フレンチカタロニア地方にはまっています。

 

はまったらまっしぐら、誰も私を止めることはできません。馬馬

 

 

Blue ciel 青空じゃないのが、ちょっと残念。タラー

 

 

日本のガイドブックにほとんどでてこなく、

まだほとんどヨーロッパ以外からの観光者には手つかず状態。

 

場所の説明が必要ですね〜。ルンルン

 

簡単にまとめさせていただくと、、、

 

いずれにしてもフランス地中海 虹

 

フランス地中海といえば、ほとんどの人がまず思いつくのが

フランス・コートダジュール。

行ったことがない人も、行く予定がない人も聞いただけでイメージができる

有名な場所。ニコニコ

こちらは、イタリア国境側のフランス。

 

そして、フレンチカタロニア。。。

フランス・スペインファン中級者以上の貴方ならご存知でしょう〜ラブラブイエローハート

 

フレンチカタロニア地方 地中海

別名 コート・ヴェルメイユ 緋色海岸

スペイン国境側のフランス。やしの木ひまわり赤ワイン宇宙人

 

フランスもスペインも一度に楽しめる”アートファン”にも”自然派”にも

”ビーチファン”、”美食ファン”。おすすめです。グラサン

 

今日はこのフランスとスペインの国境の村でのランチ情報をシェアしたい!

 

フランス地中海コート・ヴェルメイユ代表選手

コリウールから車で50分、スペイン国境に入って最初の村

 

Port  bou ポートブー。

 

国境の村ぁぁぁぁ?!

よくありがちな、寂れた漁村で別にどうでもよいっ、

これまで何ども素通りしていた

アフォーな私。

 

美味しいパエリアがまさかこんなところで破格の料金目で食べれるとは

 

人でも街でもなんでも、 みかけに騙されてはいけないと、修行中。真顔

 

 

 

 

 

*こういうコテコテのスペインデコ大好きです。

だって、昨今フランスの地方都市のアメリカ化が激しく、

古き良き時代が崩れはじめている気がします。

最近の若いフランス人はハンバーガーが好きっっショボーン

 

 

 

 

 

 

*じゃじゃ〜〜ん♫

たった一枚のパエリアの写真が、いけてない。。。ニヤニヤ

お味は3つ星!おいしかったんですって〜。

それよりなにより、サーヴィスの女性のクラシックなユニフォーム。

これもスペイン気質。

 

おっと、パエリアの前に、前菜、カラマリ。こちらはまだ写真がいけてますでしょうかっ?

イカの新鮮さに泣きました。笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

*お腹パンパンでも、デザートの胃袋は別。。

しかもスペイン入りして、クレマカタラーナ(スペインバージョン クリームブリュレ)を食べずにフランスには帰れません。

で、美味しかった  手作りです。

多くのレストランでこの手のデザート冷凍を買って出しているので、すぐにわかります。

お客をなめたらいきませんっ。ムキー

 

さて、ここまでの料金、ビールを除いてランチメニューで13ユーロ。。。。!!!

この次の日、フランスに帰って28ユーロのレストランメニューを食べた時

納得がいきませんでした。ガーン

 

こてこてのクラシックデコがレストランの歴史を感じさせます。

 

 

もっともっと知って欲しい、フランススペイン国境フレンチカタロニア地方そのうち

 ”体験ツアー”を募りたいと思っています。グラサン

 

Bonne journee ニコニコ

 

~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎

”南フランス観光ホームステイ
&大人の南フランス”美しい村”オリジナルプライベートツアー♫”
■ホームページ www.allerbiofrance.com
■フェイスブック https://www.facebook.com/franceparadiss/
■地球の歩き方フランス特派員ブログ
https://tokuhain.arukikata.co.jp/toulouse/