと思っていました。。。。

今日はあちぃぃぃ。雷ハッムカムカ炎

テラスで食べるフォンヂュ。。。。

 

 

 

 

 

 

実は初めて食べたフォンヂュ。

食べ方さえもしりませんでした。もやもや

 

 

暖かいチーズは今日の今日まで興味がなかった。

 

しかし、”美味しい!!!!キラキラ星流れ星

 

半端でないチーズのとろみと濃厚さ。

 

さすが、30ヶ月熟成コンテ。

 

おじいちゃん、凄すぎます 👏👏👏👏👏👏👏👏

 

そして、もっとすごいのは、

 

フォンヂュ、ワイン、パン、生ハム ブランデー

 

この後に、続く 

 

デザート。

 

 

これも全部、ムッシュが用意してくれました。

デザートプレートがあまりにも素敵です。キラキラ星流れ星

 

2年前に亡くなった、いまでも愛してやまない

マダムと50年前に一緒に買ったんだとか。。。。

今日のサンデーランチも会話の内容はほとんどマダムの話でした。

元気に食べて元気に飲んで、何よりもしゃべりまくる、(本当に;;;アセアセアセアセ

88歳フランス人おじいちゃん!

 

脱帽です。👏👏

 

 

”へぇぇ〜”ふぅっ〜”

しょっちゅう聞かされる、

おじいちゃんのマダムの思い出話を聞き(ながしながら爆  笑

私の選んだデザート。

 

しかし、見た通りの”なんの芸ものない”ものを選んでしまいました。ガーン

周りはスペキュロス、中は生クリーム。

生クリームをほじってもほじっても、

他にはなにもでてきません。

甘いっっっ。ガーンガーン

 

チーズフォンヂュの後のプール姿というのもなんだかミスマッチ。

 

おじいちゃん、本当にごちそうさまでした!

 

今度は何を作ってくれるのでしょう〜キラキラキラキラキラキラ

 

長生きしてね音符

 

 

 

~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎

”現地発南フランス観光ホームステイ
&大人の南フランス”美しい村”オリジナルプライベートツアー♫”
サンシルラポピーや世界遺産&フレンチバスク地方・フレンチカタロニア地方
ディープなフランスの旅を生活するように観光しましょう~!
■ホームページ https://www.france-paradis.com
■フェイスブック https://www.facebook.com/franceparadiss/
■地球の歩き方フランス特派員ブログ
https://tokuhain.arukikata.co.jp/toulouse/