”4、5日、自転車の旅でもしようぜっ!”

 

"Oui! On y va! " グラサン

 

”ツールド フランス”の国。🚴‍♂️⛰

 

フランスの自転車旅行環境はバッチり! (^_−)−☆

 

 

 

フランス中央Limoges リモージュ近くまで、

Toulouseトゥールーズから自転車と一緒に電車に乗り込みます。

 

リモージュ近くで電車を降りた後。。。

 

リモージュ近郊からFigeacフィジャック駅まで

約250キロの自転車の旅。 猶予は4日。爆  笑

 

いかに所持品を軽く、MUSTだけ搭載。

 

テント、寝袋、ほんのすこしの着替え、、ナイフ、ちょっと食料。。。。

 

”化粧品だの、シャンプーだの、おしゃれなバッグだの、”

 

一切合切、あきらめます。かに座

 

あきらめないと自転車が重たくなり、あとで苦しむことは必須。

 

断捨離旅ともいえますか。 真顔

 

え〜い。ここまできたら覚悟の旅! 

 

人生は覚悟の連続ー。トランプハートトランプダイヤトランプクローバー

 

 

フランス国土は小さな村と村を結ぶ、僻地路線、小道がたくさん網羅しています。

 

快適な自転車の旅のポイントは幹線道路、県道など大きな道をいかに避けるか。

 

 

 

フランスの本屋さんには、道路マップも地方、地方それは詳細にたくさんの種類があります。

 

”山歩き用”や

 

”自転車用”の地図も、豊富。

 

 

 

 

 

ペダルを踏んでも踏んでも、四方八方

 

羊、牛、森、丘しか見えてこない壮大な国土

 

 

 

 

 

 

 

平らな道はわずかで、谷超え、丘超え。

 

その達成感は

 

ある意味、超快感。(わかっています、みんながみんなそんな快感を求めてないとっ ニヒヒ

 

 

車の旅だと、駐車場が難しく拝むことの難しい絶景も

自転車だと”どこでも駐輪”、

自転車の旅の魅力のひとつ。キラキラ

 

フランス、ドルドーニュ地方にはお城もたくさん点在します。

 

 

 

 

テント生活、必須の川風呂。ゲラゲラ

 

‘おー!超綺麗な水、今夜は”滝風呂”だい!”

冷水の滝の下に立ち、自然シャワー〜。乙女のトキメキ目

 

 

 

 

今日は80キロ走行済み。もう、うんざり。笑い泣き

ここらで、テントっ。

なにしろ、広大な国フランス、テントを張る場所には困りません。

(キャンピング場は苦手 ニヤリ

 

こんな生活を5日もした後

普通の家の

普通のベッドに戻ったときの感謝はとても感慨深いものです。

 

”自転車の旅”おすすめです。グラサン

 

A bientot!

 

 

~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎

”現地発南フランス観光ホームステイ
&大人の南フランス”美しい村”オリジナルプライベートツアー♫”
サンシルラポピーや世界遺産&フレンチバスク地方・フレンチカタロニア地方
ディープなフランスの旅を生活するように観光しましょう~!
■ホームページ https://www.france-paradis.com
■フェイスブック https://www.facebook.com/franceparadiss/
■地球の歩き方フランス特派員ブログ
https://tokuhain.arukikata.co.jp/toulouse/