フランスから日本に帰省してほぼ2週間。。。

 

この2週間すでに通った先は

 

”眼科” め”耳鼻科” 👂”整形外科” 🦵

 

( ;∀;)

 

こんなことは過去ほぼ25年の海外生活でもはじめてです。

 

50歳らしい行動😅。

 

その中でも、

 

本日は”眼科の”お話です。🤓

 

そもそも、帰省して翌日に行ったのが

 

メガネを新調するために視力検査の眼科。

 

今年の6月、ニース のサレヤ広場でゲットした(20ユーロ)

 

アンティークフレームに”度入りレンズをいれてもらいたいっ。女の子

 

*サレヤ広場、月曜日のアンティークマルシェおすすめです。掘り出し物がわんさか。

 

 

 

 

なんで、フランスの眼科にいかないんですかぁぁぁ?⁉️えーしかも

 

フランスではメガネも国民健康保険でほぼ無料と聞きたことがありますが、、”

 

”するどいっっっ! びっくり

 

”はい。。。。無料でも、処方箋がいい加減で、目にあわず、頭が痛くなるんです。。。”ドクロ

 

”なんとっ。。。ガーン

 

確かにフランスではフレームさえ、つべこべいわなければ

 

メガネも無料で作れます。

 

シャネルとかグッチトムフォードとかイタリア製とか

 

最新のフレームにこだわるタイプ、

 

ごたごた言い始めたら、(←わたし。。ブー

 

差額を払います。。。💴💰

 

まっ、フレームの趣味はさておき、

 

もっとも大切なのは”度”。”どう”でしょう〜。グラサン

 

”処方箋” Ordonannance オードナンスの話です。

 

年齢からして、視力調整が微妙なお年頃。口笛

 

もともと近視に遠視が混ざり、老眼も十分進行してきて、

 

しかも微妙なお年頃で本人はたくさん眼科医に相談したいことがあります。

 

しかしフランスの眼科、”患者の話しにくいちょっとデリケートな相談”

 

一切門前払い。バツレッドバツブルー禁止

 

患者みずから、ちょっとドキドキしながら、、、ドキドキ

 

”あの〜〜ぉぉぉぉー照れ

 

ここだけの話ですが、、、そろそろ老眼なんてことになっていて、それで

 

ちょっとメガネの処方が微妙だと、、、”

 

相談しようとしたらっデレデレ

 

 

”だからっ?” ムキー的な態度で

 

”視力検査&診察”が3分で終了

 

時間もない!興味もない!もしかして、能力も。。。。(NG

 

 

本当です。ブーびっくり

 

 

しかも、この日のためにほぼ4ヶ月待たされて。。。えーん

 

フランスの眼科医不足は深刻です。ポーン

 

眼科には受付とか、看護師とか一切なし!

 

眼科医が一人で全部対応。

 

ザ・フランス式です。

 

たしかに、こんな環境&診察でできた処方箋でまともなメガネができるわけがないっ。

 

馬馬馬馬

 

日本に帰ってきて、翌日、時差ボケのまま

いきなり入ってきた8時半の日本の眼科の光景。

 

🗻ラブラブお祝いルンルンピンク音符👵👴

 

受付の方が(2、3人いたでしょうか。)

 

”本日はこれより、2、3時間お待ちいただくことになります。”

 

えっ‼️ (時差ボケが治るほど逆カルチャーショックあせる

 

そういえば、待合室には50人はいたでしょうか。。。。(もちろん👴👵がいっぱいっっっドクロ

 

そんな病院環境の違いはさておき

 

やはり感動する日本の”きめ細かい”対応

 

日本式診察。恋の矢

 

それは、それは、フランスとは”雲泥の差”。

 

雲←日本 泥←フランス

 

”老眼”という言葉を意識的に使わないようにしているのか

 

丁寧な対応、言葉、視力検査&診察40分はかかったはずです。

 

 

そして出来上がりのメガネラブ

 

*一目惚れ。80年代をおもわせる、レトロ系です。グラサン

 

頭痛から解放ー音譜

8時半に眼科に行き、10時半には処方箋ができ

11時にメガネが出来上がりました!

 

やっぱり日本式サーヴィス 

 

Manifique!!! マ・二・フィー・クラブラブ恋の矢ハートブレイク